ぶんぶんのへそ曲がり音楽日記

オペラ、管弦楽中心のクラシック音楽の音楽会鑑賞記、少々のレビューが中心です。その他クラシック音楽のCD,DVD映像、テレビ映像などについても触れます。 長年の趣味のオーディオにも文中に触れることになります。その他映画や本についても感想記を掲載します。

カテゴリ: > ノンフィクション

5106YIlKtsL._SX317_BO1,204,203,200_

今年の前半はコロナでライブ音楽はほぼ全滅となった。最近になってクラシックコンサートなどいろいろ工夫をしながら復活しつつあるが、主催者側も聴き手もおそるおそるという印象だ。ブラボーもなく、終演後も時差退場ということで、ぼーっと座席で待っていなくてはならない間抜けな姿。私語もするなと云うアナウンスも流れ、ひそひそ。もっともへっちゃらな人もいるが!

 本書はそういう環境の中でライブ音楽はどう生きて行くのかを述べている。一部は大学の講義の内容をもとにしているそうだ。ライブ音楽なのでクラシックだけではなく、ポップスやジャズなどにも言及しているが、主にクラシック音楽を扱っている。
 コロナのあとに第九が歌えるかという衝撃的な副題がついている。これはコロナの未曾有な災禍の後にベートーヴェン的な「苦悩の後の凱歌、勝利」といった数式の音楽が受け入れられるかということと、物理的に人が相集いて歌いあえるかという問いであろう。著者は素直にシラーの歌詞でこの曲を歌うのは難しかろうといっており、ではベートーヴェン的な終わり方でない音楽とはどういうものか、そしてその後に続く音楽はどういうものがあるのか?について述べている。誠に時宜を得た問題提起だと思う。

 しかし、本書の立場は音楽を業としている人々にとっての危機であって、聴き手にとっては果たして危機かどうかは、あまり気にしていないように感じられた。そしてクラシックに限って言えば、ライブのほうが「録楽」(録音された再生音楽のことらしい)よりも優れているという。私には再生音楽を蔑視しているように感じられたがどうだろうか?
 そういう切り口からすると私のようなクラシック音楽の愛好家は、こと音楽に関していうと、それほどおおごとには感じていない。それ程と云うのはいくつかの理由があるのだが!
 ひとつは、今年はほぼオペラやオーケストラの定期演奏会はほぼ全部キャンセル(前半)になってしまったが、とにかくキャンセルして払い戻しする手間が大変で往生したことだ。各団体が皆異なる方式で手続きをするのでまあ煩雑でした。 
 もう一つはオペラが見られない/聴けないのはやはりつらい。オペラは総合芸術であり、どんなへなちょこ演出でも、CDで聴くより、くやしいけど良いのである。オペラがコロナで崩壊する様は矢張りおおごとと云わざるを得ないだろう。ここへきて新国立や二期会などでおそるおそる公演が再開されたので胸をなでおろしているところだ。
 オーケストラコンサートについては実はライブに行っても行かなくても私はあまり問題ない。というのは筆者と異なって、私はライブと録楽(私はレコード芸樹と呼びたい)は異なるものだけれど上下関係はなく、同列のものと考えているからである。
 だから定期がなくなっても家でCDを聴いていればことたれる。じゃあ、なぜ聴きに行っているのか?それはいくら工夫をしても、今の私の部屋では、これ以上良い音がでないからだ。やはり、ライブの音はどんなへなちょこの楽団だろうと、演奏だろうとよいものだと思うからだ。だから時々ライブを聴いて耳をイコライズして自分の部屋の装置で聴くと、それほどライブの演奏にこだわる必要を感じなくなる。
 それにライブは隣席のノイズや私語、首振り人間など煩わしいことが多い。もちろん自分自身もノイズの発生源になっているわけで、家にいるように鼻くそをほじくりながらやせんべいをかじりながら音楽を聴くわけにはいかない。もっとも筆者はそういうライブならではのノイズこそなつかしいといっている。

 結局最近(12月)の情勢を見ていると、年末には相変わらず第九の演奏会が続く(例年より多いのではないか)ので第九が歌えなくなった日というのは一過性なのだろうと思われる。そしてワクチンができ、抗体ができれば、やがてコロナ禍は過去のおぞましい事件と云う記憶は残るが、音楽の世界はまた元に戻るのではないだろうか?
 著者の云うようにベートーヴェン的世界のかわりに新しい音楽が取って代わることはないだろう。それよりむしろ今の日本のクラシック音楽の危機は聴衆の高齢化ではないだろうか?特にオペラの公演の高齢化ははなはだしい。先日の二期会のメリーウイドーなどまわりはじじばばばかり。これこそ避けられない危機ではあるまいか?


31a9J6aDz2L._SX308_BO1,204,203,200_

中国の歴史で最も変動の激しい時代は、清から中華民国そして共産党国家までの400年近くだと思うが、この時代の姿を総括的に論じた書物と云うのは案外と見たことがない。たまたまある書評で本書の紹介があり、読み始めた次第。

 明から清への政権の移行、清末期の混乱、そして共産国家の成立まで実に要領よくまとめている。それも史実を羅列的に説明するのではなく、その時代の特に政治と経済の構造を多様化と云う切り口でまとめているのが、私には新鮮だった。欧州と東アジアどちらも多民族の大陸であったにもかかわらず、欧州はその多民族・多様化が国家となって成立し、同じような多様化にさらされた東アジアは清国によって統一されたのは いかなるわけか、わかりやすく説明している。
 漢民族の明帝国を滅ぼした異民族の清が明から清へ政権移譲をスムースにできたのはいかなる理由だろうか?それを一言で「因俗而治」説明している。つまり「俗によりて治む」ということである。もっといえば「懐に飛び込んで相手をなだめる」のである。つまり頂点には少数民族の清がたつが、実際は各民族の態勢をそのまま踏襲するという方針で、東アジアをまとめていったのである。清末ではさらに其れを進めて軍隊までも地域におろして編成させたのであった。要するに実態は2重構造国家なのである。

 ただ一つ不思議なのは細かい話だが辮髪は清の風習だと思うが、それを例えば漢民族に強制したということはなかったのか?俗に従うといってもことと次第によっては例外もあるということか?
新書版でよくここまでまとめたと思うくらいよくできた作品である。
 本書はシリーズ中国の歴史の第五巻である。私は残念ながら他の書物は読んでいない。


81-nEkEkUYL
 太平洋戦争は避けえないのかというテーマは多くの書物で描かれているが、本書はその戦争を始めた男の実像を描く。
 これは膨大の資料の裏付けで書かれており、大量の引用はむしろ煩わしいくらいであるが、いろいろな角度で東条英機という稀有なる人物を描いている。
 ドイツのヒットラーやイタリアのムッソリーニのような、ファシストで独裁者と云うのとは違うが、本人は「総帥」という役割を意識していた。それは第一次大戦を観戦した際に東条を含めた日本の多くの観戦将校たちは、これからの戦争は国民を巻き込んだ総力戦を意識しないといけないということを学んだ。東条は首相兼陸軍大臣になった時に、総帥として総力戦を指揮するという決意で臨んだという。
そのために国民を味方につける数多くのパフォーマンスを行い、それが東条像を型作ったのだという。。
 一方、東条は精神論を振りかざす陸軍の代表と云うイメージだが、実像は国民を味方につけると同時に、近代戦は物量戦であることを強く意識し、特に航空機の重要性を若いころから主張してきていて、その増産を大いに留意したという。精神論一辺倒ではなかったのだ。

 しかし天皇の信任厚く、しかも首相と陸相を兼務していてなぜこの戦争を止めえなかったのか?国民を味方にし、しかも物量戦が近代戦の肝と云うことも知っていて、なぜ米英に挑んだか?破れかぶれの大博打戦争というのでは何とも説明がつかないが、私は本書を読んでいて、キイは満州、中国への侵入と、中国との戦争の泥沼化が開戦の原因ではないかと感じた。それは泥沼化し勝っているのに蒋介石とは講和も結べない。講和を結んで賠償金也領土也の成果を得れば、中国での泥沼から抜けられるのに!そして脅しを受けているアメリカからの圧迫を避けられるかもしれない。しかし東条は国民を味方にしているがゆえに、何の成果もなく日中戦争を手じまいできないのだ。
 もし成果なくして、アメリカの脅しに屈して、中国から撤兵すれば、国民の総スカンを食うことを恐れたのだと思う。しかし思うのである、なぜ天皇と東条は本音で語り合い、戦争を食い止めようとしなかったのか?あの時点で戦争を止められたのは二人しかいなかったはずだからだ。

 それは東条の性格の根底にあるもののせいかもしれない。彼の人物評価は次のようなものだったようだ「善人で視野の狭い、根は単純で、扱いやすい人物」。開戦当時にその当時としては悪人として泥をかぶることはできなかった。
 軍人としては優秀でも、複雑な曲面の意思決定をする宰相としては不十分だった人が、国のトップになったことの悲劇。それは国にとっても東条にとっても悲劇だったに違いあるまい。本書を読んで東条英機に同情するとすると同時に、同じ清水の舞台を飛び降りるのなら、真反対側に飛び降りて欲しかったと云う思いが強く残った。
 本書は実に多くのことを示唆する、見事なノンfクションである。


shimamura-gakufu_mtg0090989
 よく、この本の表書きをみなかったのだが、これはどうも10歳から読める入門書のようだった。しかもキーになる音楽が
視聴できるQRコードつきで誠に便利な本である。小学生にも読めるように、ふりがなはていねいにつけてあって読みやすい。
一晩で読んでしまった。

 シューベルトと云う作曲家というのは、天は二物を与えずの典型的な芸術家ではないだろうか?

本書でも素晴らしい曲はつぎからつぎへと生み出されるが、お金や生活などについては全くの無頓着。実際のどうだったかはわからないが、普通だったらこういう人物は奇人として避けられるのだろうが、シューベルトの無邪気な性格は、多くの友やファンを集めたという。シューべルティアーデなどはそういうシューベルトのキャラがあってこそ生まれた集まりだったろうと思う。
 しかし出版もされず、公の演奏会でも演奏されない曲を、そういうあてのない曲をひたすら書きまくる、そういう姿は痛々しい思いでいっぱいになるが、シューベルト自身のそういう絶望感のようなものは彼の作品の一部に色濃く残っていると云えるだろう。例えば死の年に書かれたピアノソナタがあげられるだろう。死の年以外でも8つの即興曲や歌曲集「冬の旅」、弦楽5重奏曲、などもその例だろう。

 シューベルトと云うとリートや未完成交響曲がとくに有名だが、それ以外に素晴らしいのはピアノ曲であり、本書を通じてシューベルトの新しい世界が体験できればと思わせる、よくできた入門書である。


ならずもの
 読後の率直な印象はあまりおもしろくないだ!
佐野真一の「あんぽん・孫正義伝」と比較をしてしまうが、あんぽんのほうがずっとおもしろかった。

 ヤフーを作った男というタイトルには相当魅力があるはずで、事実それにつられて自分は読み始めたのだった。
 しかし物足りなさが残ったのはいくつかの理由がありそうだ。それをあげつらうのは本意ではないが、そうでもしないとこの記事は終わってしまう。

 物足りなさの理由の第一は、井上の生の声があまり(特に経営者、人間)聞こえてこないのだ。本作の大半は井上の周囲の人間、それは友人であったり、同僚であったり、上司であったりするが、その言葉で飾られている。要するに多くは間接のお話なのである。井上の肉声が少し乏しいのでないかと云う印象は否めない。
 第二はこのIT業界の一種の摩訶不思議さがどうも自分には抵抗がある。孫正義伝でもそういうことは感じた。大体立志伝物語と云うのは、痛快で面白いのが当たり前だが、それが何となく面白くないのはITの世界だからではないかと自分では思う。大体1株1億円ということは数字ではわかっても、感覚的にはマジックとしか思えない。

 第三は本書の構成だが、ぜんたいの1/4は井上のIT成金ぶりを描いている。彼のオタク的人物像を描こうとしているのだろうが、あまりにもしつこい。
 30億円の別荘や、クラシックカー、オリジナルしか集めない聴きもしないレコード、飲めない高級ワインのコレクションなどこれでもか登場する。まあ資産が1000億円もあれば使い切れないからこうなるのだろうけど、それを読んでいて、どこがおもしろいのか、途中で投げ出したくなった。
やっかみといえばやっかみだろうが、あまりにも安っぽい人生のように思えてならない。

 本書はITに関心がある人には面白いかもしれないが、そうでもない人にはさっぱりかもしれない。評価の分かれる作品だろう。

↑このページのトップヘ