ぶんぶんのへそ曲がり音楽日記

オペラ、管弦楽中心のクラシック音楽の音楽会鑑賞記、少々のレビューが中心です。その他クラシック音楽のCD,DVD映像、テレビ映像などについても触れます。 長年の趣味のオーディオにも文中に触れることになります。その他映画や本についても感想記を掲載します。

カテゴリ: 映画


71jvCKtCgLL._AC_UL320_

バブル経済の折、大阪の 北浜の天才相場師と云われた、尾上 縫をモデルにし、社会派ミステリースタイルにした小説。かなり実在の尾上を思わせる記述もあるが、創作部分がかなり多いので小説のジャンルだろう。

 面白いのは小説のスタイルである。著者と思しき人物が、コロナ禍の現在、尾上 縫を題材に作品を書こうと、尾上にまつわる人物たちをインタビューする。そういうインタビュー形式で次第に尾上の素性を明らかにしてゆく。ここで登場するインタビューを受ける人物たちの造形が面白く、尾上が主人公だろうに、わき役のような印象すら受ける。ただその造形は小説的に見て面白いのであって、リアリティと云う意味では少々物足りない。ノンフィクションにしてはその面白みが消えるので、小説にしたのは正解だろう。しかしこの尾上なる人物、小説にしてもノンフィクションにして魅力的な人物であることは間違いあるまい。
 最後でこの作品がミステリー仕立てであることがわかるという寸法。なかなか凝った作品だ。好みとしてはノンフィクションで読んでみたい。〆


71BLVxPFTML._AC_SY445_

タイトルのディア・スナイパーのディアは鹿の意、デニーロのディア・ハンターという名作とは似て非なるタイトルだ。邦題をディア・ハンター としなかったのは、主人公のリード(トム・ベレンジャー)はハンターであり最終的にはスナイパーになるからだろう。ただし原題は「BLOOD AND MONEY]である。

 リードは老齢のハンター、鹿狩りを生きがいにしている。小型のキャンピングカーに乗り、メイン州の北部の森(入林には申告がいる)に分け入り、鹿を追っている。妻とは別れ、息子とも1年以上あっていない。娘は死別している。天涯孤独で悠々自適の生活を追っていた。
 彼の狙いは牡鹿で、それを追い求めていた。ある日鹿を追跡して、狙いをつけ、撃つが、死体のそばにきてびっくり仰天。それは若い女性だったのだ。驚愕のリード。

 このリードの誤射事件とカジノ強盗事件とを結びつけた後半はリードの追跡劇となる。

 おそらく、トム・ベレンジャーの「スナイパー」シリーズに触発された作品だと思う。安易ではあるが、ベレンジャーがよたよたのハンター&スナイパーを好演しているのでまあみられたものになっている。脇役が何となく地味なので少々もったいない。もう少し予算を奮発すればさらに面白かったかもしれない。ベレンジャーのスナイパーシリーズをお好きな方は見ても損はないだろう。


41049f87edd4b85d

昔、学生のころ初めてマーケティングというものを勉強をした。そのとき、ある本か、教授の授業でか、印象に残った言葉がある。「市場では一歩進んだ製品では顧客はついてこない、半歩進んで初めて顧客が買おうとする」。
この映画の主人公ガレス・ジョーンズ氏(原題はMR.JONES)は世の中より一歩進んだ男だった。
この映画を見ていて、昔のマーケティングの授業を思い出した。

 ガレス・ジョーンズはケンブリッジを卒業した故郷のウエールズの町では優秀な男として知られた男だった。ただどうも希望の外交官にはなれなかったようだ。しかしロイド・ジョージの外交顧問になり、ヒトラーがドイツで頭角を現しだした頃に彼の自家用機でインタビューしたことで知られていた。

 しかしジョーンズのヒットラーに対する評価は外務省などでは全く相手にされず、外交顧問を解雇される。ジョーンズの考えはやがてヒトラーは独裁者となって戦争を仕掛けてくる、その時重要なのはソ連であるというところにあった。ソ連の実情はベールに隠されていて、工業化の成功、軍需産業の勃興など経済面での成果が高く評価されていて、大恐慌で疲弊していた西側諸国では注目されていた。

 しかしジョーンズはソ連の経済の成功の源資はどこにあるのか、スポンサーはあるのか、と疑問を持ち、ジャーナリストとして単身ソ連に乗り込む。そこで目にしたソ連の実情は思いもよらないものであった。

 「動物農場」で有名なオーウエルを登場させ、その物語を挿話としてはめ込んで、ジョーンズの推論を描くが、世論はソ連を敵に回すことを恐れていた。

 歴史の1ページを切り取った実話から作られた映画である。いまでこそあの時代のソ連の餓死者はおびただしいものであったことは、世の中に知られているが、その当時は全く闇の中だったのだ。人の命と大義、大国の思惑で翻弄される人又人。これはその後もいくつも歴史として繰り返される。そういう意味では、人類が登場して数々の歴史が残されているが、この作品は、その歴史を鵜呑みにしてはいけないという、縮図である。



 


e683ec5616e6c00c

重厚な絵巻物的な犯罪映画である。同じマフィア物でもハリウッド映画とイタリア映画とはずいぶん肌合いが違うものだ。要するに見る者にあまりおもねらない、真の犯罪組織の怖さを指し示す。
それは主人公の「裏切り者」の表情の変化を見ていると手に取るようにわかるのだ。150分の長尺ものだが、同じ長尺物でも、先日見たクリストファー・ノーランのちんぷんかんぷんな「TENET」より数等よくできている。イタリアアカデミー賞、カンヌ映画祭出展作品。

 主人公はトマジーノ・ブシェッタというシチリア・マフィア組織いわゆるコーザノストラの自称一兵卒だが、力はもっている。彼は麻薬組織化しているマフィアをまとめようとしたが失敗して 、ブラジルに戻る。もともとブラジルで成功し巨万の富を得ていた。しかし敵対組織からの攻撃で家族を失い、自身もブラジル政府に逮捕されてしまう。拷問にも耐えるが、このままでは家族を守れないと考え、取引に応じてイタリアに戻る。最初はかたくなブシェッタもファルコーネ判事と出会うことにより次第に自身の事を語りだす。 
 原題は「IL TRADITORE」つまり裏切り者ブシェッタのことである。彼の証言がイタリア犯罪界に大きな波紋を投げかけるだけではなく、政界にまで影響を与えたという。
 権力争いのあさましさが肉弾で感じられるが、しかしそれはこのマフィアの世界だけでなくいかなる組織でも、起きている、権力闘争と何ら変わることがなく、その縮図であることを示している。〆


main

「レミゼラブル」はカンヌ映画祭で審査員賞を受賞した作品である。あのミュージカルのレミゼラブルとは違う映画だ。フランス映画。
 現代のレミゼラブルはとは移民の少年たちだという。最後にユーゴーの言葉を借りて本作のモチーフを表明している。
 ユーゴーの「レミゼラブル」の舞台になったパリのその地区は今はアフリカ系移民たちの住む、アパートメントが林立する、スラムになっている。映像では荒廃としたアパートメントが描かれ、働くとも、学校へ行くとも、なんとも行動が不明な人々が行き交う。

 主人公はルイスと云う犯罪捜査班にシェルブールから移ってきたルイスと云う男。3人でチームを組パトロールする場面が、前半を占める。そのなかでこの地域を支配する「市長」と呼ばれる男や、イマームを自称するアリと云う男、ドローンを飛ばして隠し撮りをするバズと云う少年、盗みの常習のイッサと云う少年らが登場する。

 事件はこの地域に興行に来たロマのサーカス団から子供のライオンが盗まれたことから起きる。ロマたちはこの地域に殴り込みをかけるぞと市長を脅す、クリスと云う警察官をリーダーとするルイスら3人のチームはそれを食い止めるべく子ライオンを探索する。やがて犯人が判明する。この小さな子ライオンの窃盗と云う小さな事件が、さらにとんでもない大きな事件を引き起こす。

 移民たちのなんとも言えない閉塞感が画面を通して痛々しいくらい、感じられる。特に少年たちの絶望感は果たしてどこからきているのだろうか?しかしこの映画、フランス人らしいフランス人はルイスらの上司の本部長とクリスくらいしか、登場しない。ルイスも生粋のフランス人とは思えない。フランスのこの現状にフランス人たちは頬かむりしていると監督は云いたいのだろうか?
 空回りしているがルイスの警察官としての矜持が痛々しいが、唯一の救いだろう。
640
なお、クリスらを自警団といっている解説もあるが、映画の訳では犯罪対策班といっており、その位置づけはよくわからない。上司の事を本部長と云っているのだから警察組織だと思うのだが!今写真はその班の3人組。左がルイス、中央がクリス。〆

↑このページのトップヘ