ぶんぶんのへそ曲がり音楽日記

オペラ、管弦楽中心のクラシック音楽の音楽会鑑賞記、少々のレビューが中心です。その他クラシック音楽のCD,DVD映像、テレビ映像などについても触れます。 長年の趣味のオーディオにも文中に触れることになります。その他映画や本についても感想記を掲載します。

カテゴリ: オーケストラ(日本)

2021年4月17日(於:サントリーホール)

第689回東京交響楽団定期演奏会、原田慶太楼 正指揮者就任記念

ヴァイオリン:服部百音

ティケリ:ブルー・シェイズ
バーンスタイン:セレナード(プラトンの「饗宴」による)

ショスタコーヴィチ:交響曲第10番

IMG_20210406_0001

正指揮者就任と銘打った、原田の正指揮者としてのデビュー公演。プログラムも凝ったもので、自分の年齢や経歴、作曲家間の関連など考慮したもののようである。
 前半は自らが現在活動の主戦場にしているアメリカの作曲家による作品。後半はサンクトペテルブルグで指揮を学んだことからロシアの作曲家を選んだ。バースタインの作品の初演と同じ年に初演をされたショスタコーヴィチの作品を選定している。

 前半の最初はティエリと云う人の作品で、もともとが1996年に吹奏楽用に作曲されたものを、管弦楽用に改訂したもの。今夜の公演はこの管弦楽版である。全体にジャズやアメリカ音楽が前面に出た曲で、アメリカ人には受けるかもしれないが、私には耳の許容範囲を超えた音量。

 次のバーンスタインのセレナードは服部のヴァイオリンとの共演。1953年の初演作品である。これはずっと耳に優しいインターナショナルなサウンドである。特に緩徐楽章(4楽章)の美しさは突出している。ウエストサイドストーリーやキャンディードでも美しいメロディを書いて、多くの人に受け入れられているバーンスタインだが、ここでもその片鱗を聴きとれる。5楽章はそういった、ミュージカルの影響を受けたにぎやかな音楽で、「饗宴」の乱痴気騒ぎがあらわされる。しかしここも楽しい音楽で耳にやさしい。
 両曲とも原田のノリノリの指揮ぶりが見ものであるが、あんなに腕をぶん回す必要があるかどうか?
服部は終始緊張した面持ちで音楽に集中していた。終わった後の笑顔が印象的だった。アンコールはエルンストの魔王。しかしこれだけのボリュームのプログラムにアンコールは必要か?

 さて、今夜のメイン料理はショスタコーヴィチである。大盛り上がりの前半に続いての大曲であるが、聴き応えのある演奏だった。
 この曲はスターリンの亡くなった年に作曲され、初演されたもので、2楽章はスターリンの肖像だとか、ショスタコーヴィチの名前が音型として現れたり、マーラーの大地の歌の1楽章の引用があったりといろいろと忙しいが、そういうことを知らなくても、この音楽はもう古典(初演から70年)として、純音楽的に楽しめる曲となっている。その先鞭をつけたのはカラヤンの演奏したものだろう。1966年、1981年と両盤を愛聴盤として長年聴いてきたので、どうしても今夜の演奏はそれと比べたくなるが、それと比べても大して演奏だと感心させられた。

 ここでは、冒頭書いたような「含み」はあまり強調していないように感じた。全体には前半三楽章は陰鬱な、重々しい音楽として描かれ、最後の四楽章はそれから解放された、高揚感に満ちあふれた演奏に聴こえた。
 1楽章のノスタルジックなクラリネットの吹く、第1主題は、不気味なフルートの第2主題によって、打ち消され、音楽が大きく盛り上がっても、第2主題が主人公を主張する、対比が印象的だ。

 第2楽章は暴力的な音楽に終止する。原田の音楽の進行ぶりは、そのスピード感が圧倒的だが、カラヤンを聴いている耳には、スピード感が優先で、少し音が拡散しているように感じた。ここはスピード感と音楽の収斂を感じたい。

 第3楽章は陰鬱なホルンの吹く主題が印象的である。マーラー的に云うとこれは死の音楽になるだろうがあまりそういうようには結び付かない。

 第4楽章は緩やかな序奏が、明るさを含んでいて、前半の3楽章の持つ何となく、陰鬱なムードが次第に晴れ渡ってくるのが聞き取れる。そして最後は豪快に盛り上がる。ただここでも音楽は大きく広がるが、拡散の方向。もっと収斂してほしいが、これはオーケストラの課題だろうか?
 とは云え、現在の日本でこれだけの水準のショスタコーヴィチはそう聴けるものではないということも事実。久しぶりにこの名曲を堪能させてもらった。演奏時間は54分弱。カラヤンの1966年と81年はほぼ同じ演奏時間であるがわずかに81年が遅くなっている。それでも数十秒程度。原田はそれより2分ほど遅い。1楽章と3楽章が幾分遅いせいだろう。

 しかし、今夜はくたびれた。このところコロナもあって各楽団のプログラムは短めな公演が多いが、今夜は休憩をいれて、たっぷり2時間半だった。会場もかなりな入りで、果たして蔓延防止条例下のイベントの基準はクリアしているのだろうか、と心配になった。休憩時間のロビーも日ごろは閑散としているのに、今夜は談笑しているグループも散見され、サントリーホールだけはコロナとは無縁の空間だよと云っているように感じられた。
 飲食店には厳しい規制がかかっている割には、こういうイベントや映画館、スポーツなどはどんどん解放的になっているようになってはいまいか?
 しかし、一方ではN響のように、きちんと一つ置きの座席指定になっているところもあり、果たしてどういう基準で各団体は運営しているのか大いに疑問が残った夜だった。


20210410_185045
N響の定期の代わりの、演奏会。
4月10日(於:サントリーホール)

指揮:三ツ橋敬子
ソプラノ:森谷真理
テノール:福井 敬

モーツァルト
  歌劇「魔笛」序曲
        タミーノのアリア「なんと美しい絵姿」(1幕)
        パミーナのアリア「愛の喜びは露と消え」(2幕)

モーツァルト
  歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」 フィオルディリージとフェランドの二重唱
                    「夫の腕の中に」(2幕)
 
モーツァルト  
  歌劇「イドメネオ」 バレエ音楽「パ・スル」
            イドメネオのアリア「海の外なる胸の内の海は」
            エレットラのレチタティーヴォとアリア(3幕)
                   「ああ私の切望、怒り」~「血を分けたオレステよ」


ヴェルディ  
  歌劇「シチリアの夕べの祈り」 バレエ音楽「春}

マスネ
  歌劇「ウェルテル」オシアンの歌(2幕)




  歌劇「タイス」 鏡の歌
          タイスの瞑想曲

プッチーニ
  歌劇「蝶々夫人」1幕の愛の2重唱

オペラ界の2人の実力者による、オペラアリア集。いずれも名曲であり、オペラの公演が減っている中楽しい公演だった。N響は良心的でというより自粛指示を守っており、座席は一つ置きになっていて安心して聴ける。他の団体もまねしてほしい。定員は守っていても、席は密になっているケースがほとんどである。定期をすでに売っているので致し方ないのだが!

  さて、今日のプログラムはどれも良かったが、少し触れると、2人の経験や声からみて、プッチーニが最も素晴らしい歌唱だった。特に森谷はこの曲を自家薬籠中のものにしているかのように、終始余裕があり、若きちょうちょうさんの純粋な気持ちを歌い上げていた。
  福井は他の曲もそうだが、すべて福井の濃厚な声で歌われており、どれを聞いても福井が出てくるという塩梅だ。しかしこのピンカートンはキチンと折り目正しく歌われたピンカートンだ。たとえは悪いがバースタインの「ウエストサイドストーリー」の「トゥナイト」をホセ・カレーラスが歌った(相手はキリ・テ・カナワ)ような印象だった。おそらく新国立に出てくるイタリア人の若いピンカートンはこのようには歌えないだろう。

  二人のモーツァルトはあまりいこごちが良いとは言えない。特に「魔笛」はもう少し2役とも軽くピュアな声が欲しい。ただ「コシ・ファン・トゥッテ」の2重唱はよかった。
  イドメネオも福井はやはり少し重いが、この福井のスタイルで押し切る実力は侮れない。森谷のエレットラはもう少しパワーがないと、エレットラの深い怒りが伝わらない。

  福井のオシアンの歌は熱唱、ただすべての曲で感じたのだが、福井の声はどんどん重くなっているような気がするので、この歌には向かないように思った。

  三ツ橋の指揮は初めて聴いたが、「魔笛」の序曲から素晴らしい勢いを感じる演奏だ。音の切れが良いから、ステージから楽器の音がポンポン飛んでくる感じで、実に聴いていて気持ちの良い音だ。N響は定期ではNHKホールで聴いているが、弦の響きや金管の鋭さなど不満が多い。今夜はそういうホールの不満がなく、音楽は良く響き、それに三ツ橋のりりしい音楽つくりの相乗で素晴らしいサウンドを聴けた。

  ちょっと追記すると二人の歌手に不満があってこのブログ書いたのではなく、この二人の歌唱の水準は十分高いと思うのだが、しかし私たちは例えば「魔笛」ではカラヤン盤のマティスとアライサを聴いているので、つい比べたくなるのだ。ご容赦いただきたい。結論的にいえばとても楽しんで帰宅し、コロナの不安も忘れ、久しぶりに熟睡した。

  なお本当に些細なことだが、三ツ橋の棒はアリアが終わるとしばらく停止してしまい、拍手のタイミングが難しい。こういうリサイタルは歌手が主役だから、棒はさっと振り抜いて曲を終えるしぐさをしてもらいたいものだ。なんとなく歌手が手持ち無沙汰になるのが、聴いていて、居心地がよくない。些細なことです。〆

2021年4月6日(於:サントリーホール)

読売日本交響楽団第607回定期公演
指揮:カーチュン・ウォン
ヴァイオリン:諏訪内晶子

細川俊夫:「瞑想」ー3月11日の津波の犠牲者に捧げる
デュティユー:ヴァイオリン協奏曲(夢の樹)

マーラー:交響詩「葬礼」
マーラー:交響曲第十番からアダージョ
942079496b22a04c1fae0c892d75a63928f688ec-thumb-271xauto-6566

読響の新シーズンが始まったが、定期を振るはずのカンブルランが来日できず、上記のプログラムに大幅に変更になった。ドビュッシーの「遊戯」とヴァレーズの「アルカナ」がカットされ、マーラー2曲に変更になった。遊戯もアルカナも聴いた事はあるが正直とてもつまらない曲で、変更は大歓迎だ(失礼)
 指揮は2016年のマーラー指揮者コンクールの優勝者のカーチュン・ウオンである。マーラー指揮者コンクールは2004年からバンベルグ交響楽団が始めたそうである。それはそれとして、今夜の指揮者はマーラーが得意と云うこともあって、プログラム変更したようだ。

 今夜の中でとりわけ印象に残ったのはマーラーの十番である。この十番は未完の交響曲で1楽章のアダージョだけがきちんと残っている。しばしばこの楽章だけが単独で演奏される。クックにょる全曲版はインバルがライブ録音を残しているが、正直後半3楽章は聴いた事のない代物。
 マーラーの大地の歌を含めた10曲の交響曲のうち緩徐楽章が最も美しいのは六番と五番であり、この2つの楽章は甲乙つけがたい。しかし今夜このウオン氏の演奏を聴いて、もう一曲ライバルが加わった印象である。
 この十番のアダージョはバーンスタインでも、インバルでも、ハイティンクの演奏でも私にはとても美しい音楽とは思えなかった。マーラーの傷だらけの心の内を聴かされているようで、聴き手は精神分析のカウンセラーのような気分になってしまう。後半の再現部の後のクライマックスの悲痛な叫びは聴いていて本当につらい、そして終結部の高弦部の感情失禁のような音楽には、追い打ちをかけて辛い。

 しかし、今日のウオンの演奏は、そういう神経症の部分はほとんど感じられない。脳天気なとはいわないが、マーラーの持つ感傷性を排除して、音楽の本来持つ、美しさを強調して、聴き手はその波に溺れないように、耳をすませばよろしいのだ。終結部の感情失禁を思わせる音楽も、昇華されたような美しさを感じた。なにか上澄みを聴かされたような気にさせられる方もおられようが、私はこの曲を再発見した思いがして、実にうれしかった。これからこういう若い方が、このようなマーラーを聴かせてくれるのかと思うと、楽しみである。九番などどう演奏するだろうか?期待半分、怖さ半分だ。

 その前の「葬礼」はほとんど交響曲第二番「復活」の1楽章と同じである。編成が幾分少ないせいか、弦の部分が幾分軽いが、その分、重苦しさがない、云ってはいけないだろうが、軽快にさえ聴こえる。冒頭の低減のゴリゴリ感も音は出ているが、軽く出ている感じ、絞り出してないのが良い。そう全体に音を絞り出していないので、金管でも、木管でも、ぽんぽんと会場に音が舞う印象だ。こういう演奏も初めてだけに、マーラーの二番の既成観念とは乖離があるような気がするが、これはこれでヤングマーラーなのだろう。私はこのサウンドは実に心地よく聴いた。なおこの2作品は続けて演奏された。演奏時間は48分である。(葬礼は23分)

 前半の2つもプログラムは初めて聴いた事もあって。、まったく音楽が耳に入らない。結果沈没してしまった。細川氏も会場に来ていたのに申し訳ない。



2021年3月27日(於:サントリーホール)
指揮:井上道義
ピアノ:北村朋幹(ネルソン・ギルナーの代演)

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第四番

ショスタコーヴィチ:交響曲第六番

S3_WEB


20210327_185200

久しぶりの東響の定期公演である。客席(1階)はかなりの入りでイベントも、自粛解禁で少し緩んでいるのかもしれない。

 代演の北村はコンクールの入賞実績もある人のようだ。私は初めて聴く。
 さて、ベートーヴェンのピアノ協奏曲四番、楽団員の入場前の楽器配置を見ると、随分と人数が少ない。席に着いた人数は低弦はコントラバス2,チェロ2、また第2ヴァイオリンは4と随分と少ない。管楽器は指定通りの2管編成である。はたしてどのようなサウンドが聴けるのか?

 この協奏曲は英雄的な「三番」と「皇帝」にはさまれ、あたかも交響曲の「英雄」と「運命」に挟まれた四番の交響曲のようだ。そして今夜の演奏もそういうイメージを受けて、実にすがすがしい演奏だった。
 聴きものは3楽章の北村のピアノだろう。ここで聴くピアノは、もうベートーヴェンの枠にとらわれない、自由闊達なもの。音はひらひらとホールの中を舞い飛び、きらきらと美しいが、音楽の進め方が、あの小曽根真のモーツアルトのように、型通りにはすすまない。サーっと駆け出したり、少しためを作ったり、聴いていて、アドリブとは言わないが、初めて聴いた音楽のようだ。実に楽しい音楽を聴かせてもらった。2楽章も低減のゴリゴリいう部分が編成の少なさもあってやさしいので、北村のピアノの繊細さが生きる。ここも魅力的だ。

 1楽章はオーケストラに注目したい。冒頭のピアノのソロの後、オーケストラがたからかに主題を演奏するが、これは編成の薄さもあって、まるで古楽のようなすっきりとした音楽だ。あくがとれたスープのように、透明で実に美しい。そこはきらきらとピアノが加わるので、これは実に見事なサウンドだった。演奏時間は34分。

 ショスタコーヴィチは井上のお得意音楽らしい。今日聴いた六番は初めて聴いた曲だが、井上の指揮ぶりはそれゆえか余裕しゃくしゃくだ。まあこの人は大体こういう指揮をする。

 この曲も、ショスタコーヴィチの他の交響曲のように含みがありそうだが、今日のプログラムではあまりそれに触れてくれないのがものたりない。日ごろあまり演奏されない曲だけにもう少し丁寧に書いてもらいたいものだ。
 バーンスタインはこの曲の第六番、ロ短調と云う調性からチャイコフスキーの「悲愴」の延長だという。1楽章に緩徐楽章が来るのも珍しい。悲愴と同様深い悲しみや慟哭が感じられる楽章だが、2~3楽章の脳天気な音楽との結びつきが、この曲の意味深さを表しているようだ。初演は1939年のドイツがポーランドを侵攻したした時、しかし独ソ不可侵条約で、ソ連は侵入されていない、つかの間の平和、それが2~3楽章の性格らしい、というのはバースタインの受け売り。作曲家はなにも解説していないので真相は分からない。

 井上の指揮は力のこもったもので、特に1楽章の悲劇的な音楽は、共感を呼ぶ。私はヤンソンスの盤を日ごろは聴いているが、その音楽とは偉く違って聴こえるのでたまげてしまった。ヤンソンスは27分で演奏しているが、井上は34分の演奏時間。ヤンソンス盤はカットがあるのだろう。1楽章に差があるように思った。
 2~3楽章は実に脳天気な音楽に聴こえ、井上もそう指揮をしているから、脳天気な音楽なのだろう。特に3楽章の後半などは、まるでジャズか、ハリウッドの映画音楽の趣。音楽は野放図に盛り上がり、ホールは鳴動する。
 1楽章の井上の指揮ぶりは、いつもよりずっとおとなしく、真摯なもの、曲想にあっていたが、後半になるといつもの、動きの激しいタコ踊りになるのは、相変わらずとはいえ、見ていてあまり楽しいものではなかった。
 しかし、曲全体としては、指揮者の意図がよくわかり、この曲を再発見した思いが強い。

 なお、全体を通して、東響の木管部分の美しさを改めた感じた。



20210304_205121

2021年3月4日(於・サントリーホール)
読売日本交響楽団・第606回定期演奏会
指揮:山田和樹
ヴィオラ独奏:鈴木康浩

ウェーベルン:パッサカリア
別宮貞雄:ヴィオラ協奏曲

グラズノフ:交響曲第五番

日記を見たら昨年の12月5日以来の音楽会であり、サントリーホールである。行きの電車の中で夜8時以降の不要不急の外出はおやめください、などと云う放送を聞くとドキドキしてしまう。読響に聞いても時間変更などはまったく考えてないようだった。そいう言えば先月のタンホイザも二期会に問い合わせたらプルミエの終演は21時過ぎになりますと平気で言っていたから、イベントを運営している人たちには政府のガイドラインなんてへの河童なのだろう。結局個人個人が判断しなさいということなのか?そういう意味では気の毒なのは飲食業の皆さんで、個人の判断はできず、強制的に営業時間を指示されるのだ。科学的根拠はあるのだろうが、個人で判断する領域と法などで縛る領域の区分の理由のあいまいさは残る。

 ただ、今夜の会場の人数制限は行っていたから、時間以外はガイドラインを守っている。私は1階席だったが、1階はほぼ半分のいりだから基準通り。逆に今夜のあまりポピュラーな曲でないプログラムによくこれだけ人が集まったなあと感心してしまった。みるからに65歳以上の方々がそのうち半分くらいだから、皆びくびくしているのだろうと思いきや、大きな声で会話をしているご婦人もおられたり、コロナに対する身構え方も人生いろいろなのだと改めて感じた。

 さて、今夜のプログラム、日本人の別宮氏の作品がメインようなポスターでの取り扱いのように感じたが、事実聴いていて大変面白かった。2019年に片山杜秀氏の力作「鬼子の歌」という本を読んで日本人の作曲家に興味を持ち始めたところだ。明治維新を迎えて西洋文明がどっと流れ込んできたわけだが、西洋音楽、ベートーヴェンやらモーツァルトやらも流入してきた。教育も西洋流に改められた。しかし明治以降の日本のいわゆる洋楽の作曲家たちの苦悩は大変なものだったと「鬼子の歌」をみるとよくわかる。一般にはベートーヴェンやモーツァルトがあるのに、なんで日本の作曲家が必要なのと云うことが、通念だったからである。(今でも変わっていないのではあるまいか?)だから片山氏の著書から云うと日本人の曲は鬼子であると云うのである。500ページの大作はそういった日本人の血みどろの戦いを書き綴る。


 しかし1971年のこの別宮氏の曲を聴くと(初めて聴きました)、これは見事に西洋と日本とを融合の糸筋すら感じさせずに、一体化して、オリジナルの世界を築いていると思った。これは一つには時代の流れもあるだろうけれど、別宮氏の師事したのはフランス人のミヨーやメシアンということも関係があるのかもしれない。ドイツ音楽と決別して生まれた世界ともいえようか?
 20世紀後半の曲とは思えない、歌謡風なメロディが、現代風の曲想の中で生き生きしている。その歌謡風のメロディは決して日本を思わせるかと云うとそうでもなく、さりとてフランス風でもない、しいて言えばプロコフィエフに近い(協奏曲でいえばヴァイオリン協奏曲)印象である。しかしながらそれは全体として、まったくオリジナルな別宮の世界といえよう。ヴィオラと云う楽器の醸し出す、豊かで、官能的な響きは耳に残った。ヴィオラソロ、オーケストラともども素晴らしい演奏だった。なおヴィオラは読響の首席奏者の演奏だそうだ。
20210304_teiki606


 グラズノフは1世紀ほど前の作品。ロシアも日本と同様ベートーヴェンに代表される西洋音楽なかんずくドイツ音楽との融合に苦心したと思われるが、チャイコフスキーやラフマニノフなど西洋でも評価される作曲家たちはうまくロシアのメロディを生かして融合させた。
 グラズノフも同じで、時折響く歌謡風の旋律は、ロシアを思わせる。勇ましい部分はコサックを思わせ明るくにぎやかに音楽が作られている。しかしこの曲がそう頻繁に演奏されないのは、そういったところに食い足りなさがるということではないか?ドイツの音楽の持つ精神性と云ったものが、何となくかけているということだろうか?
 旋律の美しさ、オーケストラの豪快な響きに身を任せましょう。そう聞けば至極極上の音楽に聴こえるはずだ。1楽章のところどころでチャイコフスキーのエウゲニ・オネーギンの1幕のタチアナのアリアを思わせる旋律が聞こえるのは気のせいだったか?
 読響、山田の熱演もあって、これも初めての曲ながら大いに楽しんだ。

 最初のウエーベルンはこてこてのドイツ音楽であるが、ワーグナーやマーラーに連なるといっても私には別物に聴こえ、退屈だった。

 

↑このページのトップヘ