ぶんぶんのへそ曲がり音楽日記

オペラ、管弦楽中心のクラシック音楽の音楽会鑑賞記、少々のレビューが中心です。その他クラシック音楽のCD,DVD映像、テレビ映像などについても触れます。 長年の趣味のオーディオにも文中に触れることになります。その他映画や本についても感想記を掲載します。

カテゴリ:映画 > ドラマ


main

「レミゼラブル」はカンヌ映画祭で審査員賞を受賞した作品である。あのミュージカルのレミゼラブルとは違う映画だ。フランス映画。
 現代のレミゼラブルはとは移民の少年たちだという。最後にユーゴーの言葉を借りて本作のモチーフを表明している。
 ユーゴーの「レミゼラブル」の舞台になったパリのその地区は今はアフリカ系移民たちの住む、アパートメントが林立する、スラムになっている。映像では荒廃としたアパートメントが描かれ、働くとも、学校へ行くとも、なんとも行動が不明な人々が行き交う。

 主人公はルイスと云う犯罪捜査班にシェルブールから移ってきたルイスと云う男。3人でチームを組パトロールする場面が、前半を占める。そのなかでこの地域を支配する「市長」と呼ばれる男や、イマームを自称するアリと云う男、ドローンを飛ばして隠し撮りをするバズと云う少年、盗みの常習のイッサと云う少年らが登場する。

 事件はこの地域に興行に来たロマのサーカス団から子供のライオンが盗まれたことから起きる。ロマたちはこの地域に殴り込みをかけるぞと市長を脅す、クリスと云う警察官をリーダーとするルイスら3人のチームはそれを食い止めるべく子ライオンを探索する。やがて犯人が判明する。この小さな子ライオンの窃盗と云う小さな事件が、さらにとんでもない大きな事件を引き起こす。

 移民たちのなんとも言えない閉塞感が画面を通して痛々しいくらい、感じられる。特に少年たちの絶望感は果たしてどこからきているのだろうか?しかしこの映画、フランス人らしいフランス人はルイスらの上司の本部長とクリスくらいしか、登場しない。ルイスも生粋のフランス人とは思えない。フランスのこの現状にフランス人たちは頬かむりしていると監督は云いたいのだろうか?
 空回りしているがルイスの警察官としての矜持が痛々しいが、唯一の救いだろう。
640
なお、クリスらを自警団といっている解説もあるが、映画の訳では犯罪対策班といっており、その位置づけはよくわからない。上司の事を本部長と云っているのだから警察組織だと思うのだが!今写真はその班の3人組。左がルイス、中央がクリス。〆

25c032962f4b0fd5

我が家では2004年以来TVはケーブルテレビ(現J:COM)を通して見ている。そのJ:COMからレンタルしているチューナー(セットトップボックス)が老朽化して不具合を起こしがちなので、交換を依頼した。今まではDVDレコーダーとチューナーが一体型を使っていたが、現在ではもうそういうタイプは生産中止だという。現在はセットトップボックスとDVDレコーダーは別置となっているのだそうだ。しかしよくJ:COMの説明を聞くと、別置のHDDをつけるとセットトップボックスだけでいままでの数倍の録画ができるそうだ。容量は標準で2テラもあるのだ。だから別置のDVDレコーダーはほとんどDVDの再生用の機能しか必要ない。まあ随分と時代が変わったものだ。2テラなど想像を絶する容量だ。

 まあ長々とケーブルテレビの話をしてしまったが、セットトップボックス交換に際して、契約内容も見直してネットフリックスと云うものに入った。その最初に見た映画がこのアイリッシュマンなのである。わずかな月額金額でリストにある映画を見放題と云うのはおそるべきことで、さすがに現在契約しているツタヤのDVDレンタルに比べると映画の鮮度は落ちるけれども、ネットフリックスはいつでも見放題と云うのがレンタルと違うところだ。まあ映画好きにはなんとも便利な世の中になったもの。巣ごもり生活にはぴったりというべきか!

 さて、スコセッシ監督の「アイリッシュマン」、デニーロ、パチーノ、ペシとおなじみの役者が顔をそろえた重厚な映画に仕上がっている。主人公はフランク・シーラン(デニーロ)というアイルランド人。肉の運送トラックの運転手である。彼がマフィアのボス、ラッセル(ペシ)と親しくなることにより、マフィアとつながる自動車運送の組合、チームスターのボスであるジミー・ホッファ(パチーノ)とつながり、支部長まで上り詰めるという物語である。マフィアの中のアイルランド人という異色の存在が濃密に描かれている。
 3時間近い長尺である。面白かったが、俳優たちがあまりにももう高齢になってしまったので、若いころの役もみなじじむさくて、私にはミスキャストに思えた。

325190b1a3480c47

これはツタヤのDVDレンタルで見たもの。ドイツ映画である。ドイツの富豪がモンテカッシーニから来た、コリーニと云う男に、惨殺される事件が起きる。コリーニは終始黙秘をしており裁判としては簡単なものと思われていた。弁護士も経験が2か月のライネマンという新米弁護士が国選弁護士になって担当することになった。しかしこの弁護士は殺害された大富豪とは恩人に当たる人物だったのだ。
 このままで行けば最高刑の終身刑になることが必至、の状況で、コリーニが次第に口を開き、ライネマンも綿密な調査を行う。事件は思わぬ展開となってゆく。背景にナチスがからむリーガルサスペンス。面白い作品だ。今でもドイツではナチスによる戦争犯罪がこのような映画になるということ自体に驚かされる。

71Iwd-Dz42L._AC_UL320_
3本目は実につまらない映画。ロシア人のアナと云う女性がKGBに入り、2重スパイ、3重スパイになるという内容。お暇な方はどうぞ。主人公の足の長さには驚かされる。



b9584ddc5897dd7d

アメリカ黒人奴隷解放運動家のハリエット・タブマンの半生を描いたもの。

 ときは1849年、ところはメリーランド州のブローダス農場。小規模な農場で親子代々ブローダス家が経営をしていた。資産の大半は黒人奴隷である。説明はないが結婚を奨励して子供を作らせそれを売る。つまり農場の経営の変化、例えば農作物の不作なときには、その奴隷を売って経営を支えていた。要するに黒人は商品だった。そういうことがこの時代の南部では当たり前のこと。男で700ドル、子供でも数百ドルで売れた。そのころの1ドルは今の100倍以上ではきかないのではあるまいか。経営の安全弁の黒人たちの不幸が前半では色濃く描かれる。

 主人公のハリエット(農園ではミンティという名前だった)は複雑な構造になっていた。夫のジョンは隣の製材所の元奴隷で今は自由民。母親はブローダス家の奴隷だが、父親はこれまた隣の製材所の自由民だった。ブローダス家の先々代の遺言でハリエットの母親が45歳の時に開放するということになっていて、遺言書を手に入れ、ブローダスに示すがブローダス家は拒否。母親が自由民になると子供たち、ハリエットらも自由民になる。しかしそういう夢は粉々に砕かれ、絶望の中、ハリエットは 自由か死かと誓い、無謀な逃走を図る。

 その後のハリエットの活躍が後半のストーリーだ。奴隷の脱出ルートを地下鉄道と云い、それを運営する人々、中でも実行部隊になる人々を車掌と云う。ハリエットは奴隷の時代に殴られそれ以来神の啓示を受けるようになり、車掌として活躍をしてゆく。

 闘争の場面のハラハラ感はサスペンス仕立てだが、結局はこのブローダス家に代表される奴隷を中心にした経営構造が、つまり奴隷は単なる無償の労働力だけではなく、卵を産む資産であり、商品だったということが、この奴隷制度を長らえさせたといえるのではあるまいか?そういう経済構造まで踏み込んで描いた奴隷解放のドラマは意外と少ない。秀作である。〆


0721113509075c02

イタリア映画である。ザ・プレイスとはローマにあるカフェの名前である。約90分、この映画の舞台はこのカフェで終始する。

 このカフェの一番奥のテーブルにある男が座っている 、テーブルには大判の分厚いノート。いつも何やらそれに書き込んでいる。彼は終日そこに座り、食事をし、コーヒーを飲む。店のオーナーか従業員かわからないが、アンジェラと云う女性が興味をもって接近しようとするが、けんもほろろ。

 しかし、そういう彼のところに、不思議なことに何人もの(9人)男女が訪れる。そしてその男と何やらひそひそ。映画はこの九人の男女とその男との対話編である。
 その男は訪れる人々の話に耳を傾ける、そして提案をする。その提案を人々が受け入れれば、契約成立である。例えばある老婦人には爆弾をあるレストランに仕掛けて爆発させれば、老婦人の夫のアルツハイマーは治るとか、ある男には見も知らない少女を誘拐して殺せば、彼の息子のがんが治るとか、
ある盲目の男には、だれでもいいから女性を犯せという。そうすれば目は見えるようになるという。
 そしてその提案を受け入れるか受け入れないかは、相談をした人々の選択に任せられる。つまりどんなに奇妙な提案でもその提案を受け入れれば、望みはかなう。しかしその提案はあまりにも突拍子がないと突っ返せば望みはかなわないと云うのである。

 人々は葛藤し、ある人は受け入れ、ある人はその場を去る。これは人生の選択はあくまでもその人自身の決断にあると云うということなのだろうか。まるで舞台劇ようなもので時折眠くなるが、人々の判断をする過程が恐ろしくもあり、興味深い。一風変わった映画だ。〆


48312a30557be419
原題は「CURRENT WAR」、つまり電流戦争。1880年から92年アメリカにおける電球とその電源にまつわる、エジソン(ベネディクト・カンバーバッチ)対ウエスティングハウス(マイケル・シャノン)の争いを描く。
 電球を発明したエジソンはそれを普及させるために地域を区切って実験を始める。メンローパークでの直流電源による実験の成功で一歩先んじる。一方エアー・ブレーキで財を成したウエスティングハウス は直流では一台の発電機でのカバー地域が狭いという欠点から交流を採用。交流対直流の争いが始まる。1892年のシカゴ万博で決着がつくが、そこまでの間に両者の醜い争いが繰り広げられる。皮肉なことに結局もともとエジソンのもとで働いていたセルビア人の天才技術家のテスラの発明した交流モーターが決着をつけることになる。

 この映画は事実に基づいた作品である。エンドクレジットを見る限り原作はないように思ったが、見落としかもしれない。 
 以前、グレアム・ムーアと云う人が書いた「訴訟王エジソンの標的」という小説(ハヤカワミステリ)を読んだが、それはほぼこの作品と同じ内容を描いている。ただ小説はウエスティングハウスの弁護士だったクラバスが主人公だった。本作も実に面白く、合わせて読むと一層この争いについてわかるだろう。

 映画はなんと言ってもマイケル・シャノンの重厚な経営者ぶりが素晴らしい、発明王エジソンは発明家として世間に名を知られていても、人間としての魅力は少なくて、この映画を見る限りはウエスティングハウスに軍配を上げたい。
 その他エジソンの秘書役のトム・ホランドの演技が好きだ。大変面白い映画で久しぶりに映画を楽しんだ。
 〆

↑このページのトップヘ