petsematary


1989年のペットセメタリーのリメイクである。二番煎じはあまりうまくゆかないのが定番だろうが、この2019年版はそれなりによくできている。スティーブンキングの原作だが、著者の天才ぶりを感じさせるという意味では旧作も新作も甲乙つけがたい。

 主人公のルイス(ジェイソン・クラーク)はボストンのERで疲れ果て、家族との生活を求めてメイン州の片田舎に居を構える。
大学の産業医としての生活を始める。妻、長女、長男の家族である。家の周囲は深い森で、すべてルイスの土地である。近所には古くから住む一人暮らしのジャドが生活するのみ。

 欠点は家の前を国道が走り、時折トラックが猛スピードで通り過ぎることである。そのトラックの犠牲に娘の愛していたチャーチと云う猫がなる。ジャドは昔のインディアンのいた場所は命を復活させるところであるといい、猫を再生するためにルイスとともに猫を埋める。猫は生き返るが、性格は狂暴になり、不気味な猫として再生されてしまう。これを機にルイス家には災危が次から次へと襲いかかる。
 このストーリーは新作も旧作も基本は同じである。男の子と女の子が入れ替わる程度である。猫の狂暴化、生まれ変わった娘(息子)の狂暴化は
どちら作品もぞっとする怖さ。真夏にはふさわしい?

 原題は「PET SEMATARY」で、子供がペットの墓場を作った時にスペルを間違えたそのままを原題にしている。
 余談だが、始まってすぐ、近所の子供たちが、動物のマスクをかぶって、ペットの葬式のために行進するシーンはまるでマーラーの交響曲第一番の三楽章の行進曲のよう。不気味さと幻想味が漂う。
 参考までに1989年版のポスターも!

ペットセメタリ