ぶんぶんのへそ曲がり音楽日記

オペラ、管弦楽中心のクラシック音楽の音楽会鑑賞記、少々のレビューが中心です。その他クラシック音楽のCD,DVD映像、テレビ映像などについても触れます。 長年の趣味のオーディオにも文中に触れることになります。その他映画や本についても感想記を掲載します。

2016年03月

2016年3月16日
於:サントリーホール(1階17列中央ブロック)

東京交響楽団、第638回定期演奏会
指揮:ドミトリー・キタエンコ
ヴァイオリン:成田達輝

チャイコフスキー:エフゲニ・オネーギンからポロネーズ
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

今日はかけ持ちだ。オーチャードで山田のマーラーを聴いた後サントリーに向かう。マーラーの後オールロシアプロを聴くのはちょっとしんどいがなかなか面白い演奏で楽しめた。でも疲れた。

 チャイコフスキーの協奏曲はじつにねっとりとした思い入れたっぷりの演奏だった。これはキタエンコのリードなのか成田によるものなのかはわからない。ただ1楽章のカデンツァが今日の演奏の縮図の様であるのでおそらく成田の考えなのだろう。成田のヴァイオリンは自由奔放、そして実に美しく、豊かに響く。グアルネリ・デル・ジュス1738だそうである。1楽章はすでに述べたようにカデンツァが延々と続くようでちょっと辟易する。これは緩急をとても大きく付けているからだろう。情感がこもっているのは良いが、ここまで来ると私にはちょっと辛い。2楽章も美しいがこれも最初だけでだんだんついていけなくなる。しかし真骨頂は3楽章、自由奔放奔馬の様なヴァイオリンが素晴らしい。緩急が実に大きく、止まるくらい遅くなったと思ったらつぎの瞬間猛ダッシュで音楽が突き進む。終結に向けて速度をあげてゆくがオーケストラも見事に呼応して興奮を呼ぶ。演奏時間38分はかなり長い。アンコールはバッハの無伴奏ソナタ3番からラルゴ。

 ショスタコーヴィチはキタエンコの見事な統率がこの現代の名曲を十分楽しませてくれた。音楽に妙な緩急付けはほとんどない。わずかに4楽章の導入が重々しくちょっと恣意的に聴こえるが、その他はまるで巌のような厳格さで音楽が突き進むのである。印象に残ったのはやはりラルゴの部分だろう。ここでの音楽の透明度は本来的なものだろうけれどそれにしても非常な感動をよぶレベルまで引き上げられている。アレグレットは諧謔的な音楽の様だけれども今日はその様には聴こえず、純音楽的に、実に気持ち良く演奏されている。終楽章の盛り上がりも云うことがないくらいだ。ここでも冒頭ちょっと音楽が大げさになるが主部に入ると後は右顧左眄せず一直線に終結に向かう。実に男性的である。演奏時間は46分強。

2016年3月26日
於:オーチャードホール(1階22列右ブロック)

山田和樹/日本フィル、マーラーチクルス第六回
武満 徹:ア・ストリング・アラウンド・オータム

マーラー:交響曲第六番

山田のマーラーチクルスの第6曲目目、おそらくこれが今のところ最良の演奏だと思う。最大の要因は音楽に全く停滞感のないところだ。演奏時間は決して短くない、むしろ古今の名演奏たちの中でも遅い、86分である。しかしこれは終わってなんぼであって、聴いているときはまったくその遅さを感じない。それは音楽が実によく流れており、不自然なところはほとんどないと云うことからきているのではあるまいか?この曲はマーラーによる英雄の生涯であるが、ここでのマーラーは老成したマーラーでなく、若く、きびきびとして、実に溌剌としている。特に1楽章、流石に4楽章は力尽きる様が描かれているがこれは十分戦った後のこと、暗澹たる気持ちよりも良く戦ったすがすがしさを感じたのである。これは山田が「一番」を演奏した時の姿勢に帰った様に思われる。あっちこっちきょろきょろしないで一直線に音楽は終結に向かう潔さを感じる。

 1楽章の最初の主題は力強く、音の刻みが鋭く、マーラーの戦いの姿勢が感じられる導入である。この主題の表現は終始攻撃的であり、若々しく、溌剌としている。展開部では特にそうで、この主題は常に生き生きとして、停滞感がなく、前進をするのである。それに対してアルマの主題はすこぶるやさしく、美しい。しかし決してべたべたとした情感過多にならないすがすがしさがなんとも素晴らしい音楽になっている。終結部の迫力は如何にも若々しく、山田の等身大の音楽になっているのが好ましい。
 2楽章にスケルツオ~トリオを配している。この部分は実に整理整頓のゆきとどいた演奏で、このややこしい音楽を、明確に聴かせている、反面グロテスクさには欠けていいるが、私はこう云う山田の演奏のほうが好きだ。
 3楽章はおそらく今日のベストだろう。特に最後にオーボエが主題を奏した後大きく盛り上がる部分の素晴らしさは言葉ではいいあらわせないほどだ。ここでの指揮者の共感の高さは聴衆を大いに惹きつけたと思う。
 4楽章の導入の部分は少しいじり過ぎていると思うが主部に入ってからの戦いの音楽は1楽章を彷彿とさせる音楽で、終結まで一直線に進む。ハンマーは2回である。ハンマーまでの道のりでも決しておおみえを切ったりしないでストレートに音楽を進めるのがとても良い。2度目のハンマーのあとの最後の凱歌の盛り上がりの部分の素晴らしさ、若き山田の真骨頂がでた部分、小細工のない、溌剌とした、音楽だ。終結部の余韻は上記のとおりだ。

 この数年でこの曲はライブでインバル、ハーディング、カンブルラン、佐渡、メッツマッハー、アシュケナージで6回聴いているが、そのうちアンダンテ楽章を2楽章にもって来ている演奏と3楽章にもって来ている演奏の比率は50:50である。昔は3楽章にもってきた方が良いと思っていたが、最近は2楽章のほうが良いと思っている。それは戦った後の慰めの音楽がアンダンテだと思うからである。なお、CDではアバド、バースタイン(新)が2楽章、ティルソン・トーマスが3楽章である。なお演奏時間はライブ、CD合わせて最も長いのがバーンスタインの新盤で88分である。最も短いのはライブでアシュケナージ/N響の72分である。山田の86分はティルソン・トーマス/サンフランシスコ盤とほぼ同じ演奏時間である。ちなみにティルソン・トーマス盤は今最も気に入っている録音である。録音も秀逸である。

 武満は弦楽とヴァイオリンソロによる音楽である。これは弦楽アンサンブルがすこぶる美しい曲で、演奏も日本フィルの水準の高さを物語っている。全体に今日の日本フィルの演奏はとても素晴らしい。特に弦楽部分のみずみずしさが印象に残った。金管と弦楽との音バランスも非常にとれていて、ピラミッド型の素晴らしい音場を聴くことができた。


 

2016年3月24日
於:サントリーホール(1階17列中央ブロック)

東京都交響楽団、第802回定期演奏会Bシリーズ
指揮:エリアフ・インバル
語り:ジュディス・ピサール、リア・ピサール
ソプラノ:パヴラ・ヴィコパロヴァー
合唱:二期会合唱団
児童合唱:東京少年少女合唱隊

ブリテン:シンフォニア・ダ・レクイエム

バーンスタイン:交響曲第三番「カディッシュ」
(サミュエル・ピサール版)
今夜は結構つらいコンサートだった。理由は自分に責があるのだが!ブリテンは全く初めて聴く曲ゆえ、バーンスタインは何度聴いても好きになれない曲ゆえである。

 ブリテンのレクイエムは1939年に日本皇紀2600年を記念した祭典のための曲で
、日本政府からの委嘱で書かれたものである。かなり良い作曲料だったそうだ。ブリテンはフリーハンドで曲を書いたため、出てきたものはレクイエムで結局日本では演奏されなかった代物である。初めて聴いてなかなか活発な音楽で後年の戦争レクイエムとは随分と印象が違う曲でこれなら祝典にも使えそうな気もしたが、1939年の日本ではレクイエムと聴いただけでもう駄目だったのだろう。初めて聴いた曲でありどうこうは云えないが、都響のすこぶる雄弁な演奏は、インバルとのコンビがなせる水準の高さを感じさせた。

 カディッシュはユダヤの聖なる言葉だそうだ。バーンスタインはホロコーストを動機にこの曲を書いたようだ。1963年に作曲した時には亡きケネディ大統領に捧げたそうだ。カディッシュの部分はヘブライ語の様だ。しかし問題は「神との対話」の部分である。ここは英語の語りによっている。バーンスタイン自身が詞をつけている。この言葉がまず一神教について理解の乏しい私には全く意味がわからない。神への不信から再度信頼関係を結ぶそういう対話のようだが、それを延々と繰り広げる。そういう意味ではこの曲は非常にメッセージ性が強い曲だ。それは言葉で語られると一層強く感じられる。
 ほぼ同時代の宗教的な音楽でメッセージ性の強い曲としてすぐ思い浮かぶのはブリテンの「戦争レクイエム」だろう。あれは第一次大戦で散ったオーエンによる詩と典礼文とのミックスである。そういう意味では構成はカディッシュと似ている。オーエンの詩は完全に反戦詩である。しかしそのメッセージにブリテンの素晴らしい音楽がつけられているのがカディッシュと大きく違うところである。言葉が生のままでてくるものと、音楽が付けられて出てくるものとの違いは何か?生の言葉と音楽との融合の難しさ、それがこのカディッシュを好きになれないところである。CDで初めて聴いた時に語りが一人でわめいており聴いていてそれがとても煩わしいと云う印象しかなかった。それ以降何度かチャレンジするのだがどうしても好きになれないのである。

 さて、今夜の演奏はバーンスタインの付けた詞ではないという。2011年の9・11のテロに触発されて、アウシュヴィッツの生き残りであるサミュエル・ピサールと云う人が書いた(バーンスタインの死後である)詞を妻と娘が読んでいる。内容は神との対話であるのはバーンスタインと同じであるが、ピサール版は自分のアウシュヴィッツから生還したという自伝的なストーリーになっている。神への恨みばかりが書かれているような気もするが最後は神との和解に達する。自らの体験を語るわけだからその生々しさは相当なもので、ホロコーストの恐ろしさを再認識させると云う意味では見事なものだし感動的でもある。しかしそれがバーンスタインの付けた音楽との整合性という観点からみると今一つ木に竹を接いだような気がしてならなかった。バーンスタインの音楽はもともと親しみやすいメロディが真骨頂であると思う。ただここでは無調音楽風な部分もありミュージカルなどとは一線を画した音楽であることは間違いないが、それでもソプラノが歌うカディッシュの部分などの美しさは彼の特質を十分表わしているように思う。だから今夜聴いたこの曲は語りと音楽とは別物としか私には感じられなかった。今夜聴いたのはバーンスタインの音楽ではなくピサールの語りが主人公なのである。
 演奏後盛大なブラヴォーの嵐が巻き起こったことは記載しておこう。

2016年3月23日

「アメリカン・ドリーマー」、オスカー・アイザック、ジェシカ・チャスティン主演
なんとも重苦しい。アベル・モラレス(アイザック)は灯油仲買商社の経営者、トラックのドライバーから叩き上げてここまできた。まさにアメリカン・ドリーマーの代表だ。ニューヨークにあるユダヤ人の土地を買い更なる発展を期して全額をはたく。しかし同業者のやっかみも大きく、犯人不明のトラック襲撃事件が相次いだ。またそういう急成長のアベルに対して脱税などの罪で検察の手が伸びる。アベルは八方ふさがりになるが果たして夢は破れるのか?アメリカで零からのし上がって成功ができた時代、1981年が舞台である。理想を追うアベル、しかし最後は現実に妥協するアベル。現実に生きる妻がジェシカ・チャスティン。相変わらず存在感がある。アメリカの良き時代を描いた映画にもかかわらずなぜか重苦しく、暗いのはなぜだろうか?原題はMOST VIOLENT YEAR。

「ベルサイユの宮廷庭師」ケイト・ウインスレット主演
1682年、マダム・ド・バラは当時珍しい女流庭師、ルイ14世のベルサイユ宮殿の庭のコンペに参加する。庭園全体は宮廷庭師のル・ノートルに任せられている。バラは「積み石の広場」という屋外舞踏場を請け負うことになった。女性ということのハンディを乗り越えて独創的な広場に取り組む。果たしてどうなるのか?前半はマダム・バラの奮闘ぶり、ユニークな庭師としての姿が実に面白い。しかし後半はラブストーリーになってしまってちょっとがっかり。マダム・バラとルイ14世との交流もほんまかいなと思う。ケイト・ウィンスレットは相変わらず好演。原題はLITTLE CHAOS

「ブラック・シー」ジュード・ロー主演
異色の潜水艦もの。ロビンソン(ジュード・ロー)はアゴラというサルベージ会社の潜水艦乗り。しかしリストラされてしまう。冒頭はイギリスの貧困者階層の人々が描かれる。リストラされた仲間からスターリンが1941年にヒトラーに金を2tを融資したと云う。しかも輸送中にそれは黒海に沈んでしまった。その金を狙ってロビンソンは12人のイギリス/ロシア混成部隊を編成。金を山分けにすると決めたことから意外な展開を見せる。貧困から脱出するには金(マネー)であることを強調しすぎているているような気もするがそれが現実であることも真実であると云う事を改めて気付かせる。

「アンクル:U.N.C.L.E」
随分と古めかしい映画を作ったものだ。懐かしいナポレオン・ソロとイリヤ・クリヤキン(ロバート・ヴォーンとデビッド・マッカラム)が主人公の冷戦を背景にしたスパイものだ。TVでよくみたものだ。あの二人はいかにもB級俳優(ロバート・ヴォーンは荒野の7人でいい役やっていた)だったが個性的な役柄にぴったりだった。
 まあそれのリメイクである。ソロとクリヤキンはそれぞれCIAとKGBのえりすぐりのスパイ、その二人が共同してネオナチの原爆を奪還すると云う話だ。つまりこのアンクルシリーズのそもなりそめをを描いている。もう少し泥臭くB級に徹すればよいが、変にリアルさを出そうとしているためか、ダニエルクレイグによる007の2番煎じの様な気がする。俳優が個性に乏しくちょっと眠くなる。ヒュー・グラントがちょい役で出ている。

「ダイバージェント・ネオ」ケイト・ウインスレット他
ダイバージェントシリーズ2作目。前作もちょっとがっかりだが、本作も同工異曲の様な映画が多くちょっと辟易する様な話である。まあアメリカ人はこう云う映画が好きなのだろうか?ちょっと自虐趣味のようにも思えるのだが!要するに世の中は格差社会、そして階層、セクションは閉鎖的な世界なのである。この映画も地球が最後を迎えた200年後生き残った人類はフェンスに囲われた閉鎖社会で暮らす。「ギヴァー」、「ハンガーゲーム」、「エリジウム」などと同じようなコンセプト。人々は若くして適性に応じていくつかのセクションに振り分けられる。そこにすべてのセクションに適正をもつ人間が登場してこの閉塞した社会を乱す。まあそういう話である。脇にウインスレットやナオミ・ワッツなどを配した重厚な布陣であるが、肝心の主人公ペアがちょっと地味(シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームス)なのが残念である。それにしてもリーダーが皆女性というのもアメリカ的と云うべきか?原題はINSURGENT、暴動とか一揆とか言う意。

「インフィニ」ダニエル・マクファーソン主演
何とも奇妙な後味。不快に近い。23世紀インフィニという銀河系でもっとも遠い星で1600人の作業者が死んでしまう。この星にはオーパスという鉱物資源が発掘されているが、しかしそれは鉱物ではなく有機物でそれが感染の原因だったのである。オーパスを地球に送り込むベイロードの送信を阻止すべく兵士を送り込むが次々と感染し互いに憎み合い殺し合う。まあそんな話で全編うす暗くまた叫び声ばかりで騒々しい映画である、見ていて気分が悪くなるほどだ。人間のダークな本性を浮き彫りにする物体とそれを抑制する精神的なものを描きたいのだろうか?

「コンテンダー」ニコラス・ケイジ主演
どうもすっきりしない映画だ。BP社の石油発掘基地が爆発、大量の原油がメキシコ湾に流出。湾岸の漁業などの産業が影響を受ける。コリン・プライス(ニコラス・ケイジ)はルイジアナ州選出の下院議員、被害者救済に乗り出し、無名の政治家から一躍ヒーローとなる。しかし自らの不倫がマスコミに暴露され落ちた偶像になる。しかし問題はそのあとのプライス議員の変節のプロセスが良く呑みこめない。ちょっと舌足らずではないか?
BP社の事件は実話だと思うのだが?

今回はすっきりしない映画ばかりでした。

2016年3月19日
於:神奈川県民ホール(1階17列左ブロック)

神奈川県民ホールオペラシリーズ2016
ワーグナー「さまよえるオランダ人」

指揮:沼尻竜典
演出:ミヒャエル・ハンペ

オランダ人:ロバート・ボーク
ダーラント:斉木健嗣
ゼンタ:横山恵子
エリック:樋口達哉
マリー:竹本節子
舵手:高橋 淳
合唱:二期会、新国立、藤原歌劇
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

ここ数年でオランダ人は2回聴いているがいずれも新国立劇場での公演。今回はそういう久しぶりに違う演出を楽しむことができたのはうれしい。ワーグナーの若い時代の荒々しい音楽はいつ聴いてもドキドキさせられるので1年に一回くらいはライブで触れたいものだ。

 今日の公演は琵琶湖ホールとの共催。演出はハンぺで装置もギールケと云うドイツ人なので海外劇場の借り物の様だ。プログラムには書いていないので不明である。

 序曲が始まる。しかしこの序曲は少々私には問題。オーケストラの響きが薄くワーグナーの音楽を聴いている感じがしない。ホールの問題か、オーケストラの力量か?管楽器は少々むらを感じたがその他はそうでもないように思ったが!それとこのホールはNHKホールのミニ版と云われているように横幅がとても広くオーケストラの配置も横長になっている。従って聴いている席によっては昔のステレオのように中抜けの様に聴こえる。全体にすかすかで、まあ良く云えば透明感が溢れる演奏とも云えようが、低音の分厚い響きとは無縁であり、エネルギに欠ける。若きワーグナーの音楽を聴くにはちょっと物足りなかった。まあそのあたりを割り引けばかなり満足のゆく演奏だった。特に2幕の後半以降幕切れまではとても感動的だった。

 ハンぺの演出は琵琶湖の公演での評で、某紙では相当厳しい評が書かれていたが、私はそれほどとは思わなかった。この程度で文句を言っていたらきりがない。バイロイトでの最近の公演での演出から比べればずっとまともで私の様な素人でもよくわかる。ただ全体のコンセプトがちょっと作為的で安っぽい。すなわち1幕で舵手が見張りをしながら眠ってしまう場面。なんと舵手はその後幕切れまでずっと眠っている。そしてゼンタの救済の場面で目が覚め、いままでの”事件”は舵手が見た夢だった。ゼンタが身投げしたのに皆へらへら笑ってよかったよかった顔をしているのはそういうことだった。まあそういうように理解したが、頭とお尻のみでそういう演出をみせられてもちょっと戸惑ってしまう。まあ途中からネタばれにはなっていたが!
 その他装置などはそれほど違和感を感じなかった。舞台には帆船の甲板の後ろ部分がセットとしてあり、それが甲板であったり2幕の糸つむぎの場であったりする。あとはすべてバックのCG映像で補強すると云う按配である。たとえば1幕の海賊船は沖から次第に近づいてきてダーラントの舟に接して止まる。また2幕の糸つむぎの場ではバックは大きなホールの様な建造物の木組みがCGで映し出される。舞台全体を舟が占めるとそれで固定されてしまって少々不都合が起きる。一例をあげるとオランダ人はダーラントの舟に接したと思うと、ダーラントの舟に乗りこんでモノローグを歌うのである。勝手に乗り込むなんてちょっと不自然だろう。それとは別でだが、オランダ人が見せる財宝もネックレス数個しかなくちょっとダーラントがよろめくには寂しいのではないかなど、重箱の隅をつつくときりがないが全体にはそれほど支障がない。

 歌手たちは場面によってはむらを感じたが全体としては満足、特に2幕半ば以降からはとても良いと思った。オランダ人は1幕のモノローグでは少し力みがあり空回り。苦悩が伝わらない、むしろ2幕のゼンタとの2重唱での肩の力の抜けた歌唱に共感した。ここでは苦悩がにじみ出す部分から、救済への期待の喜びまでの感情が、素直に聴き取れる。
 ゼンタは2幕のバラードは少々ねっとりして乙女の歌とは思えない。これは沼尻にも責任があるのではないかと思われるほど音楽が流れない。しかし逆にそれがオランダ人との2重唱では包容力を感じさせる歌唱につながって、彼女なら救済してくれるのではないかとオランダ人が納得するだろうと思われるくらい説得力があるように感じた。この場面を聴いていて思い出すのはゲーテの「ファウスト」の最終場面、永遠なる女性による救済である。このオペラの最終場面よりも、この2幕のこの場面にこそゼンタによる救済劇のエッセンスを感じたのである。
 ダーラントは少々問題だ。声は別として少々気まじめすぎる、顔は笑っているが歌は笑っていない。要するに金に汚い少々品のない男という役どころが歌われていないようなきがした。まじめに歌っているのは間違いない。
 その他エリック、舵手の両テノールは声量もありこの響きの悪いホールでも十分楽しめる声だった。
 合唱は混成部隊だった。少々人数をけちったのではないだろうか?3幕の水夫の合唱は迫力がなく物足りない。それと歌ではないが海賊船の水夫たちの衣裳は烏賊の様な手足が笑えて場違い。ここはバックステージで歌ったほうがよかったのではなかったろうか?

 なお本日の演奏は三幕通しで一幕ものとして上演。しかし2時間半近くを座ったまま集中するのはなかなか辛い。休憩を設けても音楽的水準をおとしめることはないと思うのだが?
 演奏時間は137分でかなり長い部類である。私の愛聴盤はサヴァリッシュ指揮のバイロイト盤でこれが120分強だからかなり長い。ただしサヴァリッシュ盤は短いカットもあり版が少々異なる様なので同列には扱えないかもしれない。ヤノフスキーの演奏会形式版も120分強でこの2盤が速い演奏の部類。定評のあるカラヤン盤が最も遅く145分近くある。沼尻の演奏に近いのはベームのバイロイト盤で133分である。ネルソンバイロイト盤はその中間くらいである。私がサヴァリッシュ盤の好きなのはアニア・シーリアのゼンタ。まさに純真無垢の歌唱であり半音高く歌われていることもそれを助長しており、私には理想のゼンタである。サヴァリッシュの颯爽とした音楽作りも素晴らしい。

 演奏中アラーム時計が断続的に鳴り閉口した。こう云うマナー違反は困ったもの。

↑このページのトップヘ