ぶんぶんのへそ曲がり音楽日記

オペラ、管弦楽中心のクラシック音楽の音楽会鑑賞記、少々のレビューが中心です。その他クラシック音楽のCD,DVD映像、テレビ映像などについても触れます。 長年の趣味のオーディオにも文中に触れることになります。その他映画や本についても感想記を掲載します。

2015年01月

2015年1月25日
於:新国立劇場(1階6列中央ブロック)

新国立劇場公演
ワーグナー:さまよえるオランダ人

指揮:飯守泰次郎
演出:マティアス・フォン・シュテークマン

ダーラント:ラファウ・シヴェク
ゼンタ:リカルダ・メルベート
エリック:ダニエル・キルヒ
マリー:竹本節子
舵手:望月哲也
オランダ人:トーマス・ヨハネス・マイヤー
合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京交響楽団

この制作を聴くのは、2007年、2012年に続いて3度目である。3度目にしてようやく幕切れの演出に納得がいった。そしてこの素晴らしい公演に錦上花を添えたのであった。幕切れの演出はこうだ。ゼンタがエリックに迫られ、エリックの歌に若き頃を思い出し、ついエリックを抱きしめてしまう。オランダ人はそれを見て裏切られたと思い、飛び出して、船員たちに出発だと伝える、ゼンタはこれは誤解だ、私の気持ちは変わらない、あなたを救えるのは私しかいないと叫び、一人船に乗り込む。舳先に立ち「ここに私は、あなたに死ぬまでの貞節を誓って立つ」と歌い、舟もろとも沈んでゆく。オランダ人は陸に残され、今まで得られなかった死を与えられる。普通はオランダ人が舟に乗り、ゼンタはそれを見て海に飛び込む、舟は沈み二人は昇天するというト書きが重視されるが、この演出は前記のとおりである。
 今回の演出を改めて見て「パルジファル」のクンドリーの死ぬ場面を思い出して、この演出の理解を深めた次第。クンドリーの死ぬ場面、歌は何もなくパルジファルを見ながら死んでゆく、その音楽の素晴らしいこと。今日もゼンタの救済の美しく、素晴らしい音楽を背景にオランダ人は死んでゆくのだ。こう云う演出も感動を生むことを体験した。
 その他の演出や装置については2012年の公演ブログに記載したとおりである。基本的には幕切れ以外はト書きに近い。今回印象的だったのは照明の美しさだ。例えば2幕のゼンタとオランダ人の2重唱などは漆黒の舞台に、彼らにわずかな光が当たる、これが二人の理解が深まるにつれて輝かしく明るくなる、そして幕切れを迎えると云う寸法だ。

 飯守の音楽も素晴らしい。今回の演奏は彼の指示かどうかわからないが、序曲は初演通り、ハープによるゼンタの救済の音楽はない。1幕と2幕の間は休憩をはさむ。従って1幕は初演通り終止形で終わる。そして2幕は1幕の終わりの部分から音楽は始まる。そして短い前奏があって(決定稿では間奏に当たる)糸車の歌につながる。最終幕は決定稿通りハープによるゼンタの救済の音楽で終わる。なかなか凝った演奏になっている。
 飯守の指揮は序曲からして素晴らしい。オランダ人の動機が鳴り響いた途端、飯守の音楽はなんと自信にあふれる、決然としたものか、ということを感じさせる。続くゼンタの救済のテーマは思い切りテンポを落として、歌わせる。このわずか10分ほどの序曲のなかでの細かいテンポや強弱の変動は誠にこの救済劇を予感させる見事なもの。後は推して知るべしである。管弦楽は昨夜の日本フィルのマーラーより重厚であるが、こう云う水準になると、更に分厚い音が欲しくなる。最も飯守がこう云う音を望んでいるのかもしれない。

 歌手はダーラントを除いて、主役級は皆ドイツ系である。最近はインターナショナルな配役が多いのに珍しいキャスティングである。歌手には全く穴がない。脇役も邦人がしっかり固め、そして新国立の合唱の素晴らしいこと。これだけ完成度の高いオランダ人が日本のオペラハウスで聴ける/見ることができる幸せをかみしめる思いで全曲を堪能した。

 ソロは特にゼンタとオランダ人が素晴らしい。ゼンタは2013年のバイロイトの公演(ティーレマン指揮)でも歌っていた。これはテレビでも放映されていて私もみたが、彼女のゼンタは素晴らしい。ただ演出がまあ思い出すのも腹立たしいほどひどいのでちょっと気の毒だった。あの寛容なバイロイトの聴衆からも相当ブーイングが飛んでいたくらいだった。彼女はペンキを体に塗りたくったりしてとにかく汚らしかった。まあこれは余談。
 今日の公演で印象に残ったのはやはり2幕のゼンタのバラード。これは救済者としての決然とした意思を感じさせる歌唱で感動的。そしてもう一つは同じく2幕のオランダ人との2重唱、そして幕切れの3重唱、どれも見事な歌唱だった。彼女でクンドリーなど聴いてみたいなと思わせる歌唱だった。彼女は過去新国立でローエングリンのエルダを歌ったがこれもとても熱唱だった。
 オランダ人は新国立でもおなじみのヨハネスマイヤーで、1幕の少々退屈なモノローグも全く飽きさせず、聴衆を引き込む立派なもの。2幕の2重唱、3幕の3重唱も誠に感動的だった。ダーラントは品のない男と描かれやすいが、今日は娘思いの人の良い男といった役どころを歌い上げていた。新国立ではドンカルロのフィリポ2世を歌った公演を聴いたが、あの時よりも今夜のほうがずっと嵌まっていたように感じた。
 シュテ―クマンの演出に納得がいったのはこれか歌手たちの熱唱があったからだろう。やはり演出と音楽/歌は一体なのだと云う事を改めて教えてもらった公演だった。演奏時間は140分だった。

2015年1月24日
於:オーチャードホール(1階22列右ブロック)

山田和樹/日本フィルハーモニー交響楽団
       マーラーチクルス(1)

武満 徹:オリオンとプレアデス(チェロとオーケストラのための)
     チェロ:菊池和也

マーラー:交響曲第一番「巨人」(ハンブルグ稿、花の章付き)

今日から3年をかけて9回のコンサートでマーラーの交響曲全曲を演奏する、山田和樹のチクルスが始まった。彼の演奏は昨年ベートーベンを聴いてえらく感心をしてしまったので全曲を聴く予定である。
 今日はその第一弾である。
 カップリングの武満の曲は静かで美しい曲だが、聴いているといつも同じところを演奏しているように聴こえて、だんだん飽きがくる。昨夜の一柳の曲もそうだが、どうもこう云う曲は拒否反応のほうが先に来てしまう。名曲なのだろうけれど私には無用の音楽だ。山田がなぜ武満とマーラーをくっつけたのか今一つよくわからない。今夜のマーラーの曲は短いから良いけれど、2番以降は皆長尺ものなのにもかかわらず、武満の曲を先にやってからマーラーに入る予定になっている。マーラーの大曲は一発勝負にしてほしい。聴いている方もそう集中力は持続できないのだから!

 マーラーは期待にたがわず素晴らしい演奏だった。彼のベートーベンと同様、どちらかというと溌剌として、すっきりと爽やかなマーラーである。独墺系の重厚な音楽としては聴かせてくれない。全体としては音楽の流れは至極自然であり、昨年フィラデルフィア/セガンで聴いたような悪く云えば人工的なわざとらしい仕草はほとんど感じられない。もちろん皆無ではないけれど!
 1楽章の導入の部分は無理に深刻ぶったりしないのが良い。主題の流れも自然である。木管への指示が丁寧なのがよいのだろうか、木管の音が何時になく耳に入ってくる。終結部の爆発はまさに青春の爆発である。2楽章は通常と異なり決定稿ではカットされた「花の章」である。この短い楽章は若者のため息の様なやるせない音楽で、すこぶる美しい。トランペットで奏される主題の美しさは何とたとえよう。ただ4楽章形式に慣れた耳にはこの楽章はちょっと違和感を感じる。なぜ花の章つきにして5楽章で演奏したのかは定かではない。3楽章のスケルツオは決して性急にならないのが良い。中間の歌謡風の旋律は少し濃い表現になっている。4楽章は前の4つとは異なり少しテンポの揺らぎと云うか、音楽の表情が濃くなっている部分と、自然な流れの部分とが混在しており、少々居心地が悪い。
 最終楽章はクライマックスだけあって力演が聴けた。ここでは全体に緩急をつけたりして、自然な流れに味付けをしているが、セガンがやっているような、ハチャメチャ感がない。この若さなのだからもう少し羽目をはずしても良いのではないかと思うくらいだ

 この曲を聴いていて思い出したのは小澤征爾がボストンを指揮した録音(1977年録音)だ。やはり花の章付きである。小澤のマーラーは全く自然である。特に4楽章までは物足りないくらいだ。そこが彼のマーラーへの好き嫌いの分かれ目だろう。わずかに今日の山田と同様5楽章で荒れ狂うが、それでも大人しい。バーンスタインや最近のインバルの録音や、ホーネック/ピッツバーグの個性的な録音と比べるとすっきりさわやかし過ぎているように感じる。でもバーンスタインを聴いていると、たまには小澤のすっきりしたマーラーもいいんじゃないかと思って聴きたくなるのだ。小澤の「復活」も良く聴くがこれも同系で、私はとても好きな演奏だ。山田のマーラーが今後どう云うようになってゆくか、3年で変化してゆくのか、興味津津である。

 今日の演奏を聴いていて一つ感じたのは全体の印象は大雑把にいえば上記のとおりであるが、それに加えて云えば、なぜだかよくわからないが、もどかしさを感じたのである。それは日ごろなじみのないハンブルグ稿のせいかもしれない。しかしもう一つ上げれば山田のマーラーにはまだ実は固まっていない部分があって、その部分に違和感を感じたのではないかと云うことである。たとえば今日の演奏で云えば4楽章。最初のコントラバスの「マルティン君」の主題から、おどけた木管の演奏、これは非常に気まじめに奏されていて、森の動物たちの葬送行進には聴こえない。バーンスタインの旧盤などでは実にグロテスクで不気味にやっている演奏もあったりして、ここは指揮者の腕の見せ所でもあるわけだけれど、山田は至極さらっとやっている。それが嫌なわけではなくそういうスタイルなのだろう。しかしその後のレントラー舞曲風の主題はうって変わって濃厚な表情になっているのである。この変化にちょっと驚いてしまった。しかしその後のさすらう若人の歌の4曲目の引用では、その表情は消えてまた淡々とした音楽になってしまうのである。これは意図的に行われていたのか、それとも私の過剰反応なのかはさだかではない。今後の演奏でどう云うスタイルを見せてくれるのか非常に楽しみである。いずれにしても若干36歳の挑戦見守ってゆきたい。
 久しぶりに日本フィルの演奏を聴いたが、金管が昔に比べれば数段うまくなっているように感じた。むかしマーラーの三番を日フィルで聴いて、金管が外しっぱなしなのでがっくりきた記憶があって、日フィルの演奏会はあまりゆかないようにしているがちょっと考えなおした。弦は昔はもっとキンキンしていたがこれもしなやかになっていて驚いた。ただ独墺系の音楽にしては比較的軽めの音なのは指揮者の意図なのか、日フィルの持ち味なのか定かではない。

2015年1月23日
於:サントリーホール(1階17列中央ブロック)

東京都交響楽団、第783回定期演奏会Bシリーズ
指揮:ハンヌ・リントゥ
チェロ:ピーター・ウィスペルウェイ

シベリウス:交響詩「夜の騎行と日の出」
ルトスワフスキ:チェロ協奏曲
一柳 慧:交響曲第九番「ディアスポラ」

いずれも初めて聴く曲ばかり。初めて聴いてその曲は素晴らしいとはなかなか言えない。
特にこういう現代の音楽はそうである。そうでなくともクラシック音楽はある程度ききこんでゆかないと良さがなかなかわかってこないというきらいがある。これは私の場合だが!例えば子供の頃聴いた私のクラシック開眼曲のドボルザークの「新世界より」はご多分にもれず2楽章のあの有名なイングリッシュホルンで奏される主題に魅了されたわけだ。さらに3楽章のスケルツオは映画「荒野の七人」のタイトルバックに流れた音楽に似ているので妙に気にいってしまった。まあこういうように、あたかも細胞が増殖するように音楽に浸透してゆくのが、私のクラシック音楽へのアプローチである。70歳近くなったいまでも同じである。ただ浸透するスピードが遅くなってきたので一曲を楽しめるようになるまでの時間が長くなってきたのが少々つらい。まあこれは余談。

 シベリウスの曲はちょうど三番の交響曲を書いている時に作られたそうだ。今日聴いた3曲のなかでは最も入りやすかった。ただ冒頭馬の蹄のようなパカパカ云う音が数分連続したのには面喰ったがそれが途切れて木管が入り、次第にオーケストラがシベリウスらしく拡がってゆくのを聞いてほっとした。夜から日の出に移るこの音楽の美しさはシベリウスの七番の交響曲を彷彿とさせる。都響の作る音の自然で、滑らかなこと。この音に浸れるだけで今日は十分と思わされるくらい素晴らしい。弦がしなやかのこと、金管が全くうるさくなくしかも力感に欠けていないことは特筆すべきことだ。

 ルトスワフスキの曲はロストロポーヴィッチの委嘱で1970年に作曲されたものだ。これも最初ソロで「レ」の音が延々と続くので面喰ってしまう。指定では何回反復するかは独奏者に任されているとのことだ。一応15回から20回と指定されている。暫く数えたが途中でわからなくなった、おそらく20回くらいだろう。この間オーケストラは沈黙を保つ。やがて金管がうごめきだす。プログラムによるとチェロソロは作曲者、金管はナチスや共産党、そしてその他の楽器は日和見派を指すのだそうだ。まあそういうかなりメッセージ性の強い作品のようだ。チェロの独奏の超絶した演奏に驚くばかりだが、楽しめたとは云えない。最初はそういう出だしなので面白いと思ったが、だんだんと飽きてきてそのうち全く集中できなくなった。冒頭の「レ」以外ほとんど記憶がない。アンコールはバッハ。無伴奏のチェロ組曲二番からサラバンド。冒頭「レ」の音がまた続いたのであれまたルトスワフスキをやるのかと思ったら、バッハだったという次第。お遊びだろうか?至極真面目な顔で演奏していたから何か考えがあったのだろう。このチェロの豊潤で滑らかな音は印象的。

 一柳の曲は都響の委嘱で作曲したもので今夜が初演である。初演に立ち会うことができたことを喜ぶべきだろうか?プログラムでは作曲動機が戦争とあるからこれもかなりメッセージ性が強い作品の様だ。公演前の評論家片山氏と一柳氏のプレトークではフクシマもモチーフにあるようなことを云われていた。これはちゃらんぽらんに聴いていたので間違っているかもしれない。4楽章形式だが記憶にあるのは4楽章の音の洪水だけだ。それはちょうど絵画で云えばキャンバスにいろいろな色を塗りたくってどの色だかわからないようになってしまった、そういう絵を見ているような気分だ。いろいろな音が重なり混ざり合って何か渦巻きの様にぐるぐる回っているような音楽で至極居心地が悪い。これが延々と続く。この音楽が戦争や災害による混沌を表わしているのならなるほどと思うが、果たしてそのようなものを音にしてどこがおもしろいのか私にはわからない。全体に都響の熱演をほめるべき公演だった。

2015年1月20日

「ゴーンガール」、フィンチャ―監督、ベン・アフレック主演
前回のブログで見たい映画はないと書いたが、この「ゴーンガール」は久しぶりに面白い映画だった。フィンチャ―監督の一ひねりもふたひねりもした作りがきいている。ギリアン・フリンの原作は読んでいないがうまく翻案してあるのだろう。あまりに展開が想像外だったので、もう一度この話を小説でなぞるのがしんどいので、暫くおいてから読んで見るつもりである。
 ミズーリに住むニック・ダン(アフレック)とエイミー・ダン(パイク)は子供はないがアメリカのまずは幸せな、典型的な夫婦だ。エイミーはちょっとした有名人で、二人は文筆で飯を食っていた。ある日突然エイミーが失踪してしまう。ニックには心当たりがない。警察は失踪の経緯から不信の念を抱く。映画の大半はニックとエイミーの両サイドからみた失踪の背景を描いている。
 、もちろん、サスペンス仕立てのこの失踪話は面白く、最後まではらはらしてしまうが、この本線に絡む、例えばマスコミの狂奔ぶり、マスコミに煽られる一般大衆、女キャスターのいやみっぽい芝居、アメリカの地域社会の思いのほかの狭さ、売名弁護士、優秀だがマスコミや大衆に踊らされる刑事などなどそれぞれを切り取ると、本線と同じくらいに面白い。しかもこういう横線は本線の邪魔になっていないところが技だろう。しかしもっとも怖いのは典型的なというか理想の夫婦というものがいかなるものなのか考えさせられるところだろう。これ以上は書けないが! 
 キャスティングの素晴らしさも特筆すべきことだ。主演のアフレックも良いが、エイミー役のロザムンド・パイクの「ゆりかごを揺らす手」のレベッカ・ディモーネイを思わす演技もみどころ。その他女刑事、ニックの双子の妹など脇役陣が皆素晴らしいので映画全体が実にしまって見える。長尺ものだが全く時間を感じさせなかった。こう云う映画があると又見に行きたくなる。

「パークランド」
原題は4days in november。云わずと知れたケネディ暗殺を描いたものだ。小説の映画化である。ケネディ暗殺~4日間の関係者を克明に描いたものだ。パークランドはケネディが担ぎ込まれた病院の名前である。
 映画にはザプルーダーフィルムで有名なザプルーダー、ダラスCIA支局長、ダラスFBI支局員で犯行前にオズワルドと接触したホスティ、オズワルドの兄、母親、病院の医師キャリコなど、いままでいろいろな映画で描かれたこの事件にあまりでてこなかった人々に焦点を当てているところが面白いところ。オズワルドの埋葬シーンで終わると云うのも印象的である。ケネディものでは異色の佳作である。(以下レンタルDVD)

「ワンチャンス」、ジェームス・コーデン主演
携帯ショップの店員からオペラ歌手に上り詰めた、ポール・ポッツの物語。実話に基づく話だそうだ。
 こういう立身出世物語は大体がハッピーエンドなので見終わった後なんとなく爽やかである。声は綺麗だが、いざと云う時に実力を出せないポッツ君、パヴァロッティの前で歌う機会を得たにもかかわらず上がってしまいまともにうまく歌えずじまい。それがトラウマになってしまう。伴侶や友人に励まされ英国のスター誕生コンテストでワンチャンスをものにする。ポッツの歌声は爽やか、本来のオペラ歌手の力には欠けるようだが、ものすごくCDが売れたらしい。

「ヘラクレス」
こう云う映画は好きなものだから、つい見てしまう。ヘラクレス伝説と云うのは知っているようで知らないということがよくわかった。ただこの映画はティリンス王の暴政から民衆を解放する救世主として扱われている。それが伝説かどうか私にはわからないが、まあ底の浅い話に仕立てられている。この映画の全体の作りはことほどさように安っぽくできている。CGと3D映像にたよる子供だましのテクニックは興ざめである。特に戦いのシーンは劇画っぽく、スローモーションの多用が煩わしい。

「神聖ローマ帝国、運命の日、オスマン帝国の進撃」
イタリア/ポーランド合作映画。1683年9月11日(これも9・11、偶然だろうか?)、ウィーンは30万人のオスマン帝国軍に包囲される。これは包囲されるキリスト教連合対オスマントルコ、イスラム帝国との激突である。歴史にあるようにオスマン帝国はウィーンを占領してローマを目指す計画であったが、結局はポーランド国王らの奮戦で撃退されてしまう。この映画の面白いのは両サイドの人物からみたこの事件を描いていることであろうか?キリスト教側は修道士マルコとソビエスキポーランド国王であり、イスラム側はオスマン帝国の大宰相とマルコの友人で宰相の副官らしき役目を与えられる男である。そういう観点から見ると良く考えられているが、問題は映像が至極安っぽいこと。戦闘シーンでは30万人なのに映像には数100人ぐらいしか映っていなかったり、ちょっとしょぼい。それと俳優たちが今一つさえない。もう少しきちんと作ったらもっと面白い映画になった様に思った。ちょっと残念である。

2015年1月16日
於:NHKホール(1階18列中央ブロック)

NHK交響楽団、第1800回定期演奏会Cプログラム
指揮:ジャナンドレア・ノセダ
ヴァイオリン:ジェームズ・エーネス

リムスキー・コルサコフ:組曲「見えない町キーテジの物語」
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第二番
ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲「展覧会の絵」

1曲目は初めて聴く曲だ。13世紀、タタールの侵略をうけたキーテジの町と聖女フェヴローニャの物語だそうだが、なじみのないストーリーである。ロシア風の旋律は魅力的な部分もあるが、全4曲のうち1曲目の途中で飽きが来てしまい睡魔に襲われてしまった。
新しい音楽に対する感性が鈍くなったのが悔しいが、まあ年のせいにしておこう。

 プロコフィエフは2楽章の夢を見ているようなアンダンテが素晴らしい。まあ自分がこの部分が好きだということもあるのだろう。プロコフィエフは私には極端な人で、2~4番のような交響曲を書いたと思ったら、「ロミオとジュリエット」のような非常に分かりやすい、美しい旋律の音楽を書く。この協奏曲は後者の例だろう。2楽章はあたかもロミオとジュリエットの一節のように思えるエーネスと云う人はカナダ人でまだ40歳前の若い人だ。ストラディヴァリウスを弾いている。余談だが、こういうコンサートに出てくるヴァイオリニストの多くはストラディヴァリウスを使用しているが、一体世界に何丁あるのだろうか、いつも不思議に思う。
 さて、彼のヴァイオリンは美しいが輝かしくはない。あたかも上質のビロードのように滑らかに聴こえる。こういう音だと果たして会場のすみずみまで音が浸透するのかちょっと心配になる。オペラシティとかサントリーホールなどで聴いた方が真価がでるのではと思った。緩徐楽章である2楽章とても美しく感動的ですらあるが、いまひとつ鋭さと云うか、きりっとした趣が欲しいとも思った。3楽章の後半の超絶技巧の部分なども呆気にとられるくらいすごいが、もう少し音の浸透度が高ければなあとないものねだりをしてみたくなる。彼は室内楽をやっているそうだが、おそらくしっとりとして素晴らしいものだろうと思った。アンコールはバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ三番から4楽章。

 ノセダという指揮者はトリノオペラの来日公演でおなじみだ。私も何度か聴いているが、いまひとつすっきりしない。何年か前のボエームなどももう少し何とかできそうなものにと、隔靴掻痒の感を禁じえなかった。彼は非常に歌手に優しいのだろうと思う、だからいつも歌手に寄り添うように音楽を作ってゆくように感じられるのである。そこが私には食い足りないところだった。今夜初めて彼のオーケストラコンサートを聴いて、これはちょっと違うなと感じた。この屈指の名曲である「展覧会の絵」がかくのごとく劇的に鳴り響いた演奏というのは記憶にない。要するに各曲が単なる絵ではなく、それぞれがドラマなのである。一番わかりやすいのはブィドロやサミュエル・ゴールデンベルクとシュミュイレだろう。ここでの音楽の緩急・強弱の対比が全体の起伏の大きさを感じさせ、劇的効果をもたらしていると思う。バーバー・ヤガー~の前進力、カタコンブの沈み込むような不気味さ、古城の霞のかかったような色彩感などすべて素晴らしい。もちろんキエフの大門でのスケールの大きさは云うまでもないだろう。これからも注目すべき指揮者だと感じた。

↑このページのトップヘ