ぶんぶんのへそ曲がり音楽日記

オペラ、管弦楽中心のクラシック音楽の音楽会鑑賞記、少々のレビューが中心です。その他クラシック音楽のCD,DVD映像、テレビ映像などについても触れます。 長年の趣味のオーディオにも文中に触れることになります。その他映画や本についても感想記を掲載します。

2014年06月

2014年6月28日
於:新国立劇場(1階19列右ブロック)

プッチーニ「蝶々夫人」、藤原歌劇団公演
指揮:園田隆一郎
演出:粟國安彦

蝶々夫人:山口安紀子
ピンカートン:笛田博昭
シャープレス:谷 友博
スズキ:松浦 麗
ゴロー:小宮一浩
ボンゾ:安藤玄人
ヤマドリ:江原 実
ケイト:吉村 恵

合唱:藤原歌劇団合唱部
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

今年の4月に二期会の素晴らしい公演を聴いたばかりなのに、また蝶々さんを聴くなんて物好きだなあと思いつつチケットを買ってしまった。二期会×藤原の勝負いかに?ちょっと不謹慎でした。
 藤原の今回の公演は全て日本人による公演である。藤原はよくメインキャストに海外から人を呼ぶ。今年の後半にボエームをやるが、フリットリを呼んでいるのはその一例。今回の日本人たちによる公演、藤原歌劇団80周年記念公演で、藤原の看板の出し物の蝶々夫人、二期会と甲乙つけがたいできで、大いに感銘を受けた。敢えて云えば歌手のばらつきのなさでは藤原、指揮者の面白みでは二期会と言ったところだろうか?ただ決して園田の指揮が凡庸とは云っていない。スタイルの違いである。

 演出は1984年の粟國安彦のプロダクションで今日まで引き継がれている。二期会の栗山のものと同じくト書きをベースにきめ細かい日本風の演出である。美術の川口も非常に美しい舞台で、1幕の幕開けでは思わず観客からオーいう声がでたくらいである。二期会と同様舞台は桜で飾られていて華やか。左手に蝶々さんの新居の一部、右手には東屋、中央には朱塗りの橋。蝶々さんたちはこの橋を渡って登場。舞台中央には広い縁台のような舞台があり、1幕の大半はこの上で行われる。2幕は中央から右手に蝶々さんの居間、左手奥には渡り廊下があり、子供部屋、寝室などに通じている。ここも桜に彩られていて美しい。1,2幕とも舞台奥には大きな長崎港の絵図が壁画のように描かれている。2幕の花の2重唱からハミングコーラスまでの美しさは2期会同様。息をのむような照明効果。3人のシルエットが障子に移る姿も心に残る。幕切れの蝶々さんの自決シーンは子供を前に「可愛い坊や」を歌う。子供は人形と星状旗をもって、スズキに連れられて旗を振りながら自分の部屋に戻ってゆく。蝶々さんは衝立の蔭に隠れて自決。ピンカートンは声だけ聴こえ、蝶々さんはそれに応えるように、衝立にもたれるが、最後は力尽きて倒れる。この最後のシーンでは子供は出てこない。印象深い幕切れで、歌とともに感動を呼ぶ舞台だった。とにかく、読み替えもないまっとうな演出で、終始安心して音楽に浸れるこの安心感は何物にも代えがたい。

 歌手たちはばらつきがなく、非常に安定したキャスティングだった。
まず蝶々さん、1幕は抑え気味なのだろうか、登場の場面はさらっと終わり肩すかし。慣習的な最高音もカット。愛の2重唱も今一つ華やかさに欠けた。彼女の持ち味は他を圧する声ではなく、きめ細かな表現力だろう。そういう意味では2幕にこそ彼女の本領を感じた。特に1場ではシャープレスの手紙を読む場面や、子供を前に歌う「母さんはお前を抱いて」、「ある晴れた日に」など、細やかな表現が素晴らしい。1幕では抑え気味だったように感じた声も2幕では解き放たれたように伸びやかになったのも印象的。2場の可愛い坊やの歌唱も素晴らしい。これらの場面ではもう涙なしには聴けなかった。
 ピンカートンは朗々とした声で、他を圧した。しかも力みがなく軽やかに素晴らしい声がでてくるので驚きだ。1幕からエンジン全開で魅力的な声を聴かせた。ただ1幕では園田との呼吸が少しずれたように感じたし、素晴らしい声が全域ではなく、わずかながらばらつきを感じた。2幕2場の「さらば愛の家」は熱唱。1幕の愛の2重唱は蝶々さんが従かと思うくらい存在感があった。将来楽しみなテノールだ。
 シャープレスはまさにやさしい、温厚な性格そのものの歌唱で、2幕1場、2場とも感動的な歌唱。スズキは特に2幕2場の所作と歌唱が印象的。ゴローはちょっと演技がうるさいが、コミカルな役どころを無難に演じていたし、ヤマドリは如何にもお大尽風の歌唱で、主役から脇まで隙がなかった。

 園田はもう藤原の座付き指揮者の様で、おなじみである。彼の特質は歌手に歌わせるのがうまいということである。歌手に寄り添う指揮とも云えようか?1幕はそういう云う意味で少々大人しく、物足りない。合わせ過ぎか?もっともこの幕はイントロみたいなもので、あまりドラマがない。それに蝶々さんはまだ15歳ということもあって、全体に初々しさを出そうとしたのかもしれない。ただ好みを云えば蝶々さんの登場シーンは1幕の最大の見せ場。これが如何にも淡白で歌手ともども、さらさらさらと終わってしまったのは寂しかった。愛の2重唱も歌手の問題もあろうが、情熱のほとばしりの様なものはあまり感じられなかった。まあ全体に安全運転。
 しかし2幕になると、オーケストラは目を覚まし、存在感を発揮する。例えば蝶々さんが子供を抱いて登場する場面や、ピンカートンの船が入港したことを喜ぶ蝶々さんとスズキの場面の高揚感などがその例で、素晴らしい。ただ2場の間奏曲などは少々淡白、二期会のような泣き節も凄いが、もう少し身をよじるような切なさをオーケストラで表現してもらいたかった。2場全体は非常に劇的な表現が印象的だった。

 初台の駅はいつものオペラの公演時と違って、異様に人が少なく、時間を間違えたと思ったくらいだった。しかし開演直近にはほぼ満席。ただ私の周りの席はほぼ全員タダ券(招待券)客の様で眠らないか心配だとか、何時に終わるのだろうとかそんな話が飛び交っていた。まあいつものオペラの日とは異なる雰囲気で1幕は落ち着かなかった。2幕以降は作品に引きずられあまり気にならなかった。

 藤原の今日の公演はトリプルキャストの2セット目である。しかし蝶々さんが3人で、それぞれ一日しか歌わないというのはいかがなものだろうか?岡山藤原歌劇団総監督はこう云っている「今回はトリプルキャストなので三人の蝶々さんがどのように演じるかとても楽しみです」。これは何か変ではないだろうか?私たちは3日続けてこの公演を聴くということはできない、3日聴けるのは関係者くらいではないか?それなのに「どのように演じるか楽しみ」というのは、聴き手無視の発想ではないか。私たちは3人のうちの一人しか聴けないのである。今日の演奏より昨日のほうがよかったのかもしれないし、明日のほうがもっとよいかもしれない。でも私たちにはそれはわからない。これは何かおかしい発想だと思う。新国立はダブルキャストをやめてしまった。そろそろ藤原や二期会もこういう顔見せみたいな公演はやめたらどうだろう。〆

2014年6月25日
於:浜離宮朝日ホール(1階18列右ブロック)

ヴァレリー・アファナシエフ、来日公演
シューベルト:3つのピアノ小品(D946)
シューベルト:ピアノソナタ第21番(D960)

2011年11月7日の内田光子来日公演以来のシューベルトである。その時のブログにも書いたことだがシューベルトのピアノ曲を知ったのは内田の全8枚のセットのCDによってである。それ以来シューベルトのピアノ曲はいろいろなCDを聴いてきたけれども、やはり最後は内田に帰ってくる。それほどこの演奏は私の脳髄に刷り込まれている。
 今夜のアファナシエフのシューベルトはその演奏とはあまりにかけ離れているので戸惑いを感じたと同時に、こういうシューベルトの世界があるのだということを再認識したという意味で私のシューベルト鑑賞史で特筆すべきものであった。
 まず3つの小品である。1曲目はA-B-A-C-Aという構成の曲。別にA-B-Aという版もあるそうだが、アファナシエフも内田も前者の演奏である。Aの部分アファナシエフはまるでライオンが獲物に襲いかかるように鍵盤をたたく。ここでまず面喰う。時々音楽が止まるような仕草をして髪に手を当てる。これは癖なのだろう。数えてはいないがかなりそういう場面がある。さてBアンダンテ,Cアンダンティーノになると音楽はものすごくしなやかに優しくなる。先日のモーツァルトの協奏曲のように手は蝶のようにひらひら舞いながら鍵盤に落ちてくる。この2つの部分はものすごく遅く、しかもあまりスムースに流れない。でもその音楽の流れるままに身を乗せるとなんとも居心地がよい。この1曲目はなんと12分50秒かかっている。内田は9分30秒である。1曲目からもうくたくた。
 2曲目は更に素晴らしい。この曲は2つのエピソードからなっている。最初のは歌謡風の素敵な音楽。アファナシエフの凄いのは2つ目のエピソードだ。ここはまるで別の曲を聴いているように遅い。このエピソード、冒頭のつま先立ちの様な音楽の後の後半の部分は、昔聴いたことがあるけれど思い出せない、何かとても懐かしいそういう音楽。その部分は音楽は止まってしまうくらい遅いが、寂しいというより、懐かしくて胸が締め付けられるようだ。この楽想が4回演奏されるが、全部違うように聴こえるのが不思議だ。特に3回目はぞくぞくするくらい美しい。
 3曲目は煌めくピアノが印象的。一気呵成に音楽が進む。ショパンの24の前奏曲のようだ。3曲全曲で35分弱の演奏だった。

 21番のソナタもものすごく遅い。演奏時間はおよそ50分である。1楽章の提示部から異様な遅さだ。これはただ遅いのではなく音楽がプツプツ切れて、流れないからかもしれない。内田の2011年の演奏の時に私は「1本の糸が切れ目なく続く」とブログに書いたが、アファナシエフは1本の糸のようには聴こえない。まるで一つ一つの楽想がモザイクのようで、それを継ぎ足して一つの流れにしているように思われた。私の好みはやはり流れた方が良いのだが、アファナシエフのこの演奏も捨てがたい。なぜならもしかしたら作曲した時のシューベルトの心情もこのようだったかもしれないと思わせるような説得力のあるものだからだ。
 2楽章は素晴らしく清澄で美しい。しかしここで印象的だったのは中間の「一筋の日が一瞬煌めく」そういう音楽が、アファナシエフでは「燦々とした陽光のよう」に感じられたことだ。これはその前後の音楽があまりにも深く、ダークな世界に沈み込んでいたからではなかったろうか?
 3楽章のスケルツォは文字通りだが、音楽が全体に軽くないのが自分の耳には新鮮だった。中間のトリオの部分も全然優雅さが見られない。
 4楽章は軽快で快速、1~2楽章の音楽と別物のように感じられる楽章だが、ここでのアファナシエフには軽快、快速というものには縁がない。むしろ部分的には重々しさというか物々しさが感じられた演奏だった。
 前後半のプログラムを弾く人も大変だろうが、聴くほうもくたくたであった。アンコールがあったかは知らない。このようなプログラムの後、どのような曲も聴きたくないからすぐ退席してしまったからである。〆

2014年6月25日
於:サントリーホール(1階17列中央ブロック)

東京都交響楽団、第773回定期演奏会Bシリーズ
指揮:ヤコブ・フルシャ
ピアノ:ピョートル・アンデルシェフスキ

オネゲル:交響的楽章一番「パシフィック231」
バルトーク:ピアノ協奏曲第三番
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」

フルシャの若きエネルギーを感じた公演。オネゲルは昔アンセルメのレコードで聴いたことがある程度。都響の低重心の音が快い演奏だった。
 バルトークは最晩年の作曲だそうで未完のものが補筆されて完成されたという。これは全く初めての曲で3楽章の超絶的なピアノに圧倒された。2楽章のアダジョはモーツァルトの27番のピアノ協奏曲に通じる混じりけのない透明感が印象的な曲だ。アンコールはバルトークの3つのハンガリー民謡とバッハのフランス組曲5番からサラバンド。透明なピアノのタッチが魅力的だった。

 春の祭典は聴きもの。20世紀初頭の曲だから現代音楽と思ってしまうが、初演されてから100年もたっているのだ。例えは悪いが100年というのはベートーベンやシューベルトとマーラーとの差なのだ。だから今日の演奏のように古典を演奏しているような錯覚に陥ってしまうのは自然のことなのだろう。昔ブーレーズがコンサートホールからだした衝撃的なこの曲のレコードはたしか1960年代。あれからこの曲の演奏史が変わったようにも思うが、最近ゲルギエフの演奏をCDで聴いてまだまだこういう荒々しいロシアの大地を感じるような演奏があるようなのが新鮮に感じた。
 フルシャの今日の演奏はそういうロシアの土臭さはあまりなく、むしろ管弦楽曲を純音楽的に再現してくれたように感じた。その切り口の演奏は最近の一つのスタンダードのように思うが、これはこれでとても素晴らしい。都響の実力はインバル/マーラーチクルスで十分証明されているが今夜もそうでフルシャの棒に実にアジャイルに反応していたのが印象的。1部、2部とも序奏の木管たちの繊細な反応はさることながら、「敵対する町の遊戯」や「大地の接吻~踊り」、2部の「祖先の呼び出し~いけにえの踊り」など痛快の極みである。久しぶりにすかっとした春の祭典だった。演奏時間は33分強。

2014年6月21日
於:トリフォニーホール(1階20列左ブロック)

新日本フィルハーモニー交響楽団、第526回定期演奏会
指揮:ダニエル・ハーディング
ヴァイオリン:イザベル・ファウスト

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
ブラームス:交響曲第四番

昨夜はオールモーツァルト、今日はオールブラームス。大曲2曲の重量級プログラムだ。
イザベル・ファウストはおそらく世界でも指折りの目覚ましい活躍をしているヴァイオリニストだろう。活躍しているヴァイオリニストはどういうわけか女性が多い。ヒラリー・ハーン、リサ・バティアシビリなどがその例。日本でも庄司などがその例だ。
 今日の演奏はファウストとハーディングが見事な音でつづるダイアローグの様なもの。特に2楽章が圧倒的に素晴らしい。冒頭のオーボエは決して明快ではなく、なぜか訥々としている、そこへファウストのヴァイオリンが静かに入ってくる。ここからハーディングとファウストの対話が始まる。時には止まってしまうようなところもあるが、お互い顔を見合わせて、又静かに始める。この部分は静かだけれどとても印象的だ。途中お互いの心がざわめくような部分があって、更に最後にわずかに気持ちが高揚して閉じる。なんと素晴らしい表現だろう。このようなブラームスは初めて聴いた。両端楽章はめりはりが聴いたもの。特に1楽章は2つの主題の表現の落差が大きく、聴いていてスリルすら感じる。3楽章は明るく、スケール大きく音楽が進むが、最後でテンポを落とす部分のヴァイオリンの名残惜しそうな音。今まで聴いたヴァイオリン協奏曲では屈指の演奏だと思った。
 演奏時間は37分強。なお、カデンツァはブゾーニのもの。プログラムに解説してあるのはうれしい。昨夜のアファナシエフの演奏のカデンツァはモーツァルトだったのかよくわからなかったが、明記していただけると嬉しい。新日本フィルのプログラムは在京オーケストラではわかりやすさベストである。
 1楽章の終わりにブラボーがでたが、これは確信犯だろう。アンコールはバッハの無伴奏ソナタ3番からラルゴ。これは蛇足。

 ヴァイオリン協奏曲に比べると四番の交響曲はハーディングにしては切れ味乏しく退屈な演奏だった。特に2楽章、寂しさのかけらも感じさせない。音楽はただ流麗に流れるだけである。4楽章の変奏曲の前半も同じ。音楽は美しく流れるが胸をうつものに乏しい。1楽章の入りはゆったりしてなかなか良いが、音楽は美しく流れる一方、なぜかぎくしゃくして進み、とても居心地が悪い。コーダでむやみに煽るのは首尾が一貫していない。煽ったり抑えたり何か思いつきのようにさえ感じる。オーケストラもいつになく腰高の音でこれも落ち着かなかった。演奏時間は43分強。〆
 

2014年6月20日
於:サントリーホール(1階20列中央ブロック)

読売日本交響楽団、第572回サントリーホール名曲シリーズ
指揮:円光寺雅彦
ピアノ:ヴァレリー・アファナシエフ

オール・モーツァルトプロ
歌劇「後宮からの誘拐」序曲
ピアノ協奏曲第九番「ジュノム」
ピアノ協奏曲第27番
交響曲第31番「パリ」

久しぶりのオールモーツァルトプロだ。この数年では3回ほどしかない。もう少しモーツァルトは演奏されても良いと思うのだが!特にピアノ協奏曲が聴けるコンサートは少ないように思う。例えばこの数年でブラームスのピアノ協奏曲第一番は2回ほど聴く機会があったが、例えばモーツァルトの有名な20番や24番などは一度しかないのはおかしいのではないかと思う。まあ余談です。

 さて、最初の序曲。次のジュノムの3楽章に合わせての選曲かなあ、と思わせるくらい良いカップリング。このトルコ風の音楽が今夜は随分大人しく。整然と並んだ行進曲の趣。きちんとしているのは良いのだろうが、もう少し暴れても良いのではないだろうか?

 ジュノムはモーツァルト21歳の作品。2楽章が素晴らしかった。アファナシエフの蝶のように舞うひらひらした指が鍵盤の上に乗るたびに、素晴らしい音楽が飛び出してくる。身をよじるほど切なく、美しい。オーケストラのサポートも余計な事をしていないだけに、ピアノの存在感をくっきりとさせていて好感が持てた。まさにピアニストにすり寄った協奏だった。テンポは今まで聴いたことのないくらい遅いが、決して退屈にはならず、ずっと続いて欲しいと願ったくらいだった。3楽章のコミカルな音楽は文字通りにはならない。特に中間の唐突に表れるメヌエットは単純な舞曲では終わっていないような気がした。演奏時間は36分強。

 27番はジュノムとの作曲年の差を大きく感じさせる演奏だった。この力の抜けた、淡白な演奏は27番が持つ本来的なものなのだろうか?音楽は終始透明でまるで透明度の高い湖をのぞいているように聴こえた。テンポは全体に緩やかだが、それもこの曲の特質を生かしているように思った。3楽章は特に印象的で、ひらひらと舞うアファナシエフの指がさっと鍵盤の上を駆け抜けると、きらきらとした音楽が立ち上がるという按配で、心に残った。モーツァルトの最後のピアノ協奏曲、ジュノムの様な衒いを感じさせるものとは一線を画した、恬淡とした音楽ように感じさせた演奏の様に思った。演奏時間は33分強。

 パリはモーツァルトがパリで大成功をした作品だそうだ。円光寺の演奏は、しかしモーツァルトの一般受けを狙ったようなところを生かした演奏ではなく、あくまでも古典としての端正なたたずまいを見せた仕上がりになっている。序曲で感じた整然とした雰囲気は相変わらずだが、加えて上品な響きが貴重である。ただこう云うスタイルで全曲を貫かれると少々退屈になる部分も出てくるのは聴き手の天の邪鬼さだろう。1楽章のコーダなどは、古楽オーケストラだったらティンパニをもっと盛大に叩き、金管を強調したろう。しかし円光寺はそういう品のないことはやらなかった。読響はモーツァルトの響きに大変ふさわしい音を出しており、全体としては大変良くできた演奏会だったと思った。
 ただ今夜はジュノム2楽章が私のすべてだった。帰りの車中もこの楽章がずっと頭から離れなかった。〆

↑このページのトップヘ