ぶんぶんのへそ曲がり音楽日記

オペラ、管弦楽中心のクラシック音楽の音楽会鑑賞記、少々のレビューが中心です。その他クラシック音楽のCD,DVD映像、テレビ映像などについても触れます。 長年の趣味のオーディオにも文中に触れることになります。その他映画や本についても感想記を掲載します。

2012年05月

2012年5月29日
於:サントリーホール(1階5列中央ブロック)

ハンブルグ北ドイツ放送交響楽団、来日公演
指揮:トーマス・ヘンゲルブロック
ヴァイオリン:クリスティアン・テツラフ

モーツァルト:オペラ「フィガロの結婚」序曲
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
ブラームス:交響曲第一番

今年期待の外来オーケストラの第一弾である。北ドイツ放響は私にとってはギュンター・ヴァントとイコールの存在で、彼らの組み合わせのCDや映像でブルックナーを再発見したといっても過言ではない。今夜のプログラムのブラームスもこのコンビの全集を持っていてよく聴いているくらい。だからもっぱらCDだけれども北ドイツの音は耳に馴染んでいるはず。従って今夜、このヘンゲルブロックという新しい首席指揮者がどういう演奏をするか、どういう音を出すかはものすごく楽しみだった。この指揮者は古楽の出身であり、それがこてこての(?)伝統型のオーケストラをどうさばくかということは大変興味深いことではないだろうか?このように古楽の出身者がモダンオーケストラのリーダーになるのはもう決して驚くべきことではないのだろう。例えばノリントン/シュトゥットガルトのコンビもそうだ。アーノンクールがウィーンフィルを振ったって全く違和感がないのだ。
 さて、今夜の演奏はどうか?一言で言えばハイブリッド型の演奏だと思う。つまり古楽とモダンがミックスされた演奏だ。ラトル/ウィーンフィル、パーヴォ・ヤルヴィ、ノリントン/シュトゥットガルト、がベートーベンでとっているスタイルだと思う。そしてちょっと違うかもしれないがシャイー/ライプチッヒなどもアプローチは一緒だと思う。全体に演奏は細身で軽快、スピード感が重厚さに勝っているというのが共通ではないだろうか?
 今夜のブラームスもその一つの典型かもしれない。全体にテンポが速い。特に1、2楽章がそうだ。緩急つけもかなり大きい。速いところは獲物を追いかける猟犬のごとく音がすっ飛んでくる。たとえば緩やかに始まる3楽章が突如スケルツォのごとく音楽が駆け出す。決して嫌なスタイルではないが、面食らう人もおられるのではないだろうか?4楽章の序奏はものすごく遅い、しかし第1主題がひとしきり奏され、落ち着いたところで、音楽は急加速する。このギアチェンジはヴァント盤でも同じではあるが、ヘンゲルブロックは更に過激である。4楽章のコーダの加速もすさまじい。これは誠に刺激的なブラームスであった。
 しかし、古楽で云われるような薄味感は全く感じられないところが、今夜の演奏の独自性だろう。決して低弦は重厚ではないが、軽くもない、高弦はヴィブラートはかけていたようだが、そのせいか細身ではなく力強い。そして圧巻は金管だろう。4楽章の序奏のホルンの分厚い音はドイツのオーケストラの音だろう。これはなかなか日本のオーケストラには出せない音ではないだろうか?もうひとつティンパニの分厚い響きも音楽をしっかりした支えをしていた。これも日本のオーケストラにないものだと思う。大体日本の指揮者はあまりティンパニを強調しないようにいつも思う。しかし海外のオーケストラではしっかりとした存在感をいつも示している。これは風土だろうか?今夜の公演は、面白い演奏というだけでなく実に素晴らしいドイツの音楽を聴いたという充実感が残る。
 メンデルスゾーンもユニークな演奏。この誰でも知っている名曲をテツラフ/ヘンゲルブロックがどう料理するか興味深いところ。1楽章の冒頭、むせび泣くような主題をヴァイオリンが奏する。素晴らしい音色だ。しかし音楽は決して柔ではない。全曲を25分弱で突っ走る、その疾走感はこの曲の持っているイメージを払拭するものだろう。特に3楽章のスピードと躍動感は圧倒的で、聴いていて体が熱くなるほどだ。この演奏時間調べて見たらあの名演の誉れの高いハイフェッツ盤とほぼ同じだった。圧倒されるわけだ。しかし速さに負けずに、2楽章の柔らかい調べが、十分存在感があったことは、この演奏を味わい深くしている所以だろうと私は思う。
 最初のフィガロは小手調べだが、これも疾走感が素晴らしい。しかし重心がしっかりしているから音楽が前のめり・軽薄にならないのだ。28日の公演ではこれがアンコールだったようだ。
 今夜はテツラフがアンコールでバッハの無伴奏パルティータ三番からガヴォット、ヘンゲルブロックはドヴォルザークの「チェコ組曲からフィナーレ」を演奏。ドヴォルザークはオーケストラを聴く醍醐味満点の圧倒的な響き。決して満席とはいえない入りではあったが、聴衆を大いに湧かせた。
 今夜は久しぶりに前から5列目で、どうなるかと思ったがそう違和感がなかった。全体に我が家の装置で音楽を聴いているように、音楽がストレートに耳に飛んでくる感じで、あるオーディオ評論家が5列目がベストシートだといわれていたのを思い出して、なるほどかと思った。ただ金管は頭の上を越してゆき、舞台天井の反射音が聞こえてくるような、微妙に遠い印象だった。むしろ前から15-17列くらいのほうが金管の直進性を感じられるかもしれない。なお、オーケストラの配置は1ヴァイオリンと2ヴァイオリンが対面して、その間にヴィオラとチェロが入り、コントラバスは右奥に配されている。指揮者は指揮台の上に立たず平場で指揮をしていた。

 さて、ブラームスの一番は昔よく聴いて今はあまり聴かない1曲だろう。なぜか1楽章と4楽章のあの序奏が大げさなような気がして、ブラームスだとつい三番や四番を聴いてしまう。一番はカラヤン/ウィーン(1960年)とミュンシュ/パリ(1968年)の2枚が愛聴盤で最近はそれにヴァントが加わった。カラヤンとミュンシュは伝統型だが、両極とまではいかなくても、かなりスタイルが違う。すこぶる流麗なカラヤンと剛毅なミュンシュどちらも手放せない。特にミュンシュの4楽章は圧倒的で、これに勝る演奏は当分でてこないだろう。ただ録音はあまりいただけない。高弦が細身過ぎる。カラヤンのも少々古くなって(カルショー制作)、そろそろ録音的にだれか良い演奏を聞かせてくれないかと思っている。
 メンデルスゾーンはハイフェッツが唯一無二の演奏でこれ以外はいらない。
                                            〆
                                          

2012年5月27日
於:サントリーホール(1階20列右ブロック)

日本フィルハーモニー交響楽団、第350回名曲コンサート
指揮:佐渡 裕

マーラー:交響曲第六番・悲劇的

音響的/外観的には全く不満のない演奏だった。この曲はシュトラウスの英雄の生涯の対極にある自伝的な交響曲だと思う。小説だったら私小説ではないか。最後は戦いに敗れ、打ちのめされて終わるのである。悠々自適の余生を送るシュトラウスの英雄とはわけが違う。そこをどのように音楽に込めるかが演奏の成否につながるように思う。佐渡のお師匠さんのバーンスタイン/ウイーンフィル(1988)の演奏はそういう意味で完璧な演奏ではないかと思う。というのはもうマーラーが乗り移った様な演奏だと思う。そういう演奏だからもっとも聴いていてしんどいなあと思う時もある。
 佐渡の指揮は流石で、オーケストラのドライブ力は見事なものだ。かつての日本フィルは金管ははずすし、高弦はきんきん、低弦は弱弱しいといった演奏が多く、現在はほとんど聴きに行ってないが、今日の日本フィルはそういう欠点は全く払しょくされていた。佐渡の威力だろう。今の日本で聴けるこの曲のベストに近いのではないかと思った。以前聴いたN響/アシュケナージの何とも味気ない演奏に比べれば数段良いと思う。しかしだからこそ外面に留まることなく、お師匠さんに負けないで、もっと曲の奥深くをえぐるような演奏を聴きたかった。外見的に立派なのはもちろん大切だが、そういう外見をかなぐり捨てるような演奏も聴いてみたい。えぐると云う意味では昨夜の大地の歌のほうが数段上だったような気がする。
 1楽章は少々明るいのが気になる、不気味な軍隊のような行進曲は、不気味には聴こえず、やけに健康的だ。終結の盛り上がりは立派だが、ここも少々あけっぴろげすぎるような気がする。この楽章の内在するものが十分描けたとは言えないのでところどころ単調になって退屈なところもでてくる。音は出ているのだが要は薄っぺらいのである。以下の楽章も基本的には同じ印象である。
 2楽章のスケルツォの激しさは立派だが、グロテスクとしか思えないトリオがやけにチャーミングなのはいただけない。3楽章は美しい演奏だ。しかしバーンスタインと同じ演奏時間(17分)というのは少々しんどいのではないか?私には美しいが抑揚に乏しく、音楽に緩みを感じた。こういう緩徐楽章にもめりはりは必要だと思う。大きなうねりで体ごとどこかへ持って行かれそうな曲だが今日はそこまでの域には達していないような気がした。
 4楽章は勇ましい。特に2主題。あまりもりもり演奏するのはいかがなものか。しかしオーケストラの威力は凄く聴きごたえはする。最後の暗澹として終わる部分も何か締まりがなく終わってしまった。ハンマーは3回。ハンマーの演奏者が叩くたびにぐったりするのがおかしかった。特に3回目はしばらくハンマーに倒れて動かなかったのは演出か?佐渡に倒れるような指揮をしてもらいたかったのだが。演奏時間は85分でバーンスタインより2分強短い演奏だった。
 佐渡はキャンディードのような曲はのりのりで誠に素晴らしいが、去年聴いたチャイコフスキーの五番やベートーベンの第九などになるとなぜか外面的な演奏になってしまうような気がする。第九などはどういう方向で演奏したかったのはよくわからなかった。同じ時期に聴いた下野や大野の演奏は、その狙いと云うものが私なりに分かった様な気がしたのだが。そういう意味では佐渡は私にとっていまだ底の見えない音楽家だと云える。

                                     〆

2012年5月26日
於:サントリーホール(1階17列中央ブロック)

東京交響楽団、第600回定期演奏会
指揮:ユベール・スダーン
メゾ・ソプラノ:ビルギット・レンメルト
テノール:イシュトヴァーン・コヴァーチハーズィ

モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
マーラー:交響曲「大地の歌」

モーツァルトは1楽章の出だしを聴いただけで引き込まれる。ノンヴィブラートのすっきりした音で誠に気持ちが良い。先日聴いた飯守/東京シティフィルの伝統型の演奏とは対極的である。どちらも素晴らしいがあとは好みだろう。私はノンヴィブラートのすっきりした音が好きだ。スダーンの演奏は、古楽風だとはいえ3楽章はメヌエットだし、2楽章などは雅さも感じさせるしなやかさもあって、モーツァルトを聴く楽しさたっぷりで魅力的だ。圧巻は4楽章で、アーノンクールのCDのように、ティンパニを思い切りたたかせて痛快の極み。1楽章は弦が印象的、すっきり、しなやか、さわやかである。1楽章の終結部でトランペットをおもいきり鳴らしているのもたのしい。とにかくこの曲を聴いた後もうあとに何が聴けるだろうと思うくらい幸せな気分になる。でもこれで帰るわけにはいかないのだ。

 マーラーも負けず劣らず素晴らしい。「大地の歌」はこの数年で今日が4回目だが、今夜がベストだ。先日のインバルは今一つオーケストラが粗く、歌手が物足りなかった。
1楽章の酒の歌からオーケストラはエンジン全開である。低弦は分厚く、高弦は決して嫌な音を出さず、金管は豪快ですらある。素晴らしいオーケストラの音だ。そしてこのハンガリーのコヴァーチハーズィも素晴らしい。大地の歌でいつも不満なのはテノールだが、今夜は十分満足。私の基準であるバーンスタイン/ウイーンフィルとクレンペラー/ニューフィルハーモニア(いずれも1966年)のCDではジェームス・キングとフリッツ・ブンダーリッヒが歌っていて、それぞれ持ち味が違う。私は英雄的なキングの声が好きだ。もう彼の歌を聴いただけで熱くなってしまう。ブンダーリッヒはもう少し柔らかい。今夜のテノールはブンダーリッヒに近いと思った。ライブで初めて満足したテノールにお目にかかった。特に1楽章の「あの下を、見下ろすがいい・・・・」以下の音楽は凄絶でさえある。久しぶりにこの音楽を聴いて肌に粟を覚えた。各節の終わりの「生は暗く、死もまた暗い」はキングは悲痛さを感じさせるような歌唱であるが、今夜は少し抑え気味に歌っていて、無常感を表わしているような趣で興味深かった。
 今夜最も素晴らしかったのは2楽章「秋に寂しきもの」、最初レンメルトの声は、少々抑え気味に入ってきたが、だんだん感情が盛り上がって来る様が感じ取れるような歌唱。しかしこの寂しさを何に例えよう。胸が締め付けられるようだ。この最初の2曲を聴いて心が揺さぶられない人はいないだろう。5楽章「春に酔える男」は私にとって、最近、最も感情移入しにくい曲だが、今夜の演奏ではなぜか最も心を揺さぶられた。テノールの歌唱は実に素晴らしかった。声に安定感があり、全く不安を感じさせない、余裕さえ感じられた。こういう演奏はそう滅多にお目にかかれないだろうと思う。
 6楽章の「告別」も予想通りよかった。ここもレンメルトは抑え気味で入ってくる。しかし「見よ、銀の小舟のごとく漂う月・・・」は繊細な声と力強さが重なって充実している。この部分は絵を見るような音楽だが、彼女の歌唱はそれ以上の何かが包含されているような気がする。中間のオーケストラの部分は決して威圧的にならず、美しい。それにしてもこの楽章での木管群の美しさはたとえようがない。この楽章は絶望の音楽と思っていたが、「故郷へ、身を置く場所へ・・・」から最後の「永遠に」までを聴いていると、この音楽は決してそうではなく、悠久の大地を表わしていることがよくわかる。人の命には限りがあるが、この大地は永遠に続く。この曲を聴いていて映画「ツリー・オブ・ライフ」を思い出してしまった。あまり相性の良い映画ではなかったのになぜだろう。
 今夜の2曲は、スダーン/東響のコンビのベストパフォーマンスだろう。大地の歌の演奏が終わりしばらく会場はシーンと静かだったが、やがてぱらぱらと拍手、しかしそれも一瞬で又しばらくの沈黙。そして爆発したような拍手。今夜の聴衆も何かを感じたのだと思った。
                                     〆
 

2012年5月21日
於:東京文化会館(1階11列左ブロック)

東京都交響楽団、第735回定期演奏会A
指揮:イオン・マリン
チェロ:マントニオ・メネセス

ワーグナー:歌劇「リエンツィ」
シューマン:チェロ協奏曲
フランク:交響曲二短調

リエンツィは豪壮な演奏だ。音が屹立しているように感じるくらい。しかしこの曲の軍隊調の圧迫感は勇ましいけれどもちょっと辟易する。
 シューマンのチェロ協奏曲は、デュッセルドルフに移ってから、創作意欲旺盛の時に作曲されたものだ。ただこの時期交響楽団の指揮を任せられていたが、指揮者としての資質に欠けているとの烙印を押されていたようだ。10年後の入水事件の予兆だろうか?シューマンの伝記本についてはちょっと風変わりであるが岸田緑渓と云う人が「シューマン・音楽と病理」と云う本を出していて、これが彼の精神病との関連で、人生をたどっていて、興味深い。シューマンに関心のあるかたにはおすすめ。音楽の友社から出ている。
 この協奏曲はオーケストラは簡素だが、チェロは誠に雄弁でこの楽器の好きな人にはたまらないだろう。ただ私はあまりチェロと云う楽器が好きではないのでこの演奏についてとやかく言う資格はない。チェロの音は素晴らしく伸びやかで豊かである。アンコールはバッハの無伴奏からサラバンド。

 フランクはカンブルランの豪華絢爛の演奏を聴いたばかりであるが、イオン・マリンの指揮は、ちょっと風合いが異なった演奏で、興味深かった。まずカンブルランのようにきらきらした少し腰高の音とは違って、低重心のもう少し落ち着いた音だ。この印象はおそらく緩急の表情付けが、とても幅があるところから来ているような気がした。「急」の部分はとっても速く、音楽のダイナミックレンジがものすごく大きい。反対に「緩」の部分はものすごく遅く、柔らか。ちょっとしなを作っているような印象の部分も無きにしも非ずだが、そんなに悪い印象ではない。おそらく実際の演奏時間はそんなに遅くはないのだろうが緩急の落差が大きいのでそう感じるのだろう。全体の印象は、そういう音楽の進め方からして、ドイツ的ながっちりした音楽と、フランス的といったら語弊があるかもしれないが、繊細な音楽がうまくミックスされた演奏だったような印象だった。
 都響もしなやかな部分と盛り上げる部分とをうまく弾き分けていたように思った。特に弦の美しさは特筆したい。また低弦は「緩」の部分でも十分分厚く弾かれて音楽に厚みを与えていたように思った。2楽章の木管群の美しさも魅力的だった。またティンパニがいつになく切れ味鋭い、特に4楽章がそうだ。演奏時間は約40分でカラヤンより速く、、デュトワより遅い。
                                     〆
                                     
                                     

2012年5月19日
於:すみだトリフォニーホール(1階12列中央ブロック)

新日本フィルハーモニー交響楽団、第494回定期演奏会
指揮:クリスティアン・アルミンク
ソプラノ:天羽明恵
アルト:アネリー・ペーボ
テノール:望月哲也
バリトン:イシュトヴァーン・コヴァーチ
ボーイ・ソプラノ、ボーイ・アルト:東京少年少女合唱隊メンバー
高坂裕人、田代新
小林雪音、高坂幸代
合唱:栗友会合唱団

ドヴォルザーク:交響詩「金の紡ぎ車」
マーラー:嘆きの歌(初稿版)

ドヴォルザークとマーラーの組み合わせなんてと思っていたが、ちゃんと共通点があった。どちらもメルヒェンということとその物語がよく似ていることである。前者は王様と結婚することになっていた娘がその姉に殺され手足もばらばらにされる。姉は王様と結婚。その死体を見つけた仙人が、金の紡ぎ車と姉の手元にあった目と手足を交換、妹を生き返らす。姉がその紡ぎ車で糸を紡ぐと、紡ぎ車が悪事を暴露するというもの。
 嘆きの歌は、兄弟が、王女と結婚できる美しい花を求めて森に入る。弟がそれを先に見つけるが、兄は弟を殺しその花を手に入れ、王女と結婚する。吟遊詩人が森で白骨死体を見つける。詩人はその大たい骨から笛を作る。笛を吹くと、笛が兄の悪事を暴露する。というもので、よく似ている。それにしても西洋の童話(メルヒェン)というのは怖ろしい。

 金の紡ぎ車はドヴォルザークがもう円熟した時の曲で、先日の交響曲二番とは違って充実した音楽である。ボヘミア風のメロディがたっぷりで楽しい。アルミンクもこういう曲が得意なのか、とにかくきびきびして全く緩みがない。新日本フィルの演奏も素晴らしい。何より反応が良い。こういうけれんみのない演奏を聴くと何か気持ちが浮き立つようになるから不思議だ。
 嘆きの歌はマーラーが20歳の時の、音楽院卒業作品で、コンペに出すが落選したと云う代物。今日は初稿版ということで3部形式だが、初演された時は後半の2部だけだったらしい。その後1997年まで2部版が通例だったが、現在は3部形式が当たり前になっている。
 まさに若きマーラーの気概あふれる音楽であり演奏であった。まずなによりアルミンクの指揮が素晴らしい。愛聴盤(ブーレーズ/ロンドン)より8分ほど早い演奏時間だが、けっして慌ただしさはなくむしろ音楽がきびきびと進み、まるでオペラを見ているようにドラマティックでもある。緩急の付け方もわざとらしさがなく自然である。舞台いっぱいのオーケストラ、舞台左そでのバンダ、舞台奥の合唱団、オルガンの前の4人の少年少女をさばいていた。盛り上がるところは豪快であるが、それよりいくつかの楽節の最後に置かれている「なんという悲しみ」という歌詞が静かな音楽で歌われるが、これの心のこもった演奏は今日の演奏に深みを与えているように思った。ついでオーケストラが素晴らしい。高弦は先日のハーディングと同じくなめらかで美しいし、低弦の充実ぶりもいうことがない。金管木管も安定感十分。
オーケストラが盛大に鳴っても刺激的な音は皆無、全楽器が全く混濁せず透明感を保っているのが凄い。第3部の冒頭の婚礼の音楽などは迫力十分だが、透明感もあり気持ちが良い音楽になっていた。合唱団も全く声が混濁せず充実。途中各パートからソロが歌うが彼らの声の美しいこと。独唱陣も安定している。特に2人の男声陣の声が個人的には好きだ。
 吟遊詩人が弟の骨で作った笛を吹いた時の歌は、少年少女がソロまたは2人で歌っている。ブーレーズのCDでは大人が歌っている。この子供たちの幼い声は、兄に惨殺された弟の悔しさや悲しみをかえって痛切に表していたように感じた。特に3部のボーイ・ソプラノの悲痛な歌は心の叫びで、稚拙であるがゆえにかえって、これは実に効果的で、感動的だった。
                                     〆

↑このページのトップヘ