ぶんぶんのへそ曲がり音楽日記

オペラ、管弦楽中心のクラシック音楽の音楽会鑑賞記、少々のレビューが中心です。その他クラシック音楽のCD,DVD映像、テレビ映像などについても触れます。 長年の趣味のオーディオにも文中に触れることになります。その他映画や本についても感想記を掲載します。

2011年08月

2012年8月27日

 最近見た映画その16

今月は映画館に足を運んで見た映画が多かった。きっかけは日比谷のみゆき座で古い映画を週替わりでやっているということを聞いて、早速見たのがウエストサイド物語、そのあと続けて映画館に行くことになってしまった。やはり映画館の大きな画面と音響は素晴らしい。ただしウエストサイド物語はオリジナルの70mm上映ではないのが不満。こういう上映はできるだけオリジナルで上演してもらいたいと思う。アラビアのロレンスも上演するとのことだったが、そういう上演スタイルならわざわざ行くことがないので止めてしまった。

「ウエストサイド物語」:リチャード・ベイマー、ナタリー・ウッド他

 この映画を初めて見たのは高校生のころである。あまりの衝撃で何度見たことだろうか?ロメオとジュリエットの翻案ということは知っていたが、それよりなにより踊りと音楽の素晴らしさに圧倒されてしまった。バーンスタインのこの曲、どれを聴いても素晴らしいがダンスと組み合わされると更に一層映える。
 その後何度もこの映画に接するが最近この映画の肝はその翻案の見事さだと思うようになった。プロコフィエフのバレエのロメオと比べても面白い。
ロメオ→ト二―(ベイマー)
ジュリエット→マリア(ウッド)
マキューシオ→リフ(タンブリン)
ティボルト→ベルナルド(チャキリス)
キャピュレット夫人→アニタ(モレノ)
ローレンス神父→ドラッグストアの主人
キャピュレット夫人については異論があるかもしれない。ベルナルドが殺されマリアとアニタの2重唱はまさにティボルトを殺されたキャピュレット夫人の悲嘆に匹敵するだろう。
 舞踏会のシーンは体育館のダンス、バルコニーの場は非常階段、シャークス団の「アメリカ」やジェット団の団結の歌はプロコフィエフの町の踊りに匹敵しよう。冒頭の両団の争いなどもオリジナルをうまく生かしている。
 音楽と踊りで好きなのは「アメリカ」、「クインテット」、「体育館のダンス」、「I feel pretty」、「アニタとマリアの2重唱}、「クール」など枚挙のいとまがない。このミュージカルは舞台にも接したことがあるが、この映画に毒されているせいか今一つスケールに物足りない。監督のロバート・ワイズ・ジェローム・ロビンスの力によるところ大であろう。懐かしいと同時に今になっても新鮮さが全く失われないということを改めて感じた。

「雨に唄えば」:ジーン・ケリー、デビー・レイノルズ

 これもみゆき座にての再上映を見た。この映画ニューズ・ウイーク誌でアメリカ人の選んだ映画の第五位に入っており、前から興味を持っていたが見る機会がなく今回が初見である。トーキーに切り替わる直前の映画界の立身出世物語だが、話としては他愛のないもの。やはりジーン・ケリーを中心とした踊りとダンスが素晴らしい。ドラマの部分では眠くなるが踊りになると目が覚めるという按排。アメリカの古き良き時代を思い起こさせるのがアメリカ人にとって人気のある理由だろうか?

「ブラックスワン」:ナタリー・ポートマン

 ナタリー・ポートマンの怪演に座布団をあげたい。正邪両面をもつ白鳥の湖の主役を獲得した主人公はダークサイドの部分の表現がうまくゆかず追いつめられてゆく。だんだん幻覚を見るようになって現実か幻想か境がわからなくなってくる。後半はまさに狂気の世界でどきどきはらはらである。彼女の自傷行為も伏線になって驚愕の結末。最後まで飽きさせない。ただこういうハッピーエンドでない作りは何か見た後のもやもや感を払しょくできないのは年のせいだろうか?全部夢で大成功という終わりを別バージョンで作って欲しい。バレエの世界が良くわかり面白かったが、振付師がマフィアみたいで気持ちが悪かった。
(日比谷シャンテ・シネ)

「ツーリスト」:アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ

 面白い組み合わせの映画で話題になった。案の定がっかりした。終結が半分予測されるような筋立て。大体デップがウィスコンシンの田舎教師には見えない。ジョリーが女スパイ。ソルトの延長線かあ。彼女ももう年なんだからもう少し路線を変えたほうが良いのではないか?だんだん叶姉妹に似てきたのが気持ち悪い。(逆だけど)チェンジリングは叫んでいるだけだったしなあ。彼女で印象に残っているのは「ボーン・コレクター」だ。ああいうシリアスな役を自然にやっていたような気がする。
 まあ2人のファンでなければ時間つぶしにしかならない。このように全く緊張感のないサスペンスというのも珍しい。
(レンタルDVD)

「ツリー・オブ・ライフ」:ブラッド・ピット、ショーン・ペン

 こういう映画が商業ベースに乗るのだろうか?カンヌ映画祭でパルム・ドールを獲得した作品。欧米人には比較的受け入れやすい映画かもしれない。なぜなら「神」=キリスト
という言葉が何十回も登場するから。欧州の歴史を見て行くとキリスト教の影がおそらく日本人が思っている以上に大きいのだということが最近分かってきた。
 地球の誕生、生命の誕生、そしてツリーオブライフというように命の連鎖が始まる。その命の個の代表がブラッド・ピット家でそれを受け継ぐのショーン・ペンだ。映画は地球や命の誕生を前段で長々とやる。ここは美しいが眠気を誘う。ピット家がでてくると少しは話が面白くなるかと思いきや、ただピット家の日常を点描的描くだけである。こういう営みが地球上のすべての生命にありそれが繰り返されて行くということを語りたいのであろうか?私にとっては映像の美しさと音響の素晴らしさ、モルダウ、マーラーの巨人、ブラームスやバッハなどの選曲の妙を楽しむ映画のように思われた。
(新宿ミラノ)

「復讐捜査線」:メル・ギブソン、レイ・ウインストン

 オリジナルはテレビドラマだそうだ。娘を殺されたボストンの刑事の壮絶な仇打ちの話。原題は「edge of darkness],真実の暗闇のかろうじてはしっこにしがみつく刑事の心境だろうか?それにしても邦題の品のないこと。
ギブソンは相変わらずでこういう役をやらせたらぴか一だ。話は核兵器の密造などというスケールの大きいもので筋立ては面白い。これでもう少しそれにかかわるアメリカの役人たちの描き方を類型的なものからリアリティーを持たせたらさらに面白い映画になったろうがそうなると更に30分ほど長くなるからちょっともたれるかもしれない。難しいところだ。怪しげなイギリス人役のレイ・ウインストンが面白い。
(新宿ミラノ)
                                     〆

2011年8月24日
於:サントリーホール(2階7列中央ブロック)

読売日本交響楽団 真夏のコバケンスペシャル
指揮:小林研一郎
ピアノ:小林三勇士

リスト:交響詩「前奏曲」
リスト:ピアノ協奏曲第一番
マーラー:交響曲第一番「巨人」

 大げさなタイトルをつけたものだ。一番照れているのは小林だろうか?しかし彼はとても人気があるようでサントリーホールはほぼ満員だった。
 リストは最も聴かない作曲家の一人。ただこの前奏曲は昔よく聴いた。オーケストラ曲の名曲だと思うが最近は全く聴かなくなった。今夜の最初のプログラムだったがこの大げさな曲を更に大げさにしたような演奏だった。金管が突出し、全体に音が生硬な印象。まだほぐれていなのだろう。

 2曲目の協奏曲は実に素晴らしい演奏だった。ここではオーケストラは生硬さは全くなくきれいに溶け合って聴こえる。金子というピアニストは(ミユジと読む)お母さんがハンガリー人の2世。まだ21歳だそうだ。彼の紡ぎだす音はきらきらした華やかさよりももっと穏やかな落ち着いた音のように感じた。もちろん超絶技巧の持ち主のようで豪快な音も出し最後のクライマックスは手に汗握る演奏だったが、叙情的な面の美しさは特筆ものだった。アンコールはなく本割で全てを出し切ったという印象。

 マーラーは小林ならこうやるだろうと思っていた通りの演奏だったので、ほぼ全曲想定内でそういう意味ではあまり面白くなかった、別に珍奇な演奏を望むわけではないが、ちょっとルーティンになっているんではないかという危惧も持った。読響を思い切り鳴らし、4楽章の再現部以降は立派な演奏だったが、昨今のようにこの曲の名演奏が乱立する中で、どうしても小林ではなければならないようなマーラーではないように感じた。
 1楽章、ホルンの精度が悪く冴えない、トランペットがやけに元気なので全体には散漫な印象。提示部の反復も省略したように聴こえた。2楽章、少しゆっくりで入りクライマックスではテンポを上げるというパターンは当たり前であまり面白くない。バースタインの旧盤のようなめちゃくちゃなテンポまでは行ききれないのがもどかしい。半端な印象。しかし冒頭のスケルツオ部はグロテスクで全体にごつごつした印象はユニークだと思った。
 3楽章、レントラーのところは思い切りゆっくりし、中間部のさすらう若者の歌の部分も美しいが、シャイー/ライプチッヒが何年か前に演奏したようにはならない。あの演奏は全編、歌みたいでこの部分はまるでオペラを聴いているようだったが、今夜はそうはならなかった。最初の行進曲も不気味さは全くなく面白くない。4楽章は思い切りオーケストラをドライブした豪快な演奏。特に再現部からコーダにかけてはサントリーホールが鳴動するような感覚。しかしこの鳴りかたは目をつぶって聴くととぎゅっとオーケストラが一つに固まっては聴こえていない。部分的にばらつきがあるように聴こえた。ここでの精度をさらに上げるともっと充実して聴こえるように思った。読響は良いオーケストラだと思うが、もう少し細部を磨かないと日本ではトップになれないのでないかもしれない。
 最近聴いた新日本フィル/ハーディングのマーラーやアルミンクによるトリスタンのなどの充実振り、東饗/スダーンによるブルックナーの演奏など日本のオーケストラの水準がどんどん上がっているように感じる。N響や読響などの老舗も安閑としていられないのではないだろうか?
 なお、小林は終演後に簡単なスピーチをすることがあるようで、今夜も読響の客演指揮者になったことを話していたが言わずもがなだと思う。
                          
                                           〆

2011年8月22日

オペラの映像2作品を見た。とても印象に残ったので記録として感想を残しておく。

最初は今年のバイロイトのライブ映像でローエングリン。
演出:ノイエンフェルス
指揮:ネルソンズ
ローエングリン:フォークト
エルザ:アネット・ダッシュ
テルラムント:ラジカイネン
オルトルート:ラング
といったラインアップだ。

全曲聴き終わって感じたのは舞台が音楽の邪魔をしていると言うことだ。小細工的な演出はそれはそれで面白い。ああこれはどういう意味なんだろうなんて考えることはそれなりに興味深いことではある。しかしライブでは考えているうちに音楽は止まってくれないので話はどんどん進んでゆく。頭の中と耳で聴く音楽が一致しないのである。もっとわかりやすく言うと舞台を追っかけているとどうしても音楽がおろそかになるような気がしてならない。結局何を聴いたんだか印象が希薄というか散漫になってしまう。私の場合はテレビを録画したもので見ていたからまだ良いが、実際に舞台に接した方は音楽はそっちのけで舞台ばかり注視していたのではないだろうか?
 何度も話題にするようだが、今春の新国立のトリスタンとイゾルデのようなどちらかというと小細工が少なく静的な演出だと舞台の動きが音楽をサポートする立場になっているので、全くわずらわしさを感じることなく音楽に没頭でき、深い感銘を受けることが出来るのである。
 このバイロイトのローエングリンは芝居が主で音楽がサポート役に回っていたような気がしてならない。実際にこの舞台に接した皆さんでどれだけの人が音楽から感銘を受けただろうか?正直疑問だ。終わった後の会話で「なぜブラバント国が鼠の国だったんだろうね」とか、「最後のゴットフリートのあのグロテスクな姿はなんだったんだ」とか、「エルザやハインリッヒ国王のしぐさが変だったねえ」とか、「最後に鼠がなんで人間になっちゃうんだ」とかが飛び交うことだろうが、その時はもう音楽はそっちのけではないだろうか?
 ノイエンフェルスはインタビューでこのオペラのテーマは信頼だといっていたが、そんなことはあんたに言われなくてもト書きを見ればよくわかるのだし、そのテーマと鼠とはどういう関係にあるのか、インタビューでは核心に触れてくれない。鼠は集団行動を取るからだといっている輩もいたが、一番集団行動をとるのは人間ではないか?一歩譲って何故猿ではだめなのか?
 日本の最近の小説家が「新世界より」というSFを書いているが、ここに集団化して知能も人間並みという鼠が登場する。ノイエンフェルスはこの本を読んでるのではないかと邪推したくなってしまう。
 テレビに登場する船木氏は若手の音楽評論家だが、彼の解説も感想にとどまっており、プロらしくなく残念だった。プロが解説できないものがぱっと接した私のような素人がわかるはずがないではないか?しかし大多数の聴衆(観衆)は私のような人々ではないだろうか?考えなくてはわからない、考えてもわからない演出は本当によい演出なのだろうか?ウイーラント・ワーグナーやパトリス・シェローの演出が永遠に輝き続けるようにこの演出も何十年後にも語られ続けるのだろうか?
 音楽の演奏家達は素晴らしかった。歌手陣にはほとんど傷は感じられなかった。フォークトのローエングリンは清新でト書きどおりの印象。ダッシュのエルザは奇妙なしぐさが気になり興をそぐが力演、ラングは可愛い顔しているためかわざと歯をむき出しにして歌っているのが気になる、顔でなく声で勝負すればよいのだ。でも声は素晴らしかった。ラジカイネンも常連で安定感あり。そして特筆すべきは鼠のぬいぐるみを着せられた合唱だ。これは本当に舞台に接したいと思わせるような素晴らしさだと思った。ネルソンズは今春日本で演奏会形式でローエングリンを振る予定だったが震災で残念ながらキャンセルになってしまった。バイロイトは初登場かと思うがメリハリもあり美しさもある、本当に日本で聞きたかったなあと思わせる演奏だったと思った。

さて、二番目の作品はアリゴ・ボーイトの「メフィストーフェレ」だ。マッシモ・パレルモ劇場のライブ録画である。DVDで売っていたので買い求めたもの。
 このオペラはなかなか日本ではお目にかかれない。なぜこの素晴らしいオペラが日本で上演されないのか不思議でならない。
演出:モナコ(マリオデルモナコの息子)
指揮:ランザーニ
メフィストーフェレ:フルラネット
ファウスト:フィリアノーティ
マッダレーナ:テオドッシュウ
この曲はムーティの振ったスカラ座のライブ録音とセラフィン/モナコ/シェピ/テバルディの古い録音が愛聴盤だ。どちらとも素晴らしいが後者の歌手陣の充実は驚異的だ。
 パレルモの舞台だがご多分にもれずこれも読み換えだ。中世から現代になっている。読み替えと言うのは本当に不思議な現象だ。昔の人間と今の人間とは違うとでも言いたいのであろうか?今源氏物語を読んでいる。光源氏の心の動きや彼を取り巻く女性たちの行動や心の動きは現代人と全く変わらないのではないかと私は思う。であるならばなぜト書きどおりにやらないんだというのが私のいつも思う疑問だ。読み替えによる弊害の一つは歌詩と舞台が異なってくる場合が出てくることだ。現代人が槍を持ったり剣を持ったりはしないだろう?先日の新国立の「コジファントゥッテ」ではなんとメスメルの磁石の代わりにAEDが登場する。ここまでくるともう呆れて何も言う気力が起きなくなる。こういうことを不思議に思わない演出家達は不思議な人種だ。
 でもこのパレルモの演出はそうひどい違和感はなかった。モナコはドイツで勉強したそうだが、ドイツで勉強なんてしなければ良かったのにと、思いたくなるほどひどい演出ではなかった。ただ4幕ではギリシャ神話のトロイのヘレンの場面のはずがなんとラスヴェガスの賭博場というのはちょっと違和感があった。
 歌手陣はフルラネットのタイトル役は流石だしフィノリアーティも細身ながら気持ちよい声。テオドッシュウは息継ぎがちょっと気になったがこれは気のせいか?オーケストラも素晴らしくこの曲を楽しむのに何の不満もないDVDだった。この曲にご関心のある方にはお勧めできると思う。
                                           〆

↑このページのトップヘ