ぶんぶんのへそ曲がり音楽日記

オペラ、管弦楽中心のクラシック音楽の音楽会鑑賞記、少々のレビューが中心です。その他クラシック音楽のCD,DVD映像、テレビ映像などについても触れます。 長年の趣味のオーディオにも文中に触れることになります。その他映画や本についても感想記を掲載します。

2011年04月

2011年4月25日
於:サントリーホール(2階3列、右ブロック)
読売日本交響楽団第537回サントリーホール名曲シリーズ

指揮:シルヴァン・カンブルラン
モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」
ヤナーチェック:狂詩曲「タラス・ブーリバ」
スメタナ:交響詩「モルダウ」
ヤナーチェック:シンフォニエッタ

カンブルランは来日してくれた。原発や余震など早く終息して外来の演奏家達が安心して来られる環境になってもらいたいものだ。
 冒頭メシアンの交響的瞑想「忘れられたささげ物」から第三部「聖体」を演奏した。ヴァイオリンとヴィオラだけの美しい曲だった。演奏後拍手もなく全員引き上げ再度登場して本日のプログラムが始まった。このプログラム、いかにも名曲シリーズらしく、ごたごたと脈略なく並んでいるようだがいずれもチェコに関係あり、また18世紀、19世紀から1曲づつ、20世紀から2曲と時空を超えた、曲編成になっており、よく練られていると思った。
 モーツァルトの「プラハ」が最も感銘を受けた。これほどみずみずしく、さわやかな印象を与える演奏は初めてだ。最近のモーツァルトは昨年の南西ドイツフィル/クリストプロスのような古楽奏法できりりとした演奏が多い。私は家ではピノックの指揮したものをよく聴くが、これもそういう演奏だ。しかしカンブルランはモダンオーケストラでヴィブラートもかけて美しく・みずみずしい音を作り出した。ただティンパニは硬い撥でバロックティンパニのような趣で存在感を出していたが。しかし読響の弦はこんなに美しかったのだろうか?特に1楽章の序奏が終わって主題にはいってからのさわやかさはどうだろう!演奏時間は27分の快速ぶりだが、全く気にならない。2楽章などは極上の響きで本当に感動してしまった。これもカンブルラン効果か?昨年だったかカンブルランをけなしてしまったがお詫びしなくてはならない。
 タラス・ブーリバはオルガンも加わってオーケストラ効果満点。読響は時々弦がきつい音を出すが、今日は全くそういうことがなく、いくら大きく音を出しても全然うるさくない、だから金管の咆哮があっても弦がしっかりしているので、全体がピラミッド型の音場になり、オーケストラを聴く喜びを十分与えてくれた。
シンフォニエッタも同じ、1925年作曲だから現代にかなり近い曲だ。そのせいか時折ジャズとはいわないが、なにやらモダンな音が顔を出す。それとチェコの民謡風の音楽がミックスして楽しい曲だ。冒頭と最後の別セットのブラスのファンファーレ演奏もほとんど傷がない。ブーリバと同様この演奏も音のバランスが良い。
 モルダウも名演だ。のっけからかなり速い。どちらかといったらチェコの風土に根ざしたモルダウではなくもう少しコスモポリタンなスマートな演奏だと思った。この曲はクーベリック/チェコフィルの感動的な演奏がある。それとは違う行き方と思ったが、これはこれで何の過不足もない。この曲を聴いて最後の高い城のテーマが登場した時、心が動かない人はいないだろうが今日もそうだった。
                                            〆
 

2011年4月24日
於:サントリーホール(2階4列、中央ブロック)

第243回東京都交響楽団プロムナードコンサート
指揮:ハンヌ・リントゥ
ヴァイオリン(豊嶋泰嗣代演、もともとはソフィア・ヤッフェ)

シベリウス:交響詩「タピオラ」
コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲
シベリウス:交響曲第五番
シベリウス:交響詩「フィンランディア」

冒頭、指揮者より哀悼の辞、そのあとバッハのG線上のアリア、そして黙祷

指揮者はフィンランドの出身、というからかどうかはわからないが、シベリウスが3曲、それにコルンゴルトが挟まれるという盛りだくさんなプログラム。
 良かったのは五番の交響曲、1楽章が案外と盛り上がらずちょっとがっかりしたが素晴らしいのは2-3楽章だ。2楽章は民謡風の単調なメロディーの繰り返しだが、これが妙に胸に入り込んでくる。1楽章ではあまりまとまりのないように聴こえたオーケストラだったが、2楽章は弦、木管とも素晴らしい響き。指揮者の熱気が伝わってくるようだ。流石ご当地ソングだ。そして3楽章の冒頭の刻むような弦の響きに続く、森の響きのような金管のファンファーレは実に充実していて聴き惚れる。これが最後にまたあらわれるがとても感動的。CDではカラヤン/ベルリンを聴いている、カラヤンはスマートなシベリウスだがリントゥのシベリウスはもう少し泥臭いというか、生身を感じさせる切れば血のでるような響きだ。
 コルンゴルトは一言でいえば生クリームたっぷりなケーキを3つほどの甘さたっぷりの音楽。ほとんどの主題が自作の映画音楽から引いてきているので仕方がないと言えばしかたがない。ピンチヒッターの豊嶋のヴァイオリンは曲想に合わせて柔らかく実に魅力的。1719年のストラディバリゥスだそうだ。ただオーケストラはCD(ムター/プレヴィン)ほど魅力を感じなかった。オーケストラもこんな曲じゃやる気が出ないか?(失礼)
ヴァイオリニストが交代した、ついでと言っては申し訳ないがオールシベリウスにして、ヴァイオリン協奏曲もシベリウスをやってもらったほうが良かったんではなかったか?
 最後のフィンランディアは悪かろうはずはない、大力演だった。ただ音のバランスがピラミッド型でなく少し金管の勝った逆ピラミッド型なのは曲のせいだろうか?
                                     〆

2011年4月23日

震災後、映画館に行くのが怖くて、結局今回はすべてDVDになってしまった。

「ロビン・フッド」リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ主演
 この2人の組み合わせで思い出すのは「グラディエーター」である。これも史実はおいておいてもなかなか面白かった。ただこのごろの歴史映画はメッセージ性が浅くてちょっと食いたらない点はある。例えばこの映画のテーマは「自由」だしグラディエーターのテーマは「家族」なのだ。けれども自由と言ってもせいぜい王権からの自由だから料簡が狭い。普遍性が感じられないのである。昔の史劇で「ベンハー」と言う映画があるがこれはキリストの受難劇が底流に流れていて、人類の救済みたいなものがテーマだから、クライマックスでは大きな感動がある。しかし最近の史劇はテーマに普遍性があまり感じられなくて、終わっても感動するまでいたらない。
 最初から迷路に入ってしまったが、ロビンと言えばシャーウッドの森と相場は決まっているがこの話はそこへ行くまでのストーリーの映画化である。ロビンがリチャード王とともに十字軍へ行ったとは知らなかった。

 十字軍といえば今、塩野七生さんが連作で書いているが、もちろんそれも面白いが、実はもっと面白い本を見つけた。それは山之内進さんと言う方が書いた「北の十字軍」と言う本である。講談社から文庫で出ている。十字軍というのはエルサレム解放というために、その当時のウルバヌス2世というローマ教皇が1095年に提唱したものでもともと領土的野心はなかった。しかし北の十字軍は発端は同じにしてもキリスト教をだしに領土的野心を丸出しにしたヨーロッパ人の物語である。プロイセン、リトアニア、ラトヴィア、エストニアは皆そうやって征服され、キリスト教化されていった。欲にかられたヨーロッパ人はギリシャ正教会のロシアにまで侵入し、アレクサンドルネフスキーと戦っている。そしてこの「キリスト教の布教と領土拡張セット」モデルは新世界(15世紀以降の南北アメリカ征服)にも応用されているという。要するにヨーロッパの世界支配の原点が十字軍なのである。実に面白い本だった。
 ただロビンが参加したのはそういう目的ではなく、まだ純粋にエルサレムを開放するというヨーロッパキリスト教会の意向に沿った十字軍ではあったようだ。しかし南の十字軍はスペインでのちのレコンキスタ運動とも結びつくし、又後の第4次十字軍ではコンスタンチノープルを占領してしまう(同じキリスト教国)といった暴挙にもつながっているので、ヨーロッパ人は本当に日本人には想像もつかないような人種の集まりだった。

 脱線しまくっているが、映画は1099年に始まっている。このころは第一次の十字軍で、たしかリチャード獅子心王は参加していないはずだ、がまあそんな御託はおいておいてとにかくロビンの従軍から始まるという設定はじつに面白い。その後ひょんなことから貴族になり済まさざるを得ないという設定も興味深く、それにからむマックス・フォン・シドーやケイト・ブランシェット、ウイリアム・ハートなどの脇役陣も実にうまくて、ドラマに引き込まれる。そしてロビンの出生の秘密にまで話はさかのぼる。ロビンは石工の子。その石工は「自由主義」思想の持ち主で処刑されたという。石工といえばフリー・メイソンでリドリー・スコットはこの映画でそれを暗示していると思う。ちょっと安易だしまあ時代も3世紀ほど早すぎますが!でも発想が良い。だからこの映画のメッセージは「自由」ということ。まあこうやって映画を見ると実に良く考えられているなあと感心してしまった。最近見た映画の中でも面白かった1作です。
 それにしてもケイト・ブランシェットと言う俳優は決して美人とは思えないが実に魅力的な演技をする人だ。そしてラッセル・クロウはこういう役をやらせたらぴか一でまさにはまり役だった。戦闘シーンではグラディエーター・マクシマスみたいだったけど!

「狼たちの処刑台」マイケル・ケイン主演のイギリス映画
原題は主人公の名前「ハリー・ブラウン」
 北アイルランド紛争時に海兵隊の英雄として退役した男が老いて、妻にも先立たれ、唯一の友人も近所のちんぴらになぶり殺しに合う。そして住んでいるアパートもスラム化しつつあるなかでハリーは立ち上がる。この手の私刑のために立ち上がる映画は枚挙のいとまがないがチャールス・ブロンソン主演の「DEATH WISH」が最も古いほうではないか?マイケル・ケインは決してスティーブン・セガールにならず、よたよたと銃を構えるがしかし構え方にぶれがなく、いかにもプロだったという片鱗を示したりしているところは、なかなか面白かった。たとえば片手で銃も持ってパンパン撃たない。しっかり両手で銃を持って震える手をぶらさずに撃つ。ただ最後のスラムを警察が襲撃するシーンは余計。イギリス映画のプロパガンダか!むしろマイケル・ケインの私刑を怪しんだ女刑事との対決に持ってくれば締まっただろう。なかなか渋い佳品。マイケル・ケインはいくつになってもうまいし彼の英語の発音はいつ聴いても気持ちいい。彼は「鷲は舞い降りた」、「王になろうとした男」などでの役が好きだ。最近ではインセプションにちょこっと出ている。

「死刑台のエレベーター」阿部寛、吉瀬美知子主演
1957年のオリジナルはみたと思うがフランソワーズ・アルヌールしか覚えていない。
それにしてもこのリメーク版は少々ひどい。各シーンをぶつぶつ撮影し、くっつけたとしか思えないような奇妙な映画だ。
 とにかく演出の意味のない間延びにいらいらさせられる。たとえば阿部が閉じ込められたエレベーターから脱出して外に出る、車がないのにびっくりする。こんな単純なシーンなのに何十秒かけているんだ。阿部の頭のなかには吉瀬が裏切ってしまったのではという思いがよぎったと思うがそれを思うのはどんな馬鹿な奴でも数秒だ。本格的ハードボイルドとしての素材なのに単なるメロドラマに化してしまった。吉瀬を中心にした幻想的な映像も意味不明。吉瀬はデクノボーだし阿部はワンパターン。唯一北川景子の天然さがおかしい。

「悪人」妻夫木聡、深津絵里主演
本作は原作を生かした、手抜きのない映画作りが光る。細かいことだが言葉も長崎弁、佐賀弁、福岡弁をきちんと指導したりしている。深津は評判どおりよかったし柄本、樹木などの脇役陣もがっちりわきを固めた。要は原作が面白く、それを丁寧に作りこめば、良い作品になるという好例だろう。いろいろな主題を複合させてはいるが現代社会の閉塞感がテーマだと思った。出会い系サイトでしか男女の出会いがない世界、そこでしか本当の愛を知ることができなかった世界に住んでいる2人、彼らが最後に閉じこもった燈台がそれを象徴しているのではないか?

「クロッシング」リチャード・ギア、ドン・チードル、イーサン・ホーク主演
最後は一つの話になるかと思ったら結局ばらばらでオムニバス映画のよう。原題は「ブルックリンの警官」
 ブルックリンに勤める3人の警官、ギアは引退寸前のやる気のない警官、ホークは家族のために家を建てたいと思うが金がなく悪に手を染める警官、チードルは潜入警官という全く関係ない警官のそれぞれを追う。面白かったがそれぞれの話が収斂せずばらばらに進むので120分ではどうしても一つ一つの話が薄っぺらくなってしまう。とはいえ最後にニアミスのようにすれ違うのではあるが!しかしこの3人の警官の結末は見る人によって違うだろうが心にざらりとした感触を与え暗澹たる気持ちにさせるだろう。

「国家の陰謀」フランス映画
フランス製の国際謀略物というのは珍しい。コンゴの反政府軍がPKO軍兵士を誘拐しフランス政府に身代金として武器を要求する。政府はそれに応じるがそれを運ぶ飛行機が情報を掴んだコンゴ軍に撃墜されてしまってさあ大変という話。大統領特別顧問、その腹心の殺し屋、PR会社の社長だが実は高級コールガールの元締め、、過去を背負う刑事、などみなひと癖ある役どころだが、彼らが全部死んでしまうのがものすごいところ。少々説明不足の点はあるにしてもまあ面白かった。ただいつも思うがフランスと言うのは警察にしても諜報部にしても実に過激だ。

「友よその罪を葬れ」スペイン映画
かなり重たい犯罪映画だ。
名声ある大学教授が妻を殺す、それを目撃していたのが友人であり、教え子であるという設定。そしてその犯罪がまた新たな犯罪を生み出す。信仰熱い、善人たちがなぜこのような犯罪を犯すのだろうか?そして日ごろ良き人と言われた人が、最後は自己保身に走る。この映画はその過程を克明に語る。日本映画の「悪人」も根は決して悪くはない、普通の青年ではなかったか?それがはずみとはいえ人を殺してしまう。人を殺す・殺さないの境目はどこにあるのだろう。こういう映画を見ると紙一重としか思えない。
                                      〆

2011年4月22日
於:NHKホール(2階2列、中央ブロック)

NHK交響楽団、第1698回定期演奏会Cプロ
指揮:ロジャー・ノリントン
バリトン:河野克典(ディートリッヒ・ヘンシェルが来日しないため交代)

マーラー:
    花の章
    さすらう若者の歌
    交響曲第一番「巨人」

このようなマーラーの「巨人」がありうるのか!全曲を聴いた印象である。ベートーベンなどと同様にノンヴィブラート奏法でのマーラーである。全曲を一言でいえばクリスタルの様な音楽でかなりピュアーな音だ。今まで聴きなれたどのマーラーとも違う音楽なのである。正直言ってこのサウンドには面喰って筆が進まない。
 さすらう若者の歌をひきずったような1楽章の入りであるが、爆発するところはそれなりに迫力がある。でもショルティのような豪快な音楽でもなく、またバーンスタインなどが演奏する後期ロマン派の爛熟した音楽の印象でもなく、クリスタルの様なきらきらと煌めく音楽といったらよいのだろうか?4楽章の最後の爆発も同様の印象。だから私たちのハートを掴んで引きずりまわしてして、ぐりぐりしてやろうなんて感じには聴こえない。もっとずっとずっとさっぱりしているのだ。
 例えば不気味な音楽としか思えない第3楽章の出だしはただの行進曲と舞曲としか聴こえない。そのかわり舞曲は今でも踊りだせそうな趣。ただ土臭いホーネック風のレントラーとはまた少し違うような気がする。しかしその後の美しい「さすらう若者の歌」の第四曲の後半の部分「路傍に菩提樹立ちたれば・・・」の音楽は美しいというよりも何かカサカサした感じだ。ちょうど乾燥した落ち葉の、その上を歩くようなイメージ。その他2楽章の中間や4楽章の爆発の後の静かな部分は皆こういう印象。ノンヴィブラートだからなのか?よくわからない。だからシャイー/ライプチッヒのライブで感じられたような陶酔感は全くない。
 ということで全編驚愕の巻、もうこれはノリントンしか演奏できないonly one performanceだ。そういう意味ではすこぶるつきの独創的な演奏だが、さてもう一度聴きたいか?と言われたらどう答えようか悩んでしまうような演奏だった。マーラーはベートーベンの一番や二番のようなわけにはいかないのかもしれない。個人的にはマーラーではもっと豊潤な音を聴きたい。
 それにしてもN響は鳴らない。ノンヴィブラートのせいかもしれないが、クリスタルの様なきらきら感はあるから美しい。けれどもホール全体を震わすような響きにはなっていないのがなんとももどかしい。なお演奏時間は約50分だった、4楽章は聴きなれたテンポだが残りの3つは速い。オーケストラの配置は先日のエルガーと同じ。ヴァイオリンは向かい合い、1stヴァイオリンの横がチェロになっている。そういえばエルガーの第一番も一楽章が違和感あったのだが、ノンヴィブラートのせいだったかもしれない。
 「さすらう若者の歌」の河野はピンチヒッターだった。爽やかな声でよかったがオーケストラと一緒になると声が通らないのはホールのせいかもしれない。大体この曲を初めて聴いたのはゾッフェル(メゾソプラノ)/インバルのCDなので、個人的には男声で聴くと違和感がある。こんな女々しい失恋の歌を、いいおやじが歌えるわけないではないかと、私は勝手に思っていて、そういう意味では女声のほうがナイーヴな青年の気持ちを表わせるのではないだろうか?と思い込んでる。
 この曲と花の章はノンヴィブラートのピュアな演奏がぴったりで違和感はなかった。
それにしてもノリントンには感謝したい。外来の演奏家が日本での演奏を拒否しているなかでずうっと滞在して演奏してくれているのだ。私たちはこういう芸術家を絶対忘れないだろう。
                                     〆

2011年4月17日
於:NHKホール(2階12列右ブロック)

第1697回NHK交響楽団定期演奏会Aプロ

指揮:ロジャー・ノリントン
ベートーベン:交響曲第一番
エルガー:交響曲第一番

ノリントンは1980年代にロンドンクラシカルプレーヤーズというピリオド楽器によるオーケストラと共演したベートーベン交響曲全集で初めて知った。この時の衝撃と言ったら形容しがたい。今までフルベンやカラヤン、ベームなどで聴きなじんだベートーベンとは全く違う音を出したのである。金管の強調、ティンパニの能動性、弦はノンヴィブラートできりりというかきっぱりしている、重厚感よりは軽快さ、はつらつさ、活発さを強調しているように思った。その後ラトルにしてもジンマンにしてもこういうベートーベンを志向しているように思う。あのアバドでさえもDVDでしか聴いていないがそういう方向を向いているような気がする。だから時々マリナーやインバルなどのどっしりしたものを聴くと、ああ、これもいいなあなんて思ってしまう。まあ勝手なもんです。

 さて、コンサートの冒頭ノリントンより今日の曲は震災で被災されたみなさんに捧げますというスピーチがあってエルガーの「エレジー」が演奏された。終わった後ノリントンは数十秒身動きせず黙とう。静かな拍手。
 ノリントンはスイスでチャリティーコンサートの誘いがあったがこちらを優先したそうだ。
 ベートーベンの一番は彼の30歳のときの最初の交響曲。ウイーンに出てきて成功を夢見た少壮の作曲家の覇気が感じられる曲。しかし巨匠たちは偉大な音楽の神様、ベートーベンと言った具合に演奏してきたように思うが、このノリントンの演奏では30歳の若き作曲家の最初の交響曲への気負いと言ったものを感じる。1楽章、メヌエットになっているがほとんどスケルツオの3楽章、そして4楽章は楽器が飛び跳ねるよう。ノンヴィブラートの弦はきっぱりとして、金管は思い切り強調している。そしてティンパニはバロックティンパニのような音でぱああーんと言わせて実に小気味よい。シュツットガルトとの最新CDよりも今日の演奏のほうが過激に聴こえた。特に4楽章の音の荒れ狂う様は筆舌に尽くしがたい。この初演を聴いた人々は驚愕しただろう。個人的にはこの次の二番の交響曲では更にノリントンは過激である。シュツットガルトとの共演はやり過ぎではないかと言うくらい凄まじい演奏。いままでのベートーベンに飽きた方には必聴の名盤だ。ベートーベンはこの後の英雄で大きくギアチェンジするが、私はギアチェンジする前のこの2曲が大好きである。

 エルガーは先日ヴァイオリン協奏曲を聴いてくたくたになったが、この一番の交響曲は素晴らしく美しく又感動的である。1楽章の冒頭「高貴にして簡潔なモットー」主題が流れるがこの主題を聴いただけでもう胸が一杯だ。ただ今日は大編成のまとまりが今一で今一つ集中力がなかったように思うし音が少々荒れていた。良かったのは3,4楽章である。3楽章の美しさ例えようがない、私には天国というより、鎮魂歌のように聴こえ胸を打つ。そしてなんといっても最高だったのは4楽章、いろいろな主題がめまぐるしく登場し最後にモットー主題が登場、その前の第3主題の美しさも心に残る。モットー主題が高らかに奏されるが、オーケストラもここでは修正されて最高潮、集中力もあって充実した音だった。
 今日は舞台を3段にわけ2段目に木管、3段目に木管、金管、コントラバスと言った具合に配置。コントラバスは3段目の正面。珍しかったのはコントラバスの後ろに音を集中させるような衝立が立っていた。このホールの欠点を補おうというわけだろう。左奥はホルン、右奥はトランペット、ティンパニを配置。今日のティンパニは見事。特にベートーベンでは比類ない。なおエルガーでも弦はヴィブラートなしのように見えた。
                                     〆

↑このページのトップヘ