ぶんぶんのへそ曲がり音楽日記

オペラ、管弦楽中心のクラシック音楽の音楽会鑑賞記、少々のレビューが中心です。その他クラシック音楽のCD,DVD映像、テレビ映像などについても触れます。 長年の趣味のオーディオにも文中に触れることになります。その他映画や本についても感想記を掲載します。

2010年11月

2010年11月30日
於:サントリーホール(LCブロック)

東京都交響楽団第707回定期演奏会
指揮:エリアフ・インバル
ヴァイオリン:四方恭子

ブルックナーの六番はショルティ/シカゴやヴァント/ミュンヘンで聴いているが何かつかみどころがなくいつも途中で飽きてしまうのだが、今夜のインバルによる演奏はそのようなイメージを払しょくするような素晴らしい演奏だった。
 1楽章の弦による刻むようなせわしない序奏の後、盛大に音楽が盛り上がるが、これが何か音が固くて今日は調子悪いのかなあなどと心配してしまった。しかし再現部でこの第1主題が戻ってきて、終結部に向うまでの凄まじい盛り上がりではそのようなことはなくブルックナーサウンドを充分堪能させてもらった。
 2楽章はCDでは主題もよくわからずつまらない曲だといつも思っていたが今夜の演奏では次の3楽章についで素晴らしかった。特に第2主題はブルックナーの五番や七番のような神々しさではなく何か人間臭いというか、むしろ艶っぽさまで感じさせるような音楽に聴こえ、ブルックナーが身近にさえ感じさせる演奏だったように思った。
 3楽章の都響のメンバーの気合いは、特に冒頭低弦が刻むような序奏からスケルツオ主題も盛大な盛り上がりまで素晴らしいもので、その集中したさまがひしひしと感じられるほどだった。特に反復の迫力は筆舌尽くしがたい。トリオの部分は弦のピチカートが浮き浮きとスキップしているように聴こえ、ここもいつものブルックナーとは違う表情を垣間見ることができた。そしてもう一度スケルツオが戻ってきて反復。この熱狂的な音の渦、例えようがない。
 4楽章は金管の跳躍など曲想が目まぐるしく変わり、ついてゆくのがやっとだが終結部のオーケストラの凝集力は、3楽章に次いで素晴らしく感動的。サントリーホールのアナウンスで拍手はタクトをおろすまで待てと2回もいわれたせいか今夜は終わってすぐの罵声はなかった。
 とにかくこのとっつきにくいと今まで思っていた曲を再認識できたことは今夜の最大の収穫でインバル/都響の熱演に拍手したい。

モーツァルトの協奏曲は端正なたたずまいなのは良いが、モーツァルトはそれだけではないような気がする。なんと言っても19歳の青年の曲なのだからもう少し弾むような、浮き浮きするような音楽を聴きたい。四方のヴァイオリンは美しいがこじんまりとまとまった印象を受けた。モーツァルトに何を期待するかでこの演奏の評価が分かれるのではないだろうか?
                                〆

2010年11月27日
於:サントリーホール(17列中央ブロック)

第583回東京交響楽団定期演奏会
指揮:ユベール・スダーン
ピアノ:ダン・タイソン

ショパン:ピアノ協奏曲第二番
ブルックナー:交響曲第八番

今年いろいろな団体でブルックナーを聴いたが、今夜がベストだと思う。東響/スダーン渾身の気合いをこめた演奏だった。これほど直載かつ、みずみずしいブルックナーは初めてだ。演奏時間73分はシューリヒト(CD)に次いで速い演奏だが音楽が充満しており、楽器と楽器の間の空間が全くない、ためか忙しさは皆無。このテンポが正しいのだと納得させられてしまう。ノヴァーク版第2稿による演奏。
 全楽章素晴らしいが特に良かったのは2-4楽章。スケルツオがこれほど雄大に鳴ったのはあまり経験がない。目をつぶると巨大な山が眼前に聳え立つよう。しかしトリオになると、相変わらず速いが、切なさや懐かしさが一杯。
3楽章のアダージョは今日最高の演奏。特に第2主題の弦の素晴らしいこと。ホルン・ワグネルチューバによるコラールも感動的。そして再現部のクライマックスは異様なまでにスケールが大きい。サントリーホールが鳴動しそうだ。 最後の4楽章、冒頭の全オーケストラの前進力、ティンパニの炸裂、圧倒的だ。そして聴きものはなんと言っても再現部からコーダまでの音楽の大きさ。久しぶりに心臓の動悸が速くなるくらい興奮してしまった。
 今日の演奏はもちろんスダーンのドライブ力に負うところ大ではあるがそれ以上に東響の熱演は勲一等ものである。金管群が特に素晴らしく次いで弦、そしてティンパニも十分力感があった。終わった後の演奏者のほっとしたというか、達成感一杯の誇らかな顔は、演奏への集中度が高かったことを物語っていたのではあるまいか?危険を恐れずに言えば昨夜のロンドン響の音よりも充実して、なおかつドイツ/オーストリアの音が出ていたと思う。こういう演奏は滅多にお目にかかれないだろう。

それにしてもブルックナーの前のショパンはどういうことだ。スダーンの選曲であれば理由を聞きたいくらいだ。もう「喝」だ。ブルックナー1曲で十分だと思うが演奏時間が短いのでサービス精神でもう一曲というのであればモーツァルトという選択もあったのではないだろうか?来週都響/インバルでブルックナーの六番を演奏するが、これはモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第三番とのカップリングだ。ショパンの協奏曲は良い曲だと思うがブルックナーの前に聴く曲ではないと私は思う。ダン・タイソンは初めて聴くが強靱かつ歯切れの良い音で、特に2楽章の切切とした風情は忘れられない。
 今夜もブルックナーの演奏が終わった瞬間ブラボーだ。指揮者が指揮棒を下におろすまでなぜ待てないのだろうか?このような素晴らしい演奏の余韻を楽しみたかったのに蛮声で興ざめだ。
                                〆

2010年11月26日
於:サントリーホール(19列左ブロック)

ロンドン交響楽団来日演奏会
指揮:ワレリー・ゲルギエフ
ヴァイオリン:諏訪内晶子

シベリウス:ヴァイオリン交響曲
マーラー:交響曲第一番

皇太子殿下を迎えた華やかな雰囲気のコンサートだった。
諏訪内のヴァイオリンを聴くのはライブ、CDを含めて今夜が初めて。しかしその素晴らしさに圧倒されてしまった。随所に肌に粟を覚えるような感動が一杯だった。1楽章、ヴァイオリンが入ってくるとその音でびっくり。大きい音というわけではないと思うのだが、とにかく音が全然か細くなく、ホールの中に響き渡ってゆくのが未体験の世界。しかも美しさは失われていない。大体ヴァイオリン協奏曲はどうしてもオーケストラと比べると非力なもんだから、今一つライブでは盛り上がらないが、今夜はそんな不満はどこにもない。ただオーケストラが絡む部分よりも独奏の部分のほうが断然素晴らしかった。
 2楽章のやるせなさはどうだろう。ぞくぞくするような興奮。
 そして3楽章はそのような姿をかなぐり捨てた情熱的な音楽が溢れていた。
演奏時間31分あっという間の出来事だった。
アンコールはバッハの無伴奏ソナタ2番の3楽章。凛とした演奏でこれも素晴らしかった。

さて、期待のマーラーの一番ばどうか?
流石に4楽章の最後の爆発は素晴らしく興奮を呼ぶものだった。しかし全体で51分で駆け抜けた演奏には得るものもあったろうが、失ったものも多かったのでなかったろうか?CDライブ含めて私の体験では最速の演奏。昨年のシャイー/ライプチッヒとは約10分も違うのだ。
 1楽章の序奏からかなり速め。あれえといった感じ。序奏から第1主題までは大体ゆっくりやるのだがゲルギエフはさらっと入ってすぐに第1主題に突入してしまう。いくらなんでも14分台というのはいささか速すぎはしないだろうか?
 2楽章も速いが曲想に合わせて若々しい息吹は感じる。
 3楽章は少し粘るかと思ったらここもさらっといってしまった。バーンスタインが旧盤で表わした不気味さはかけらもない。
 4楽章が一番良かったかもしれない。中間で結構歌わしていたから最後の爆発も効果的だった。金管の威力、ティンパニの炸裂は凄まじい。
全体の印象は等身大のマーラーというか、この作品を作曲したころのはつらつとした若々しいマーラーといったら言い過ぎだろうか?それにしてもどっしりしたドイツ/オーストリアの音楽を聴いた感じは全くなかった、大きな音は出ているのだが全体に軽いのである。これはゲルギエフの狙いなのかそれともオーケストラの持ち味なのかは分からない。それにしてもゲルギエフがこういうマーラーを演奏するとは全く思わなかった。ただ日ごろ聴きなれたマーラーとは一味違ったのは間違いない。これも一つのアプローチだろう。
 ロンドン響は金管は凄いと思ったが高弦が少々華やかでドイツ/オーストリアのオーケストラとは少々違う音に聴こえた。配列は左にコントラバス真ん中にチェロを配した伝統的なもの。

今夜は諏訪内に尽きる。
                               〆

2010年11月23日
於:東京芸術劇場(2階E列中央ブロック)
 
東京都交響楽団東京芸術劇場シリーズ・作曲家の肖像
         ベートーベン
 
指揮:エリアフ・インバル
ピアノ:辻井伸行
オールベートーベンプログラム
交響曲第一番
ピアノ協奏曲第一番
交響曲第八番
 
インバルによるベートーベンは昨年の七番は堂々たるものだったので期待した。
交響曲2曲とも実に速いテンポでちょっと驚いた。一番は25分弱、八番はなんと24分だった。おそらく今まで聴いた中で最も早い演奏ではないだろうか?CDでは一番はノリントン/シュトゥットガルトが聴いた中では最速。
 速いからといって決して変な演奏ではなく充実した音でぎっしり埋まったベートーベンという印象だった。両曲とも最終楽章が少々慌ただしく感じられた。もう少し手綱を緩めても良いのではないかなとも感じた。
 都響はこのようなテンポでも安定していて高弦は決してうるさくなく相変わらず透明感あふれる爽やかな音。金管もうるさくならず、木管は透明。このテンポでこの音だから両方の曲想にはぴったりなのかなと納得してしまった。ただどっしりしたベートーベンだったかというとちょっと違うのかなあという印象だった。颯爽と駆け抜けていったという感じで、心の中におさまったという感じはしなかった。
 協奏曲は辻井の音が実に魅力的。特に夢の様な2楽章にはぴったりではないか?クラリネットとの掛け合いはとても美しい。1楽章のカデンツァのばりばり弾くさまは痛快。そして3楽章は一度聴いたら忘れられない印象的な独楽鼠がくるくる回るような音楽だが、これを辻井がいともさらっと弾いてしまって爽快感一杯の演奏だった。
 アンコールはベートーベンの「月光」の第一楽章。ショパンなんか弾いたらどうしようと思っていたら流石。この演奏もとてもきれいな演奏で聴衆を魅了していた。
 
番外
昨夜はヤンソンス/コンセルトヘボウでマーラーの交響曲第三番を聴く予定だったが、当日1楽章を聴いていたら気分が悪くなり、残念ながら途中退席してしまった。痛恨の極みだが仕方がない。しかし第一楽章が非常に印象的だったので半端だが記録しておく。
 まず、コンセルトヘボウの音。弦も金管、その他の楽器も全く力みがないのになぜサントリーホールを揺るがすような音を出せるのだろう。しかも全くうるさくなくむしろ柔らかいのだ。おそらく私の聴いた中で、現在、世界で最も素晴らしいオーケストラではないかと思った。ティンパニも国内のオーケストラとは全く違う。先日N響でマーラーの二番を聴いたが、ティンパニ奏者が思い切り叩いているのに、全く貧弱な音でがっくりきてしまったが、コンセルトヘボウは軽く叩いているように見えても、ホールに響き渡るのだから恐れ入る。もちろんホールが違うので同列には論じられないが、この違いはなんだ?
 ヤンソンスの指揮も素晴らしい。もう少しきびきびと指揮するかと思ったら35分弱かけてかなりゆったり演奏していた。だからといってバーンスタインのように粘ることはなくむしろさらっとした印象。マーラーが書いたように、アルプスの自然を切り取ったような演奏に聴こえた。1楽章の最後の盛り上がりも強烈。
 かえすがえすも全曲聴けずに残念だった。
                                            〆

2010年11月21日
於:新国立劇場(14列中央ブロック)
 
ジョルダーノ「アンドレア・シェニエ」
 
指揮:フェレデリック・シャスラン
演出:フィリップ・アルロー
アンドレア・シェニエ:ミハイル・アガフォノフ
マッダレーナ:ノルマ・ファンティーニ
ジェラール:アルベルト・ガザーレ
ルーシェ:成田博之
密偵:高橋淳
コワニー伯爵夫人:森山京子
ベルシ:山下牧子
マデロン:竹本節子
合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
 
新国立劇場は主役級は海外、脇役を日本の実力者という配置とシングルキャストにしてから本当に水準が上がったと思う。今日のアンドレア・シェニエも超一級品とは言わないが、海外の引っ越し公演などと比べても恥ずかしくない立派な公演だったっと思う。
 主役級の3人のうちファンティーニは新国立には何度か来ていて聴いているが、おそらくロシア人と思うが、アガファノフは初めてだった。ガザーレはどこかで聴いたような気がするが新国立は初めてだそうだ。ジョルダーノのこのオペラはいつ聴いても、その情熱的な美しい旋律にあてられて、イタリアオペラを聴いたという感が強いが、そのためにもこの主役級がしっかりしてないとわややになってしまう。シェニエの最初の聴かせどころは1幕の「ある日澄み渡った青い空間に・・・」だがその中の「君を愛する・・・」と「愛は神の贈り物・・・・」をみんな固唾をのんで待っているわけだが、前者はとてもうまくクリアしたが、後者はちょっと元気なくフェイントをかけられたみたい。でもこの曲は本当にいつ聴いてもいいねえ。アガフォノフの声は硬質で良く通る声だが少し抑えるくらいのほうが柔らかくて曲想に合うのではないかと思った。ホールに響き渡る音量だが14列目だとちょっと絶叫調に聴こえる。
 2幕のシェニエ/マクダレーナの2重唱も力演だが2人の声がちょっと噛み合っていないような気がした。しかし3幕のマッダレーナの「人々は私の部屋の戸口で・・・」はとても感動的。ファンティーニの声も硬質で張り上げるとちょっときつくなるが、この幕はちょうど良いくらいだった。また3幕のシェニエの「私は兵士だった・・・」はまずまず。4幕の「5月の美しいある日のように・・・・」も良かった。そして大詰めの2人の処刑台へ向かう2重唱は大力演でちょっとこちらも聴いていて興奮。これぞイタリアオペラの醍醐味。
 ジェラール役のガザーレは2人に比べてソフトな印象で少々革命の英雄にしては元気がないが、3幕の「なぜあなたを求めたかですって・・・・」は印象的。
 また日本人もコワニー侯爵夫人、マデロン、そしてベルシ役など皆立派なもので舞台を引き締めていた。
 演出は今回は再演。全体にフランス革命色をたっぷり出していた。例えば1幕の最後は民衆による貴族への攻撃シーンだし、1幕と2幕の間には休憩はないが舞台上のスクリーンにギロチンの映像を映し音楽は小太鼓のクレシェンドで革命の不気味さと悲惨さを表わしていた。また2幕の終わりのジロンド党員の虐殺シーンも銃の乱射の音を音楽が終わっても出し続けていた。衣裳も1幕は白中心、2幕は赤も青も加わり3色旗のイメージか?舞台上は各幕とも大きなスクリーン(左右に割れる)と大きなパネルの組み合わせのセットで各シーンを描き分けていた。
 そして、今夜の勲一等はオーケストラと指揮のシャスランだろう。おそらくフランス人ではないかと思うが(新国立もとうとう無料のプログラムの発行をやめたようで経歴不詳)とにかくオーケストラを良く鳴らし気持ちが良い。ジョルダーノの音楽はヴェリズモの系譜にあるせいか激しい音楽がところどころにあるがこれが痛快というくらいばんばんオーケストラをドライブするのだ。東フィルも熱演。この演奏を聴いているとそろそろ母体は別として新国立歌劇場管弦楽団という名称をどこかに与えて常設のオーケストラにしても良いのではないかと思ってしまう。
                                            〆

↑このページのトップヘ