ぶんぶんのへそ曲がり音楽日記

オペラ、管弦楽中心のクラシック音楽の音楽会鑑賞記、少々のレビューが中心です。その他クラシック音楽のCD,DVD映像、テレビ映像などについても触れます。 長年の趣味のオーディオにも文中に触れることになります。その他映画や本についても感想記を掲載します。

2009年05月

2009年5月29日
日本フィルハーモニー管弦楽団第610回定期演奏会

プログラム
マーラー; 交響曲第10番

リヒャルト・シュトラウス;アルプス交響曲

指揮;沼尻竜典

このプログラムもなかなか興味深い。マーラーは最後の交響曲でシュトラウスは最後の交響詩だから。そこまで沼尻さんは考えたか?

マーラーの10番、ビオラから始まりしばらくしてからバイオリンが主題を奏するがここまで。その後はどうも居心地が悪い。このマーラー最後の曲は6番以上に感情が入っているのではないだろうか。両方とも私はついて行けない。CDはバーンスタインのを聴いているがいつも途中で嫌になってしまう。さすがに6番はそういうことはないがそれでも1,2楽章は苦手。3楽章に来るとほっとするのだ。なぜだかよくわからない、相性か?マーラーは1,2,3,5,8が好きだ。やはり起承転結ではないが最終楽章で埒が明かないと困るのだ。6番のようにうじうじと終わるのは何か音楽を聴いたという高揚感がわかない。マーラーのファンには怒られそうですが!

沼尻さんの指揮はこの曲に限ればあまりうまくいってないように感じた。なにかオーケストラの音がばらばらなように聴こえた。バイオリンの音がキンつくのも辛い。どうも日フィルの定期の座席が悪いのかもしれない。(20列右ブロック)フルートなどもぴりぴりするのである。来シーズンは少し席を変えてみようと思う。

さて、アルプス交響曲である。CDではティーレマンがウイーンフィルを振ったものを良く聴いている。これは本当に気持ちの良いドイツの音楽を聴いたという気にさせるCDだ。録音もよく「頂上にて」~「景観」にかけての迫力はタンノイで聴くと鳥肌が立ちそう。

しかし、今日聞いてみてやはり生にはかなわないと思った。特にオルガン。全体としての印象は日本のオーケストラでこれだけの音楽が聴ければいうことありません。いくつかの不満はありますが!

今日、良かったのは金管、失礼ですがいつもはらはらするのだが今日は安心して聴けた。ただどうしても入りとか立ち上がりが微妙にそろわないような気がしてならなかった。それがいまひとつ凝集力の欠けた音楽になった理由かもしれないが、わからない。聴かせどころの「頂上にて」~「景観」、「雷雨と嵐、下山」はとても盛り上がって迫力があり大満足なのだが音が一つの頂点に凝縮しないのである。ここで頂点が築ければいうことないんだが!それともうひとつブルックナーの4番の時にも感じたのだが低弦が弱いように思う。だから音楽の支えが弱くなり高弦に滑らかさが欠けるのも重なって勢い音楽が腰高になってしまうように思われた。こうなるとないものねだりかもしれません。

最も良かったのは「日没」~「エピローグ」でオルガンの低音に支えられてその合間からホルンやいろいろな楽器が静かにそしてさわやかに聴こえてくる、ここは本当に美しくいつまでも浸っていたいぐらいだった。

楽器の配列だが向かって左にグロッケンシュピール、その横にハープ、ウインドマシーン、サンダーシート、打楽器類がならび、中央と右奥に一セットづつティンパニーがならぶ。オルガンの前にはバンダとしてホルン12本、トランペット、トロンボーンがならぶ。後はいつもどおり。バンダは「登山」の合図に登山者たちがラッパをならす掛け合いのため。舞台とバンダの掛け合いはパノラマチックだが今一つ盛り上がらず。どうしても拡散してしまうからかもしれない,それともアイデア倒れかも?
                                〆

2009年5月28日
読売日本交響楽団定期演奏会
於:サントリーホール(14列中央ブロック)

プログラム
シベリウス
 トゥオネラの白鳥
 レンミンカイネンの帰郷
プロコフィエフ
 バイオリン協奏曲 第二番
ラフマニノフ
 交響組曲

指揮:オラリー・エルツ
バイオリン;バーナバス・ケレメン

天気が悪く客の入りも悪い。85%程度の入り。プログラムも地味だからか?でも良く見ると考えられたプログラムだとわかる。シベリウスは指揮者が優勝したコンクールがシベリウス国際コンクールだから選んだと思うし、後の二曲はいずれもロシアの作曲家の作品。しかも二人はいずれもロシア革命後アメリカに移住している。プロコフィエフは後に帰国したが。更に帰国しなかったラフマニノフの最後の作品がこの「交響組曲」なのだからなかなかひねりがある。

シベリウスだがさすがにトゥオネラの白鳥は美しい。イングリッシュホルン、チェロの独奏も聴かせた。レンミンカイネンはあまりいい曲とは思わないが最強奏でも音が混濁しないのが凄い。指揮者の腕か、曲が良いのかわからないが!音が透明なのである。読響でこういう音はあまり聴いたことがないように思った。

プロコフィエフは初めて聴く曲。良かったのは第二楽章。まるで夢のようなアンダンテ。ワルツのリズムで奏でられる主題が美しい。あたかも彼の「ロメオとジュリエット」の一部を聴いているようだ。ケレメンのバイオリンは派手さはなく落ち着いた美音。楽器はグァルネリだそうな。これがグァルネリの音か。中間部はちょっとざわざわしたようなアレグレットで最後にまた最初の主題が戻ってくる。永遠に聴いていたい音。アンコールはケレメンの母国の大作曲家バルトークの無伴奏バイオリンソナタのプレスト。超絶技巧曲らしく聴衆は大喝さい。

最後のラフマニノフの「交響組曲」も初めて聴く曲。聴きものは三楽章。怒りの日のモチーフが随所に現れる。特に後半のド迫力は筆舌尽くしがたい。しかしサントリーホールが鳴動するような音ではなく透明感があるので音楽がきれいに分離して耳に入ってくる、不思議な音響を経験した。シベリウスと同様。これが指揮者の持ち味かもしれない。他の曲も聴いてみたくなる指揮者である。バトンはもたずに手をひらひらさせて指揮をする。スダーンもバトンをもたないが彼の場合はもっとかちっとした振り方をする。エルツはなにか融通無碍といった趣がある。そこらへんが音にも表れているのだろうか。世の中まだまだ立派な音楽家がたくさんいるんだなあと改めて教えられた夜でした。
                               〆

久保陽子トリオ
2009年5月15日、ベートーベンピアノ三重奏曲全曲演奏会
於;浜離宮朝日ホール(20列中央ブロック)

この会も今日が最後である。このトリオの演奏なぜだかよくわからないがすごく満ち足りた気持ちになる、今回で三回目だが前の2回、本当に良い音楽を聴いたなあと思っていつも家路につく。

最終回の今夜のプログラム
ピアノ三重奏曲のアレグレット 作品39
第九番 作品38
第三番 作品1-3
第七番 作品97「大公」

演奏
ヴァイオリン;久保陽子
チェロ;堀 了介
ピアノ;弘中 孝

最初のピアノ三重奏曲のアレグレットは「大公」より後の1812年に書かれた曲。最初に主題が鳴っただけでなんていい音楽なんだろうと思う。これは初めて聴く曲。しかし1812年といえばすでに「英雄」や「運命」が発表されておりその中でこのような可愛い曲をベートーベンが書けるなんて信じられない。それほどチャーミングである。わずか5-6分の一楽章だけの音楽なのに!

正直九番はつかみどころのない曲だった。作曲年は正確にはわかっていないがウイーンに出るまでに書かれた曲だといわれている。

三番は実に印象的な曲だ。今一番良く聴く曲の一つである。これはベートーベン作品の第一の三曲のピアノトリオのひとつである。ハイドンはこの三曲を聴いて三番だけは出版しないようにと勧めたそうだ。それだけ革新的だったのだと思う。しかしベートーベンは意に介さず発表したそうだ。ベートーベンらしい。大衆は正直である、やがて第三番はこの三曲の中で最も人気の高い曲になりハイドンも脱帽したそうだ。

この曲はあの「運命」と同じハ短調である。ベートーベンの作曲の根本にある苦悩から歓喜という音楽のパターンは「英雄」で初めて登場したといわれているがこのピアノ三重奏曲の三番はそれよりはるか以前の1792年に作曲されておりそれを先取りしたようである。一楽章ののっけから厳しい音楽が続く。
大体このジャンルは家庭音楽的なもので短調がとられることが少なかったそうだ。それをベートーベンはあえてハ短調を選んだ。22歳でこの革新性を示したのである。圧巻は第四楽章である。ほとんど”つま先立ちで走る”表現がぴったりなような切羽詰まった音楽が続く。実に感動的である。久保トリオはそのような切迫感よりももう少しゆったりした音楽を作る。苦悩から歓喜へといったようなたぐいの標題性を排除した本来の室内楽の楽しさを志向しているように感じた。

最後の「大公」であるが実はこの曲、学生時代から何回聴いても好きになれない。なぜかよくわからないが、今日聞いていて思ったのはこの形式にしては音楽がちょっと大げさではないかと感じた。立派すぎる、過ぎたるは及ばざるがごとしといってはベートーベンは怒るかもしれない。気宇壮大なのだがこんなに気張ることないじゃないといってあげたくなる。特に一楽章がそうだ。今回聴いて感動したのは第三楽章である。プログラムにも書いてあったが後期の弦楽四重奏曲につながるように感じられた。演奏もここが最も心に響いた。そのほかの楽章は三番と同じで気宇壮大というよりもう少し室内楽らしくやさしく演奏していたように感じた。これはこれで良いのではないかと思った。

                              〆

ニューズウイークのゴールデンウイーク特集でアメリカン・フィルム・インスティテュートが偉大なアメリカ映画ベスト100を発表していた。アメリカ映画人1500人が10年ぶりに選んだのだそうだ。

無断ではあるがベスト20を列記してみると;
1.市民ケーン
2.ゴッドファーザー
3.カサブランカ
4.レイジング・ブル
5.雨に唄えば
6.風と共に去りぬ
7.アラビアのロレンス
8.シンドラーのリスト
9.めまい
10.オズの魔法使い
11.街の灯
12.捜索者
13.スター・ウォーズ
14.サイコ
15.2001年宇宙の旅
16.サンセット大通り
17.卒業
18.キートンの大列車強盗
19.波止場
20.素晴らしきかな人生
次点チャイナタウン

アメリカ映画だとうこうなるのかと考えてしまった。これに触発されて私のベスト20をあげてみた。ただしアメリカ映画だけではなく総合版である。
それぞれにワンポイントコメントをつけてみた。

        ぶんぶんのベストムーヴィー20
1.天井桟敷の人々;永遠の青春映画、フランスの芸術の集大成
2.ローマの休日;ヘップバーンの魅力、アメリカ人には人気ないのかな
3.駅馬車;最後の駅馬車を追撃するシーンだけでも見る価値あり
4.アラビアのロレンス;一人の英雄と近代史を絡めた名作
5.ベンハー;キリストものではベスト、戦車競走が忘れられない
6.真昼の決闘;子供のころゲーリー・クーパーが好きだった
7.ディアハンター;ベトナムものではベスト、デニーロは鼻につくが
8.アマデウス;華麗な映像と音楽、モーツァルト好きにはたまらん
9.ゴッドファーザー+供特に兇素晴らしい、デニーロがいい
10.七人の侍;日本映画の傑作、娯楽とメッセージ性の合一
11.ロシアより愛をこめて;列車内の格闘は新しい歴史を作った
12.羊たちの沈黙(ハンニバルシリーズ);この手のものではベスト
13.地獄の黙示録;コンラッド「闇の奥」を読むとコッポラ意図がわかる
14.プラトーン;またベトナムものだがこの戦争の真実は怖い
15.シェーン;アランラッドはこれだけだがこれほどはまったのは珍しい
16.ウエストサイド物語;音楽と映像、舞台とはまた一味違う
17.黄色いリボン(アパッチ砦、リオグランデ砦);西部劇の真髄
18.スパルタカス;キューブリックらしいがちょっと理屈がうっとうしい
19.ブレードランナー;ルトガー・ハウアーの怪演、SFの名作
20.ダーティー・ハリー;イーストウッドの俳優としての頂点
次点;ジャッカルの日;フォーサイスもののベスト

選定の基準だがまず自分でDVDを持っていること、次に良く見ること、最後が娯楽性(エンターテインメント)とメッセージ性の合一、このバランスは難しいが娯楽性だけではすぐ飽きるし、メッセージ性だけでは難しくて眠くなる。半々の映画はまずないがこのバランスをみながら映画を見ている。自分にとっては1.の天井桟敷の人々がそのバランスが完璧だと思う。

さて20位以外の作品はちょっと順位がつけられない(20位も本当は辛いが)ので順不同で列記してみた。選定基準は我が家のDVDコレクションのなかで良く見る映画。

ワイルドバンチ;サムペキンパーの傑作西部劇、映像が凄い
リオ・ブラボー;娯楽性が強いが滅法面白い西部劇
赤い河;二人の主人公の愛憎と肉牛の道の開拓史がうまくミックス
荒野の決闘;ワイアットアープものではもっとも西部の雰囲気が濃い
OK牧場の決闘;もっとも史実に近いといわれている、スタージェスの傑作
荒野の七人;マックイーンがかっこいい
許されざる者;異色の西部劇、もうこういう西部劇しか見られないのか
戦場にかける橋;男のドラマだが日本人の描写がいまいち
キリングフィールド;ベトナムものだが違う切り口ではらはらどきどき
遠い橋;戦争にも官僚主義が跋扈するのか!
鷲は舞い降りた;イギリス人が作った?のはおかしいが原作が生きている
ナバロンの要塞;今から見るとセットはチャチイがその当時は興奮もの
ブラックホークダウン;全編戦闘シーンがすさまじい
北京の55日;中国人にはひどい映画だが娯楽に徹してみる映画
エル・シド;イスラムとスペイン史がよくわかる
十戒;この当時の映画技術の粋、旧約聖書ものでは随一
アラモ;歴史映画としてみればそれなりに面白い
フレンチ・コネクション;警察ものでは最もシリアス、兇呂發辰肇轡螢▲
ゼブン;七つの大罪に結び付けた警察もの、最後が怖い
ペリカン文書;グリシャムの原作では最も良い
ボーンコレクター;猟奇ものでは上位
LAコンフィデンシャル;これも原作を生かした警察ものの傑作
スターウォーズ;シリーズでまとめて見ると一つの歴史を作った映画
グラディエーター;最近の歴史映画では面白いほう
サイコ;ヒッチコックの怖さを初めて知った映画
北北西に進路をとれ、ダイアルMを回せ;いずれも良き時代の名作
オーメン+供┘カルトものの名作
シリアナ;謀略物の中でそのリアリティーには脱帽
大統領の陰謀;「ニクソンとフロスト」とセットで見ると面白い
オデッサ・ファイル;最後の驚愕の事実は何度見ても面白い
イヤーオブザドラゴン;エンゼルハートとともにミッキーロークの傑作
エイリアン+供┌咤討發里任郎任睫滅鬚
ニューシネマパラダイス;映画好きには必見
ワイルドギース;リチャードハリスが最後死ぬところは何度見ても辛い
戦争の犬たち;これも傭兵ものだが襲撃までの準備のリアリティがすごい
チャイナシンドローム;ジェーンフォンダとジャックレモンがよかった
蜘蛛の巣城;マクベスの翻案ものではこれに勝るものはない
砂の器;松本清張の原作ではこれに勝るものはない
飢餓海峡;水上勉の原作を見事に映画化
復讐するは我にあり;緒方拳の怪演
                              以上

2009年5月10日
ショスタコーヴィッチ「ムチェンスク郡のマクベス夫人」
於;新国立劇場(18列中央ブロック)

演奏者
ボリス;ワレリー・アレクセーエフ
ジノーヴィー;内山信吾
カテリーナ・イズマイロヴァ;ステファニー・フリーデ
セルゲイ;ヴィクトール・ルトシュク
アクシーニャ;出来田三智子
ソニェートカ;森山京子
警察署長;初鹿野 剛
司祭;妻屋秀和
ぼろ服の男;高橋 淳

指揮;ミハイル・シンケヴィッチ若杉 弘が体調不良のため代役)
管弦楽;東京交響楽団

演出;リチャード・ジョーンズ


新国立のシーズンもあと三曲となった。今日の出し物はおそらく今シーズン最大の聴きものではないかと思う。自分も楽しみにしていた公演である。

この「ムチェンスク郡のマクベス夫人」を最初に聴いたのは高校生のころでいまから40年以上も前のことである。NHKのFM放送で聴いたのである。ストーリーが何とも恐ろしいもので家族殺し、レイプ、不倫、自殺何でもあり。音楽は全く覚えていなが衝撃的だったことは記憶に残っている。そのころはワーグナーとブルックナーに夢中でこのマクベス夫人はそのままになってしまった。

まさか新国立でこの曲が聴けるとは思ってもいなかったのでシーズンの案内を見たときにとても驚いた、と同時にうれしかった。

自分の手元に二つのDVDがある。一つは「ムチェンスク郡のマクベス夫人」がスターリンによって1936年に演奏禁止になったあと1960年代にショスタコーヴィッチが改訂しタイトルも「カテリーナ・イズマイロヴァ」に変えて演奏された映画である(1965年制作)。この制作にはショスタコーヴィッチ自身も関与したそうである。オリジナルはショスタコーヴィッチ26歳の時の作曲で初演は1934年であった。当初は大成功であったがスターリンがこれを見て1936年に政治的か倫理的の理由で演奏禁止にしていたのである。もちろん今では両方聞ける。FMで聴いたのはこの改訂版だと思う。改訂版は時間が大分短くなって全体が凝縮されていてまた若干上品というかスマートになっている。なおこのDVDでエカテリナを歌っているのはロストローヴィッチ夫人のガリーナ・ヴィシネフスカヤである。

もう一枚のDVDは2006年アムステルダム音楽劇場における公演である。これはオリジナル版である。オリジナル版は演奏時間は三時間近い。音楽もかなり激しい。この演出はマルティン・クシェイというドイツ人が演出をしているが実に刺激的な演出で驚いてしまう。かなり読み替えもあるようだが筋もとおっているせいかあまり違和感はない。感動をするというよりもショックを受けること間違いない驚くべき公演である。この中でカテリーナを歌っているエヴァ・マリア・ウエストブルックが凄い。第一幕の孤独・倦怠の場面からセルゲイとの不倫の場面、ボリス(父親)を殺す場面、ジノーヴィ(亭主)を殺す場面そして圧巻は不倫相手のセルゲイから捨てられた時の絶望の歌と表情、カテリーナが乗り移ったのではないか思うばかりの一世一代の名歌唱・名演技であった。なおこの公演の指揮はマリス・ヤンソンスでオーケストラはロイヤルコンセルトヘボウである。

さて、今日の新国立の演奏はどうか?一言で言うと大満足だったが疲れました。やはり少々長いかな。特に一幕・二幕通して演奏されたためここはちょっと冗長に聞こえた。カテリーナ役のステファニー・フリーデは非常に豊かで余裕のある声で良かった。一幕の孤独感、倦怠感を歌う場面などは少々物足りないと思ったが四幕のセルゲイに捨てられた後の歌は特に素晴らしく思わずほろりとしてしまった。歌手陣は全体にバランスがよかったのではないか。

オーケストラは自分の好きな東響である。金管の出番が多く、ド迫力。金管だけ10人ほどが観客席(舞台に向かって右側のバルコニー席)に陣取ったり、舞台上で演奏したりしてなかなか聴かせる。四幕のフィナーレ、エカテリーナの絶望のシーンの音楽(オーケストラも)はすごかった。結局後半の二幕(三幕、四幕)が自分にフィットしたようだ。三幕も個性的な幕、ジノーヴィの死体を見つける酔っぱらいの歌、もうすこし荒っぽくてもよかったが、も良かったし警察署長と警察官の風刺たっぷりの歌も良かった。そしてオーケストラによる間奏曲がまた良い。指揮はもともと若杉 弘の予定であったが残念ながら体調不良で今回は代役であった。しかしなかなか小気味よくオーケストラの音を引き出していた。

演出だが今日の公演は2004年のロイヤルオペラの公演の演出を使っている。全体に表現がおとなしい。これはアムステルダム版のDVDを見ているから言えることかもしれない。一幕の召使アクシーニャがレイプされるシーンはねずみを小道具に使ってレイプの衝撃を弱くしているようだし、セルゲイがカテリーナを犯すシーンもなんだか舞台の隅っこでこそこそやっているようでつまらない。また一幕と二幕は舞台が大きな壁で仕切られ左右のセットがころころ何回も入れ変わるのであまり落ち着かない。事実、場面が変わるのだから致し方ないのだが、まあ仕切りをしてカテリーナの閉塞感を表そうとしているのだろう。その点三幕、四幕は良く整理されていてわかりやすかった。ただ最後のカテリーナがセルゲイの恋人つまり恋敵ソニェートカを道ずれに川に飛び込んで自殺するシーンは舞台前面を川という設定のようであるが舞台を見ているだけでは何だか良くわからない。

このシーンはアムステルダムは実に衝撃的だ。ト書きを無視してカテリーナはソニェートカを絞殺し自分は首をつって死ぬのである。これはその直前のエカテリーナの悲しみが計り知れないほど大きい(ウエストブルックの演技がすさまじい)ので実に効果的かつ衝撃的な幕切れである。

全体の満足度;この珍しい(失礼)曲を意欲的に取り上げていただき今回このような高い水準で聴けたことを素直に喜びたい。
                                〆

↑このページのトップヘ